Damian's Life


日々の出来事を…
by otawamure
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

リーグマッチ初挑戦と感想

先日、イカフレのみなさんと、
初のリーグマッチに挑戦してきました。

結果は11勝15敗。

負け越してはいますが、
初戦にしてはそこまで悲観するような成績では
ないんじゃないかと思いますね!

もう発売から結構経ってますし、
初ということでまだまだ動きもチグハグの中での成績なので
回数を重ねて連携が上手くなってくれば
全然結果が違ってくるんじゃないかと思います。


というか成績のことはひとまずおいといて、
とてつもなく面白いですねコレ!!

違うトビラを開いたような、
別次元の面白さがあります。

FPSやTPSの本来の遊び方を垣間見たような、
そんな楽しい一時でした。

ボイチャTPS恐るべしですねw


前作の時のようにウデマエも下がることもなく、
本当に気楽に、気軽に遊べるというのも素晴らしい。
負けてもフレさんに迷惑かけないというのが本当に大きい。

自分のはいいとしても、
フレさんのウデマエを下げてしまうというのは
いくら「気にしないで」と言ってもらったとしても
「んじゃ遠慮なく」とはならないですよね正直…。

その点、リーグパワーなんて
4人で集まらなきゃ意味のないものだし、
個人の成績ではないですからね。
上がろうが下がろうが全く気になりません。

気にせずどんどん遊べるのは素晴らしい!

リーグパワー依存でマッチングするので
相手のチームもS+ばかりということもなく、
似たようなランク同士の対戦が多いので、
勝ち負けはともかく結構接戦出来たりして、
楽しい試合が多いです。

ゲームそのものの内容に関しては
前作のほうが良かった部分が多い気がしてましたが、
リーグマッチに関しては完勝ですねこれは。
称賛に値します。

少しマンネリ気味だったスプラ2ですが、
俄然やる気が出て来ました。
これは精進しなければなりませんね!


今回遊んだルールは
「ガチホコ」と「ガチエリア」だったんだけど、
「ガチエリア」に関しては、
そこそこ互角に渡り合えてたかな、と思いました。

一方、「ガチホコ」に関してはまだまだですね。
ガチホコは連携が取れていないと厳しく、
慣れているチームには手も足も出ないことがありました。

ガチホコは他のルールと比べて状況が刻一刻と変わるので、
事前の打ち合わせなんてほとんど意味を成しません。

その時その時で流動的に動けないとダメかなと思うし、
その為のボイチャですからね。

上手く活用していければいいかなと思います!


個人的な仮題としては、
ルールやマップによっていろんな武器を
使いこなせればいいかな〜と思いました。

スプラシューターのような
ルールやマップ問わず強い武器を持てれば楽なんだろうけど、
正面からの撃ち合いがとことん苦手なので
ガチでは使えません。

まだ始まったばかりですし、
これから色々試してみようと思います。



家が狭くてあまり大きな声でしゃべると
家族に迷惑かけちゃうので
会話は少し抑えめにしますが、
参加自体はほぼいつでもいけますので
どんどん誘ってくださってオッケーです!

私からも声をかけますし、
どんどん集まって場数増やして
一流のチームになれるように頑張りましょう♪


それにしても、この面白さは異常ですね。

「スプラトゥーン第2部の開幕」
といったところでしょうかね!!

[PR]
by otawamure | 2017-10-24 12:44 | Comments(0)

祝♪S+到達

ジャジさんとマルさんに続き、
遅ればせながらS+に到達しました。

OKラインを超えたあたりでヒビも入ってたし、
行けるとは思ってなかったんだけど、
なんとか連勝出来て、
最後の最後は運よく介護してもらい(笑)
気持ち良く〜とはいきませんでしたが
なんとか到達しました。

前作から数えて3年近く。
念願〜を通り越して完全に諦めモードでしたが
継続は力なり、ということにしておきましょう。

落ちたら二度と上がれそうにないので
ガチエリアはしばらく封印させていただこうかな…


目立った活躍してないのであまり大きなことは言えないんだけど、
勝因を上げると、
「いろんな武器を使ったから」
というのが大きかったかもしれません。

これを説明する前に、
「介護ポイント(私が勝手に命名)」を
説明しなきゃならないんだけど、
介護ポイントというのは
「直近32試合の勝ち数−負け数」です。
ケータイアプリ「ika widget」で確認できます。

例えば、
16勝16敗なら0、
20勝12敗なら+8、
10勝22敗なら-12、
という具合ですね。

この数値を元にして
合計が「プラマイゼロ」になるように
バランスをとってマッチングするわけですが、
(誤差はあるけどね)
この「プラマイゼロになるように」というのが癌。

