Damian's Life


日々の出来事を…
by otawamure
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

パラ入りの強ボスについて 【僧侶の立ち回り〜基本編】

ポケモン発売したのにDQのことばっかり書いてるなぁ・・・

うひw


さて、チームの壁パラことファルさんが最近強ボスにハマってくれて
チームで強ボスに行く事がすごく多くなってきました。

強ボス(オーブ)は金策としてもとてもおいしいので
私的にはとても幸せです♪

これまでは、別フレや野良に参加して回ってた強ボスですが
チームでいけるのはやっぱり気が楽です。
そもそも強ボスなんて事故は付き物です。
ミスっても当然なので気楽でオッケーです^^

基本は楽しく気楽に、でオッケーなんですが、
うちのチームの僧侶さんは、
ものすごく責任感が強くて、負けるとヘコんでしまいます。

ほんと全く気にしなくてもいいのにね〜w

前衛が悪いことだってたくさんあるので
一人で責任抱え込む必要はゼロです。これ前提です。

今のままでも勝ててる訳ですし基本オッケーなんですが、
何戦か一緒に回ってみて、こうしたらもっと安定するかな、
という部分をアドバイスしてみようと思いますね^^


■1つめ。
というか、ここ注意すれば全滅率は格段に下がるかな、という部分。

「スクルト等の補助呪文中orパラさん以外の人を回復中、
 パラさんが攻撃くらって崩れる」

これです。

【パラ入りの強ボスの時はパラさえ生きてれば全滅はほぼ無い】
これが大前提です。
パラ以外が攻撃くらったら後ろに下がればいいだけで
敵はパラにつっかえて攻撃できないのです。
※前衛が気をつけるのはここだけですねw
 ダメージ食らうor自分に怒り=下がるでオッケー。

なので、パラさんをダメージ毎に回復させてるだけで
事故は限りなくゼロです。
くらうと崩れそうな攻撃はパラさんがCSで止めます。

パラ以外のダメージ回復なんて後回しでオッケーですし、
(一応余裕があればパラ以外も回復させてねw)
暇みてベホマラーすれば、パラと同時に他の人も回復できます。

ということでスクルトや聖女も優先順位は低く、
とにかくパラが死なないようにホイミorベホイミをするだけで
ものすごく安定します。




■その2
回復はホイミ?ベホイミ?

うちの僧侶さんを見てますと、
回復魔法はベホイミが主体のようですが、
実は基本的にはホイミです。

ホイミの回復する量は限界(キャップといいます)が決まっていて、
【回復魔力420程度でキャップに到達して、200前後回復します】
(もちろん祈り状態で、ですよ)

ぶっちゃけ僧侶は回復魔力420あればいいということです。
回復魔力が420あっても500あっても、回復量は200前後です。

で、ここで例を挙げましょう。

・ベホイミの場合
HP400の人がダメージ250くらったとします。
残り150ですよね?
じゃあ、ここでベホイミをします。
全快になりますよね?HP400です。
んで次の攻撃でまた250くらいます。
残り150です。
死なないですよね。オッケーです。

・じゃあホイミは?
HP400の人がダメージ250くらいます。
残り150です。
ホイミで200回復します。
HP350ですよね。
次の攻撃250くらいます。
残り100です。
そうですね、死なないんです。

じゃあベホイミって使うの?
使います。

ベホイミを使うのは、
先ほどの例でいえば、
HP400の人がダメージ350くらいました。
残り50です。
ホイミします。
200回復して250。
次の攻撃耐えれませんよね?
こんなときはベホイミです。

あと先ほどの例にあるように
250くらって200回復すると50ずつは目減りしてきます。
そゆときにもホイミとベホイミを織り交ぜます。

ということで、ホイミの回復量じゃ次の攻撃耐えれないようならベホイミ、
そうでないならホイミで十分、と覚えておきましょう。
詠唱速度が段違いですし、MPも節約できます。

