Damian's Life

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

主流=ベストとは限らないという話

さて、今日はケータイの話です。

先日すさまじいキャッシュバックに釣られて
十数年使い続けたD社を捨てS社に乗り換えました。

私、ケータイの使用が
ほぼLINE専用機になってて、
動画も音楽もほぼ利用しないので
キャリアが変わっても
特に思うこともないんだけど、
XperiaからiPhoneに移ったことで
結構苦戦しています。

単純に「慣れ」の問題もあるかもなんだけど。

アプリの数やスマホケースの数を見ても
圧倒的にiPhoneのほうが多いですし、
この国はiPhoneが主流なんだな〜
というのは判ります。

でもどっちも使ってみて
どっちが便利か、というと
今のところですが、
断然Xperiaのほうが便利な気がしてます。

というか、
Xperiaは日本人に合わせて作ってて
iPhoneは日本人に合わせては作ってない、
ってイメージ。

いくつか例を挙げてみます。


たとえば、
( )カッコの入力。

Xperiaだと「かっこ」と打つと
( )が出てきて、
確定すると( )の中にカーソルが行くので
すぐ( )内の文字を入力出来ます。

でもiPhoneだと
( )の後ろかっこの次にカーソルが行くので
一文字戻らなければならないんだけど、
進むボタンはあるけど戻るボタンがありません。

なので前カッコ打つ→テキスト打つ→後ろカッコ打つ
といういつの時代なのか判らん手順を踏むか、
( )の中を画面タッチして
カーソルを合わせなきゃ行けませんよね?
でもこの画面タッチ、全然うまいこといきません。
反応しなかったり、
思ったところをタッチ出来なかったり。

そもそもなんで1文字戻るボタンがないのか。
ぜんっぜん意味が判らない。
めっちゃめちゃ不便です。

これはテキストのコピーでも言えて、
コピーするときは始点と終点を選びます。

これはXperiaもiPhoneも同じなんだけど、
Xperiaには戻るボタンと進むボタンがあるので
画面タッチで始点終点を決めなくていいです。

コピーしたい文の先頭にカーソルを合わせたら
進むボタンでコピー範囲を増やしていく。
行き過ぎたら戻るボタンで減らす。

長文の時は面倒ですが、
操作に間違いがないのでストレスがありませんし、
もちろん画面タッチでも範囲指定が出来るので
スムーズでした。

でもiPhoneだと
画面タッチで操作しなきゃいけない。
そうすると画面の小ささもあって、
とにかくカーソルが思ったようにいかない。
行き過ぎたり、一行下まで選択したり、
とにかく思い通りいかなくてイライラ。


他に気になったのは電話帳。

電話帳登録の時は
普通、グループに別けます。

家族だったり友達だったり、ってね。
別けないと名前がずらーっと出てきて
探すのがめっちゃ面倒。

Xperiaは簡単にグループが作れるので
なんの問題もありませんが、
iPhoneは面倒な手順を踏まないと
グループ化が出来ません。

なんでやねん!!!

グループ作成なんて
ガラケーでも簡単出来ますよ?
おかしくない?

おかしくない?じゃないですね。
おかしいですわどう考えても。
ちょっと信じられないレベルです。


あとはQRコードのリーダーが
基本アプリに入ってないとか、
カメラで撮った写真とダウンロードした写真を
自動でフォルダ別に分別してくれないとか、
アプリを落とすのに
いちいちいちいちパスワード入れなきゃダメとか、
もう不便で不便でしょうがない。

アプリとか使えば
出来るようになるのかもしれないけど、
仮に出来るとしても標準で備えとけよって話で。


あとこれはアプリの問題なので
iPhoneだから、ということでは
ないのかもしれませんが、
スプラトゥーン2の戦績を確認するアプリ
「ikaWidget2」が非常に頭が悪い。

いわゆる「キルレ」の表示。
設定でサポートキルを含めるか含めないかを
選べるんだけど、
試合結果一覧表示と、
個別の試合結果の表示があべこべになる。

Xperiaの時は、
「含めない」にしたら
一覧表示だろうか個別表示だろうが
含めないになるし、
「含める」にしたら
一覧表示だろうか個別表示だろうが含める。

まぁ当然ですよね。
そう設定してるんだから。

でもiPhoneだけどその当然が出来ない。

あべこべにする理由が分からない。
「そういう仕様だから」では済まない。


周りもiPhone多いですし、
アプリの数とかも段違いですし、
主流はiPhoneなのかもしれませんが、
個人的にはXperiaのほうが
圧倒的に便利で使いやすいと感じます。