全員がプラスや、
全員がマイナスではなく、
あくまで「プラマイゼロ」です。

要するに

連勝すると、連敗した人と組まされる。
連勝しまくると、連敗しまくった人と組まされる。

連勝すると介護する側に回り、
連敗すると介護される側に回る。

ということです。

ガチマッチの仕様上、連勝は絶対条件なんだけど、
連勝すると介護ポイントが貯まるので、
後々に連敗者を介護しながらの戦いになる。

連敗してる人からすると助かるんだけど、
昇段しようと思うと連勝しなきゃならないので、
この仕様は正直つらいですよね?

でも実は抜け道があります。

それは「武器を変える」ことです。

介護ポイントって武器ごとなんですよね。
いくら連勝しても他の武器にすれば0ポイントです。

なので、「連勝してきたな〜と思ったら武器を変える」
というのがかなり効果的です。

3つくらい武器を使い回せれば
介護ポイントを分散できて
マッチングがかなり楽になると思います。

ただし、
「介護者しなきゃいけない人がいない」というだけで
「自分のチームが有利になる」ということではないので
そこだけ間違いないように。
武器を変えても負ける時はあっさり負けますw


なんだか裏技みたいだけど、
便利な技は使わないのはもったいないということで!


それにしてもこの介護ポイント制度。
なぜ「プラマイゼロ方式」なんですかね?

「敵味方全員がプラス」、
「敵味方全員がマイナス」
とかでやったほうが絶対いいと思うんだけど…

連勝してる人は連勝してる人と組んで、
より高みを目指せばいいし、
連敗してる人は連敗してる人と組んで、
連敗してる同士対戦すればいいと思う。

「弱い人は弱い人同士やってろ!」
みたいな、そんな辛辣な話じゃないですよ?

だって、味方に左右されちゃうなら
適正なウデマエになりづらいでしょう?

敵も味方も同じようなレベルの人と遊ぶからこそ
実力が拮抗していい勝負になると思いますし、
連敗している人も、
いつかは自分の適正なレベルに行き着きます。
そうなれば自分が活躍出来る試合も増えるでしょう。

結果的に「味方が強かったから勝てた」という試合は
嬉しいかもしれませんが、
試合前から
「自分は活躍出来ないから上手い人と組んで勝ちたい」
と思うプレイヤーなんて、あんまりいないと思うんですよね。
やはり「自分が活躍して勝ちたい」。

私は負けが続いてても介護なんてされたくないし、
してもらうのも迷惑かけてるみたいで嫌です。

自分の適正なランクで
同じようなレベルの人と遊ぶのが一番ストレスがない。

こんな仕様だから
味方依存のゲームだと言われてしまう。


私の考えが及ばないところで
なにかもっとちゃんとした意味があるのかもしれませんが、
単純に「レベルをならしたい(平均化したい)」というなら
それは違うかなぁ〜という気がします。

真意はどうなんでしょうね?



ま、ここで言っても仕方がないので、
受け入れるしかありませんが、
それならそれで、「逆手に取る!」じゃないけど、
介護ポイント分散戦法、ご利用くださいw



とりあえずガチエリアがS+ということで、
残るは「ガチヤグラ」と「ガチホコ」。

…なんですが、どっちもノヴァしか使えないので
介護ポイント分散戦法が使えない…

詰んだ…かな…これは…

[PR]
by otawamure | 2017-10-21 12:15 | スプラトゥーン | Comments(0)

リーグマッチに想いを馳せる

先日のフェス、
ご一緒していただいたスタさん、ジャジさん、マルさん、
お疲れ様&ありがとうございました。

負け試合が多かったものの
楽しかったのでよかったです♪

やはり身内でチームを組めるというのは非常に良いもので、
負けようが活躍出来なかろうが全くストレスを感じません。

ストレスが多いスプラトゥーンにおいて、
これはほんとうに素晴らしいことです。
チームプレイ万歳!!


今度、未だ未体験である
「リーグマッチ」をやってみようという話もあり、
ひそかにwktkしております。

前作のチームマッチは
ウデマエがガチマッチと共通で
負けるとウデマエが下がってしまったので、
フレさんの足をひっぱるのが申し訳なくて、
しかも、ボイチャなんかで連携を取ってるチームも多く、
さらに、最高レベルのS+が4人のチームばっかりだったので、
技術面でも連携面でもほとんど勝てる見込みがありませんでした。

ですが、今作はガチマッチとは完全に切り離されてて
ウデマエは下がらないようですし、
フェスパワーみたいな数値でマッチングするようなので
強い相手とばかり当たる、ということもなさそうです。

これは素晴らしい変更点ですね!