ちなみに通常攻撃のダメージが
毎回ベホイミじゃないと回復が追いつかないような敵は
・ガイア
・バラモス
・エスターク(エスタークは基本ベホマラー)
・強プスゴン
・強天魔(ばくれつけん)
・強暴君(これは微妙なライン)
ぐらいじゃないかと思います。

参考までにどうぞ。


■その3
必殺技【聖者の詩】

僧侶の必殺技【聖者の詩】。
このおかげで窮地を脱した経験はみんなあるでしょう。

そうです、この技はものすごく使えます。
3人死んだ時の起死回生なんてこともできます。

この技は「全員のHPを中回復し、かつ死亡含む全てのマイナス効果を消す」
というものですが、
じゃあ、この技の使い所はどこでしょう?

正解は「窮地に陥ったとき」であって、
それ以外の時は使う必要がほぼありません。

よく必殺貯まったらすぐ発動してしまったり
回復のためだけに使用したりするのを見受けられますが、
回復のためだけに使うならベホマラーでいいんです。
詠唱時間も回復量もベホマラーのほうが上です。
(しかも聖者の詩の回復量は祈りの効果は乗りません)

聖者は詠唱が遅すぎて、詠唱中に敵が2回ほど行動してきます。
ベホマラーのMP16をケチったばかりに
逆に窮地に陥るようなことにもなりかねないのです。
強敵の2回の行動。
たとえばバズズで輝く息2回きたら?全滅します。
そのぐらい危険な行動だと覚えておいてください。

死亡を含む全マイナス効果を全員分治す、
なんて超便利な魔法は他に存在しません。替えがききません。
必殺技は、時間が経つと消えてしまうんですが、
消えたら消えたでいいのです。
ピンチにならなかった安定安定♪ぐらいに思ってオッケーです。
ピンチになるまで是非とも温めておいてください。
いざ、というときに使用出来れば、崩れても巻き返せますよ。

あぁ・・・さっき使わなければ・・・
なんて状況は悔やんでも悔やみきれませんよねw

具体的な使い所は
・2人以上死んでいる
・複数人が混乱・呪い・睡眠などでピンチ。
・戦闘の終盤、絶対にもうピンチにはならない確信があって、
 MPを節約したいとき。
 
 
と、とりあえず今回はこんなところで辞めておきましょう^^

次回希望があれば【上級編】も書いて見ようと思います。
[PR]
by otawamure | 2013-10-23 18:24 | DQ | Comments(4)
Commented by STA at 2013-10-24 07:59 x
攻略情報おつ〜〜
オレもそのうち僧侶やるかもしれないんで参考にさせていただきます。
まあ、その前に(メイン職のつもりの)パラをもっと鍛えないとヤバいんですがねw
Commented by papa at 2013-10-24 10:29 x
ダミさんの説明大変分かりやすいですね
(*≧艸≦)
いつも参考にさせて頂いてます(*゚▽゚*)
今まで前衛(ツメorバト)だったため、僧侶がどうも開幕があたふたしてしまいます
(*´ω`*)ゞエヘ
僧侶は耐性絶対必要なんですが金が追いつかない|ω-`*)シュン
ダミさんがチームに入ってチームの個人レベルが格段に上がったのが見ていて分かります(*≧▽≦)ノシ))
これからも宜しければお願いします
(*´ω`*)ゞエヘ
Commented by だみー at 2013-10-24 17:41 x
>スタさん
あいおー。まぁ絶対これが正解、って訳じゃないけど、
私の師匠から教えてもらって、あとは実際に自分でやってみた
のをまとめてみました。
パラは聖騎士買って下さいw
Commented by だみー at 2013-10-24 17:43 x
>パパさん
コメありがとうございます^^
判りやすいかどうか微妙なんですが、
なんとか文章にしてみてますw
まぁあんまり押しつけるのも嫌われそう(笑)ですし、
参考程度に読んで貰えればいいかもです^^
私の力なんて何度も言うようにどくどくヘドロぐらいなので
精進しなきゃなーと思ったりしてる今日この頃ですw
<< 緊急のお知らせ レアドロップについて >>


最新のコメント
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のトラックバック
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