画像の編集だったりとか、
携帯をフルで活用している人は
iPhoneのほうが機能が多かったり、
出来ることが多かったり、
賢かったりするのかもしれません。

でも、通話とLINEがメインで
たまに動画見る程度の
あまり携帯を活用しない人は
Xperiaのほうが断然使いやすいです。

アプリがどうとかはさておき、
テキスト入力の不便さだったり、
電話帳や画像保存の問題とかは
私からすると「バグでしょ」ってレベル。

まぁ私使ってるのがiPhone8なんで、
最新のiPhoneXとかだと
改善している可能性もあるけどね。


替えたばっかりだし我慢して使うけど、
今のところiPhoneの良さが全然判りません。

あくまで今のところは〜ですけどね。

iPhoneのこと詳しく判ってないで
書いてますからね。
1年後に「やっぱりiPhoneだわ」って
言ってる可能性もなくはないですw

# by otawamure | 2019-03-13 11:09 | 生活のコト | Comments(1)

家の中がほぼ終わりました

R-1が終わりました。

まぁ面白かったかどうかはさておき、
私、絵が下手なフリップ芸は認めません。

人を「棒人間」で書くなんて論外。

バカリズムは偉大です。

あと裸とハゲはもういいよね。




ということで家の話。

いやぁ〜北海道はもうすっかり春模様。
風はまだ冷たいものの雪がほんとに少なくて、
っていうか、こんなに雪降らないの
私生まれてこのかたあったかな…
ってレベルの小雪でして、
例年になく過ごしやすい冬でした。

今年は桜が咲くのも、きっと早いことでしょう。


さて、リフォーム中の家ですが、
家の中に関しては9割完成しました。

ガスも電気も水道も通りましたし、
お湯も出るので、
もう生活出来るレベルです。

やっぱりクロスを張り替えると
一気に綺麗になりますね〜!

あとはビニールやダンボールを取り払って
綺麗に掃除したらほぼおしまい。

そうなるといよいよ
家財道具を運び込む段階になります。

とはいえ普通、
リフォームして引っ越しというのは
何年かがかりで計画を練って
お金を貯めてから実行するものです。

だけど、この話は突然湧いて出た話なので、
計画もそこまでの資金もありません。

当然リフォームのお金を出してくれる
叔父さんに家財道具まで頼む訳にはいかないので
必要最小限に留めなければいけません。

今の家で使えるものは当然持っていくし、
例えば洗濯機をドラム式にするとか
そういう贅沢な買い換えは控えなくてはいけません。

狭いアパートから1軒家への引っ越しなので
どうしても買い直さなきゃいけないものや
買い足さなきゃ駄目なものもありますが、
まぁ基本「住めればいいや」という気持ちで
いこうと思います。

もちろん気になる部分が無いわけではありません。

扉一つ、ガラス一つとっても
替えたいところなんて山程あります。

でもこれやっちゃうとほんとにキリなくて、
100万とかあっという間になくなります。

なので毎日見ることになる
居間のTVくらいは買い換えようかな〜と思うけど
あとはそこそこに〜くらいで我慢します。

あくまで今回の話は
「リフォームしてあげるから住んでもらえない?」
という話で、
自分たちで無制限にお金をかけて
自由に、好きなように〜という話ではないので、
我慢するところはしないとね。

リフォームしてもらって、
キッチンや風呂も新品で、
自分の部屋も持てて、
そんな家にタダで住めるのですから、
眼を瞑るところは瞑らなければ
バチがあたりますよね!

まぁよほど気になるようなところは
あとあとリフォームローン組んで
のちのちやればいいかな、と。



とはいえです。

「必要ではないけど欲しいもの」とか
本当は買い控えなきゃダメなんだけど、
買っちゃえ買っちゃえ〜みたいな自分も、
いないといえば嘘になる。

のちのち後から〜なんて言いましたけど
後からなんてやりませんからね。たぶん。

林先生ではないですが、
「今でしょ!」みたいなね。

ほら、こういうのって勢いも大事じゃん?