そして、いよいよ私たちも
「ボイチャを導入しようか」という話も出ているので
もし実現すれば連携面は全く別物になるはずです。

…たぶんねw

勝ち負けは別としても、
4人で意思の疎通を図りながら
一緒になって同じ目標に向かって遊ぶというのは
絶対に面白いですよね!

他のFPSとかTPSでは、
ボイチャで連携を取りながら〜というのは
もはや当然、というかほぼ必須のような状態だと思うし、
他とは少し違うとはいえ、
スプラトゥーンも一応ジャンルはTPS。

スプラトゥーン第2幕の始まりの予感です。


一つ不安なのは、
リーグマッチのルールはガチマッチと同じなので
ナワバリ専門の私は経験が圧倒的に少なく、
足を引っ張ってしまうことも多いかな、と。

もしそうなったら
「オラァ!ダミしっかりしろやぁ!」
と遠慮なく罵ってください。

たぶん反省しませんが…w


これが本格的に始動すれば
数ヶ月単位で楽しめそうなくらい面白そうですよね。
あまりに負け続けて意気消沈しない限り…

ギア集めもほとんど終わって少しマンネリ気味だったけど
みんなで集まってリーグマッチに参加する機会が増えれば
また息を吹き返しそうです。


ただ、非常に申し訳ないのですが、
ボイチャは下の息子がすっかり寝入ってからじゃないと
出来ないということだけご了承ください。

ゲーム自体は出来るので
参加するだけなら全然オッケーです。
その時は私がボイチャが使用可能になるまで
先にそちらで通信してもらって、
指示があればLINEで言ってくれれば有難いです。

なんかちょっと盛り上がって書いちゃったけど
気持ちが昂ぶってるのが私だけじゃなきゃいいな、と
思う今日この頃ですw




ところで、
リーグマッチのルールがガチマッチと同じということなんですが、
このガチマッチのルールに一言もの申したいと思います。


唐突ですが、みなさんは
スプラトゥーンのキャッチコピーって知ってますか?

スプラトゥーン1は「世界を塗り替えなイカ?」
スプラトゥーン2は「ガチで塗りあう時が来た」です。

これってエリアはわかるけど
ホコとヤグラはあんまり関係ないじゃん!!

世界を塗り替えたくて買った人とか、
ガチで塗りあいたくて買った人は、
ガチマッチのルールには「なんで?」と思うはずです。

キャッチコピーと違うところで
腕前を判定されるのはおかしい!
「塗り替えること」「塗りあうこと」が
上手いかどうかを判定してほしい!

と私は思うのです。

とくに、意図してないのかもしれませんが、
2のキャッチコピーなんて
「ガチ(ガチマッチ)で」+「塗りあう」と
言ってますからね。

ホコとヤグラは塗りあってないじゃないか!!
少なくてもメインの目的ではないのでアウトです。

アウトですよスプラトゥーン!!
とツッコミたい。


キャッチコピーのことから考えても、
ナワバリバトルのルールこそ、
スプラトゥーンの基本的な遊び方だと思うし、
ガチマッチのルール(特にホコとヤグラ)は
将棋でいう「はさみ将棋」、碁でいう「五目ならべ」
ポジションだかんね!

と私は思うのです。

これはこれでウデマエを判定するのは別にいいですが、
「塗るのが上手いかどうかを判定できる」のが前提条件です。


ちなみに定期的に開催される
全国の猛者が集う大会「スプラトゥーン甲子園」や、
毎月開催される「フェス」はナワバリバトルのルール。

公式の全国大会やイベントはナワバリルールなのに、
上手いかどうかを判定するのは全くの別ルール。

もう訳がわからない…

例えばスプラトゥーンのことを
サラッと知ってるけど全くやったことはない人に
「私、スプラトゥーン上手いよ。」
っていうと、

「あぁ、塗りまくって陣地広げるのが上手いのね」
と認識されると思んですよね。

まさか敵を殺しまくって
なぞのシャチホコや、なぞの神輿を運ぶのが上手いかどうか、
なんて夢にも思わないはず。


でも不思議なことに、
ルールに関する不満ってほとんど出ないんですよね。

なぜ誰も声をあげない?
みんなの適応力がハンパないのか?
私が適応力がなさすぎるのか?

うぅ…理不尽や…世の中理不尽やで…


この矛盾は受け入れがたしスプラトゥーン!

早くこの事実に気付いて、
キャッチコピーどおり
「ガチで塗り合う」ような日が
たくさんくればいいと思います。


お願いしますよ運営さん!!


なんか久々にどーでもいいこと書いちゃった気がするw

[PR]
by otawamure | 2017-10-17 15:24 | スプラトゥーン | Comments(0)

弓の話

前に報告したとおり、
弓道教室に通い始めました。

学生時代以来の習い事ということで
緊張するかなぁ〜と思ったんだけど、
メンタルはすっかりおっさん仕様でして
全然緊張しませんでした。

というか新入生10人のなか、
半数以上が中学生以下なので
いい年したおっさんが
ガチガチ震えてる訳にもいきません。

息子が一緒なので
ここは親の威厳も保たねばなりませんし。


1回目ということで
当然ながらいきなり矢を撃たせて貰える訳もなく、
他の武道と同じく礼儀作法から学んでいきます。

道場は左足から入るんだよ〜とか、
お辞儀の仕方とか、挨拶とか、
道具の扱い方とか、
作法的なことを重点的に指導していただきました。

私は柔道をかじってたので
武道の心得的なことはなんとなく判ってるので
このへんはすんなり覚えられました。


そして後半には「型」を学びました。
射法八節(しゃほうはっせつ)というやつです。

弓を撃つまでの8つの動作を覚えます。

・足踏み(立つ位置を決める)→
・胴造り(姿勢を整える)→
・弓構え(弦に指をかける)→
・打起こし(弓を持ち上げる)→
・引分け(弓を引く)→
・会(狙いを定める)→
・離れ(矢を射る)→
・残心(ざんしん)(矢を射た後の姿勢)の八つ

うん、武道っぽいよね!
なんか名前もかっちょいいよね!

ちなみに2つ目の「胴造り」というのは
膝の後ろに力を入れ、背筋を伸ばし、
腹(丹田)に力を入れて「弓を撃つ土台を作る」という
動作なんだけど、
これで膝がぶっ壊れました。

力入れただけでぶっ壊れるって
どんだけ弱ってんだか。自分の体が怖いです。

だって膝の後ろになんて力入れることないもん…


とりあえずこの射法八節を
「ゴム弓」という道具を使って練習したんだけど、
このゴム弓というのは棒にただゴムがついてるだけの代物なんだけど、
実際に弓を引くのと同じ感覚らしく
使ってみるとすごく力がいりました。

というか無理です。
左手もプルプル、右手もプルプル。

極度の挙動不審の人が初対面の人と会った時の眼球くらい
ブルッブル動きまくります。

引けるには引けるけど、制御不能状態。
照準を定める、とかそんなレベルじゃないです。

普段、コントローラーより重い物を持ちませんからね私。
wiiスポーツのアーチェリーようにはいきません。

それにしてもこれほどまでに腕力がいるとは想定外です。

とどのつまりはメンタルスポーツなんでしょうけど、
照準を定められないとなるとそれ以前です。

鍛えねばなりませんねこれは。
少なくとも挙動不審者の眼球レベルは脱しないと
ヤケクソでしか射れません。


幸いオンラインゲームは
マッチングの間とかに少し時間がありますので
この間を使ってダンベルとか持てばいいよね。
空き時間の有効活用です。
ナイスアイディアです。

え?ゲームの合間にとか、ぬるいって?

いやいや、
だって私、ゲームやらないと死にますやん?
マグロが泳いでないと死ぬのと同じで。

筋トレはやらなくても死なないし。


ま、なんにしても、やらないよりはいいだろうってことで
さっそく始めようと思います。
ていうか言い訳じゃないんですけど、
5時間もゲームやってれば
たかが空き時間といえども5分やそこらじゃ済まないですよ?

ムキムキ確定ですねこれ。
豪腕ダミアンにご期待ください。


早く一人前の弓道者になって
袴を着てマトを撃ちたいです。

ちなみに袴は別に初心者のうちからでも着れるらしいんだけど、
さすがに袴着ててプルプルしてるのはずかしいですしね。
プルプル直ってからにします。


とりあえずゴルフの素振りよろしく、
「型」を空き時間に復習するのと、
筋トレがんばります。

目指せ美しい型。
目指せ豪腕。


あ、あとゲームも頑張ります。

[PR]
by otawamure | 2017-10-12 15:42 | 生活のコト | Comments(2)


最新のコメント
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のトラックバック
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