賃貸ならまだしも一軒家なので
もしかしたら死ぬまで住むかもしれないし。

そこまで我慢我慢〜というのも
あとから後悔しそうだし、
いくらタダとはいえ、
不満がある家にずっと住むのも辛い。

なので、どうしても欲しいものに関しては
ちょっと予算オーバーでも
買ってしまおうかな、とも思ってます。

まぁ常識の範囲内で、ねw


ちなみに私のゲームべ…もとい書斎は、
お金がどうとかじゃないので。

我慢とかはしません。
常識の範囲「外」だとて!!

といっても3畳しかないので
あれもこれも〜という訳には
金額ではなくスペース的に無理ですけどw



ちなみに外ですが、
今年は雪が少なかったので
駐車場までは出来ました。

といっても簡易的なもので、
本当はアスファルトとかにできれば
良かったんですけどね、
予算の関係でやりませんでした。

ちょっと見た目も良くないんですけどね、
まぁ駐車場なんて車さえ止めれれば
どうでもいいです。

残すは外壁の塗装と屋根の補修くらい。

屋根とかは本当は張り替えたいんだけど
「叔父さんお願い〜!」
と簡単にお願い出来るような額ではなので
今回は傷んでるところだけ直して
とりあえず塗装で済まそうかと思います。

まぁ屋根なんて見えないし。
よほどやばくなったら
それこそリフォームローンでも組んで
やりますわ。


え?自分の部屋以外は適当じゃないかって…?

…き…きのせいじゃ…ないかな…?
# by otawamure | 2019-03-12 12:43 | 生活のコト | Comments(0)

呪いが止まらない

呪いはまだ続くようです。


先日、息子二人が同時に体調を崩しました。
(今年2回目)

インフルが疑われましたが、
病院で検査したところ、セーフ。

体調が悪いのは可哀想ですが
ただの風邪ということで、
ひとまず安心かな、と思ったら
翌日、今度は嫁がダウン。

まぁ息子たちから伝染った風邪だろうと
思いましたが、熱が高いため念のため病院に。

…インフルだった……

息子たちとは違う感染ルートだったのか、
それとも息子たちはたまたま発症しなかっただけで
学校や保育園から菌をもってきていたのか。

まぁ後者だと思うのですが、
何年かぶりに我が家からインフル感染者が。

そして当然の流れで、
嫁さんにべったりの下の子にも伝染りまして
てんやわんやでした。

症状が軽めだったのが幸いかな…



次に、
これは本当に怖いんだけど、
息子の眼鏡が突然、
真ん中のブリッジの部分から
ぱっきり真っ二つに割れました。

レンズが割れたとか、
弦が折れた話はたまに聞きますけど、
ブリッジのところから真っ二つになる?

だってあの部分って、
故意的に二つに折ろうとしない限り
ちから加わらなくない…?

疑問は残るものの、
悩んでも仕方ないですね!

さ、忘れよっと!!


あと細かいところでいえば、
時計とかも壊れたりしました。

ちょ、ちょっと…
これ止まるんだよね…?

ほんっとね、冷蔵庫だけ見逃してください…

# by otawamure | 2019-03-06 12:42 | 生活のコト | Comments(2)

不幸、おすそわけします。

家が着々と完成しています。

お風呂もついたし
システムキッチンもつきました。

床のフローリングも全部屋張り終え、
あとはクロスの張り替えくらいです。

クロスが張り終えたら
中に関してはほぼ完成。

中が終わったら残りは外なんですが、
外は雪が溶けるまで手が出せません。

ただ幸い、今年は記録的な少雪で、
意外と早くとりかかれるのかもしれません。


ここまで思った以上に順調で
いよいよ実感が沸いてきたんですけど、
実はちょっと今、戦々恐々としております。

というのも、最近立て続けに
不幸が押し寄せています。

「家を貰う」という超幸運の反動なのか…


まず車のカーナビが突然壊れました。
音楽は聴けるんだけどテレビが映りません。

ディーラーに持っていったら
メーカーに出さなきゃいけないらしく、
時間がかかる上に
1万円で直る場合もあるし、
5万円かかる場合もある。

やっかいなのは、
その判断は送ってみないと判らないと。

当然一度はずさなきゃだめなのでその間は無音。

買った方が…と言われますけど、
今は家以外の出費は避けたいので、
悩ましいところです…。


次に、家のDVDレコーダーが壊れました。
HDが逝ったらしく録画が出来ません。

それでも録ってあったものは見れたんだけど、
昨日になっていよいよ起動もしなくなりました。

レコーダーは頻繁に使うので
引っ越しを待たずに注文したましたが、
予定外の出費となりました。


そして最後に、
これが洒落にならないんですけど、
私の家を直してくれている親父が
仕事の帰りに事故りました。

お互い車には一人しかいなくて、
幸い親父も相手も無傷だったんですが、
相手の車の助手席が完全に潰れたらしく、
助手席に誰か乗っていたら死んでただろうな〜と。

ただ、車が廃車コース。

相手が100%過失なんだけど、
直すなら全額負担してもらえるとしても、
買い換えるとなると、
現在の価値分のお金しか下りないので
完全に当たられ損。

売る時も事故車扱いになっちゃうしね。

そうなると無理矢理直して乗るしかないのですが、
激しく事故った車って完全には直らないので、
不幸以外の何物でもない。

廃車コースの事故にもかかわらず
むち打ちすらない驚異的な肉体の親父には驚きですが、
とりあえず気になるのは、
この事故は…私のせい…なのか…?

ちょっと怖いんだけどマジで…


親父、ごめんね!!

でもケガがないようなので
引き続き家のことよろしくね!!
(私が言うまでもなく事故の二日後には仕事してたけど)



事故は気を付けるとして
(もらい事故はどうしようもないけど)
家電は気を付けようがないので
もう勘弁してほしい…

テレビと洗濯機は購入予定として、
壊れて一番困るのは冷蔵庫ですね…

掃除機とかならともかく、
冷蔵庫は高額だからさ…

冷蔵庫だけはなんとか死守っ!!!
(祈るしかないけど…)


まだ不幸が続くなら
お祓いとか行った方がいいのかな…

無事に完成の日を迎えられるか心配になってきた…
# by otawamure | 2019-02-23 12:47 | 生活のコト | Comments(0)

メシア

今回はTVドラマと漫画の話を。

といっても同一タイトルでして
絶賛連載中&絶賛放送中の
「ゆうべはお楽しみでしたね」です。

ドラマが面白かったので
漫画も読んでみました。

ラブコメなので
男性はあまり読んでも面白くないかもしれませんが、
内容がドラクエXと深く関わっているので、
ゲーム好きの方であれば
(ドラクエXをやったことがあればなおのこと)
普通のラブコメよりは抵抗なく読めるはず。


ということでストーリーですが、

ドラクエXで同じチームで仲良しの
パウダー♀(リアルは♂)と
ゴロー♂(リアルは♀)。

パウダーはリアルゴローを男だと思い、
ゴローはリアルパウダーを女だと思い込んでいます。
※お互い特に意識はしてなくて、
キャラクターどおりの性別だと思っている。

そしてリアルパウダーが現実の世界で
空家になっている祖父の家に
引っ越しをすることになるんだけど、
同じく引っ越しをしたくて
部屋を探しているらしいリアルゴローに
ルームシェアを持ちかけます。

そして、引っ越し当日。
いざ実際に会ってみたらまさかの異性で、
しかもリアルゴローは
リアルパウダーが苦手なギャル属性。

しかし、オンライン上で付き合いが長く、
気心も知れているため、悪い人ではないと判断し
予定通りルームシェアを実行することになるのですが…

というお話し。


え?
設定にムリがあるって…?

うん、まぁそこは否めないところですが、
「オンライン上で知り合って恋人まで発展する」
という課程は結構リアルっぽく描かれています。

冴えないオタク系男子が恋をする話は
昔の「電車男」みたいな感覚ですかね。


とりあえずこの漫画のポイントは
リアルゴローさんが素敵すぎるということ。

可愛いギャル風ネイリストだけど、
家に帰ってくるとメガネ部屋着の
ガチゲーマーですよ?

美もゲームも両方兼ね備えるとか
誰だよ設定考えたやつ。
神かよ。

みたいなね。

このリアルゴローさんを
ドラマ版では
リアルガチ勢ゲーマー女優の
本田翼ちゃんが演じている訳ですが

うおおおおおおおお!
メガネばっさーやべえええええ!!!!
超可愛いんだけどおおおおおお!!!!

誰だよ配役考えたやつ。
仏かよ。

みたいなね。


この前LINEで(この件とは別件で)
ばっさーの話が出た時、
みんな「知らねぇ」みたいな反応だったけど
だめですよちゃんと知っておかないと!

可愛くてガチ勢のゲーマーなんて
もう存在自体が尊いじゃないですか!

可愛くてガチ勢ゲーマーのパイオニアといえば
ゴマキこと後藤真希が有名ですが、
ゲーム業界の活性化のためにも、
そろそろ「第二のゴマキ」の登場が
待たれていたわけです。

でも、ゴマキの壁は異常に高く、
そんじょそこらの「自称ゲーム好きのアイドル」
など、全く歯が立たなかった訳ですよ。

それが、ようやくですよ。
ようやくゴマキに対抗しうる娘が登場したのです。

しかもこのばっさー。
プレイジャンルの幅も広くて、
DQXのようなMMOから、
モンハンなどのアクション系、
スプラトゥーンなどのFPS系も守備範囲。

そのどれもで非凡な才能を発揮しています。

監督で4番でエースみたいなもんですよ。

ちなみに
「ほんだのばいく」という
動画配信もしています。

訳あって(大人の事情で)
サバイバルホラーゲームの動画が
2作だけで止まってるんですけど、
女の子らしくワーキャー言いながらも、
初見ぽいのにちゃんと死なないというね。

そういうところがやっぱり
「モノが違う」な、と思うわけです。


というわけで、
ゲーム業界の救世主(メシア)といっても
過言ではない貴重な存在だということを
ちゃんと認識していただけました?

こうなってくると
顔が好みかどうか、なんてどうでもよくて。

この貴重な存在を
みんなで応援していきましょう!



はい。

ということで、ばっさー主演のドラマ
「ゆうべはおたのしみでしたね」。
おすすめでございます。

…え?
話の展開に無理があるって…?


…そう…?



※冗談抜きで漫画もドラマもそこそこ面白いです。
# by otawamure | 2019-02-14 12:17 | いろんな事 | Comments(0)

釣れた

3週間くらいの土曜日の深夜。

みんなでスプラやって、
最後に私とマルさんと秋さんが残って
ボイチャしてたんですけど、
FF14とDQ10の話になりまして。

秋さんはどっちもやってなかったし、
眠すぎたようで途中で落ちましたが、
私とマルさんの2人で3時過ぎまで
ぺちゃくちゃと女子のように。

それで驚いたのが、
マルさん、やったことないのに
FF14にやたらと詳しいんです。

最新バージョンアップの
新ジョブ「青魔導士」や、
最新零式の「オメガα」のことも
何故かご存知で。

これを聞いて私はこう受けとりました。

「準備は出来ている、いつでも誘ってこい」
とね!!!!!!



そう思った私は、
ほぼ確信をもって釣り糸を垂らしました。

これは釣れる、と。

結果はみなさんの知るところですね。

まさかPS4のトロフィーでバレるとは
思ってもみませんでしたが…
(別に隠してた訳じゃないけどw)


経験値ボーナスがある優遇ワールドの問題で、
今は別々のワールドでプレイしていますが、
後々合流予定です。

チートプレイヤーのマルさんと
一緒に遊べるのは非常に心強い。
ペースも思想も似てますしね。

そして二人ともね、寝ない。
私も大概ですが、私以上に寝ないマルさん。

ヤバそうですよね!

DQの時は終盤はチームも違ったし、
たまにしか一緒に遊んでなかったけど、
合流して一緒に行動するとなると…

死ぬよ…?

でも死ぬ程楽しみですので
カンストお待ちしておりますね!フフフ

まぁ、マイペースにね!
がんばれマルさん。応援してマス!


あ、実名出しちゃった…
けどいいか…w

# by otawamure | 2019-02-12 12:07 | FF | Comments(0)

きまぐれに背中を押してみる

背中を押せばFF14を始めそうなお友達がいるので
少し押してみようと思います。


まずFF14はこんなゲームだよ、というのを紹介。

スタート時は行動範囲に制限があるので
メインクエストを終わらせる必要があります。

メインクエストをこなしていると
クリア時に貰える経験値が多いので、
ジョブのLVもどんどん上がります。
新規さんにやさしい仕様です!

大抵のMMOは、
メインクエスト消化とLV上げの他に、
金策もしなきゃいけなくて大変ですが、
FF14はお金がほとんど必要なく、
金策をする必要がほぼないので楽です♪

サブクエストは大量ありますが、
いくつか重要なもの
(行けるマップが増えたりするもの)以外は、
スルーしてオッケーです。

もちろんサブクエストをやりながら
のんびり進めるのもアリですね♪


メインクエストは
「新生編」「蒼天編」「紅蓮編」の
3部に分かれてますが(もうすぐ増える)
全て終わるまで3〜4ヶ月だと思います。

メインクエストだけ集中的にやれば
もっと早くいけるかもしれませんし、
サブクエストをやったり、
いろんなジョブをさわりながら行けば
半年近くかかるかもしれません。

メインクエストは非常に面白く、
ずっと続けなくても、
これを見るためだけに始めるのもアリだと思います。
そのくらい秀逸なストーリー。

ボリュームは絶妙じゃないでしょうか。
半年以内くらいで
メインクエストが終わり、
LVもカンストする、というのは
パッとやるには長いし、
「いつ終わるのよ…」ってほど長くもない。
長すぎず短すぎず。ちょうど良い。

あとこのゲームで忘れてはならないのがBGM。
神曲が多く素晴らしいです!

グラフィックも文句なしに綺麗です♪


さて、
このメインクエストをこなしている数ヶ月間、
もちろん寄り道も出来ますし、
先行組の人達と遊ぶこともできます。

いろんな遊び方がありますが、
1日1回(午前12時リセット)、
大量の経験値ボーナスが貰える
「ルーレットダンジョン」というのが、
一番気楽に遊べると思います。

かなりボーナスが多いので、
全職カンストしているようなプレイヤー以外は
たいがい日課にしていますので、
(これが唯一の日課といっていい)
一緒に行くといいでしょう。

ルーレットダンジョンは
LVが統一されるので(レベルシンク)
「レベル差が…」みたいなことは
全く考える必要がありません。

メインクエストをこなしながら
1日1回このルーレットに行くだけで
他に特別レベリングしなくても
カンスト出来るようになってます。

ドラクエ10の「パッシブ」や
FF11の「サポートジョブ」のように、
メインジョブ以外に、
他のジョブのレベルも上げなくちゃいけない、
ということもないので、
1職だけ上げればオッケーなのも楽ちん♪

ちなみにこのゲーム、
各ジョブ操作が特徴的かつ、やや複雑なので
きちんとスキルを理解しつつ、
じっくり練度をあげながら
レベルを上げたほうが良いんですが、
「どうしてもLV上げめんどい、早くカンストさせたい」
というせっかちさん向けに、
リアルマネーで4980円(だったかな)払えば、
好きなジョブをカンスト近くまでLVを上げられる
特別な薬を、公式サイトで販売しています。

ケアもばっちりですね!(高いけどw)



次にバトル面の話。

バトルはプレイングに応じて
いろんなコンテンツがあります。

そこまで上手くなくても
予習すればなんとかなる程度のものから、
がっちり予習した上で練習・復習を繰り返し
クリアまで1〜2ヶ月を要するものまで様々です。

もちろん最強クラスの装備は、
高難度コンテンツにいかないと手に入りませんが、
いかない(いけない)プレイヤーでも
そこまで極端に戦力差が出ないようになってます。

自分にあったプレイングで遊べるのは
良いと思いますね!


次にジョブですが
■タンク3職
■ヒーラー3職
■DPS(アタッカー)9職

の3ロール15ジョブがあって、

さらにDPS9職は、
メレー(近接アタッカー)4職、
レンジ(遠隔アタッカー)2職、
キャス(魔法アタッカー)3職、
に分かれます。

パーティの構成は
軽めで簡単なコンテンツは4人パーティ、
(タンク1、ヒラ1、DPS2)
それ以外のやや難しいコンテンツは8人パーティ。
(タンク2、ヒラ2、DPS4)

他に8人パーティ×3(=24人)で行く
アライアンスダンジョンや、
人数無制限で敵と戦うコンテンツ、
対人戦なんかもあります。

行きたいコンテンツを選んで参加申請すると
メンバーを自動でマッチングしてくれるので
自分でパーティを探す必要がなく楽です。
(自分でパーティを募って行くことも出来る)

ちなみにどのジョブを選んでも
クリア出来なかったり、
参加出来ないコンテンツはありません。
全ジョブで全コンテンツ参加可能です。

あまり好まれないジョブというのも
あるにはありますが、
使用率が低かったり不遇なジョブには、
すぐアッパー調整が入るので、
あまりジョブ格差を感じないのも◎


最後にこのゲームの一番素晴らしい点。
それは運営です。

私としてはこれまでやってきた
FF11やドラクエ10、
MMO以外の運営の中で、
FF14の運営はダントツに優秀だと思います。

バージョンアップの期間も適切だし
バグもほとんどなく、あっても対応が早い。

そしてなによりバランスの調整がいいです。

バランスの調整が
かなりユーザー目線なんですよね。
入るべきところに調整が入り、
ナーフは少なく、アッパーが多い。
それがすごく好印象です。

これはプロデューサー自らが
FF14をドップリ遊んでいるからこそ
為せるワザですね。
現場の声をすごく考慮してくれます。

そして仮にバグがあったり、
調整が悪かったりしても、
きちんと謝る姿勢もグッド。

運営に関しては私的には不満がほぼゼロです。




とりあえず良い点をまとめます。

・メインシナリオがかなり面白い。
 長く続けなくても、
 メインシナリオ目的にプレイする価値ありほど
 非常に面白いストーリーです。
 
・パッシブなどがないので
 複数ジョブのレベルを上げる必要がなく楽。
 
・ジョブのバランスが素晴らしい。
 不遇なジョブにはすぐアッパー修正が入り、
 不公平感が少ない。
 
・金策が特に必要ないので日課みたいなものがなく、
 「やらされている感」がない。
 毎日インする必要がないため、
 他のゲームと平行して遊びやすい。

・レベルをカンストさせなくても
 先行組と一緒に遊べるコンテンツがある。
 お手伝いではなく、
 双方にきちんとメリットがあるのも◎

・自分のプレイスタイルにあった遊び方が出来る。
 
・BGMはほんとに素晴らしく神曲たくさん。
 グラフィックがかなり綺麗。
 
・休止しても復帰がしやすいサポートがある。
 1年単位で休止しても比較的早く復帰出来る。
 
・運営がかなり優秀。




良い点だけだと不公平なので、
悪い点も書いてみます。


・日課が特にないことが逆に寂しく感じる
 プレイヤーもいる。
 一通りやることをやってしまったら
 やることがなくなる。
 お金が大量にあり、全ジョブカンストすると
 本当になんにもすることがない。
 
・高難度コンテンツ限定の話ですが、
 パーティ内のプレイングを確認出来るサイトがあり、
 火力が足りてるか足りてないか、
 何回ミスった、何回死んだ、
 ヒーラーはどの程度回復したか、
 DPSはどの程度ダメージを与えたか、
 使ったスキルの回数に至るまで、
 戦闘における全ての情報をチェック出来るサイトがあって、
 パーティによってはプレイングを監視されます。
 勝てばいいけど、
 負けると「戦犯」を調べられることもあるし、
 あまりにひどいプレイヤーは強制排除されることも。
 失敗しても怒られない固定のパーティを組まないと、
 メンタル崩壊必至。
 まぁミスらなければ怒られることもないんだけどね!
     
・自動マッチングは非常に便利でありがたいが、
 タンク以外はややマッチングに時間がかかる。
 不人気コンテンツだと30分以上待つことも。

・公式サイトで販売されている
 おしゃれ装備や乗り物などが高い。
 上でも書いたLVを上げる薬や、
 おしゃれ装備、乗り物など軒並み高額です。
 キャラクターの見た目や種族、性別を
 変える薬もありますが、1つ1000円。

 
高難度コンテンツがかなり厄介ですが、
この難しさを楽しめる人もいるでしょうし、
一概に悪いとも言えませんね。

そもそも嫌ならやらなければいいので。
(やらないプレイヤーのほうが多いです)

大変なのはこのくらいで、
他は特にストレスを感じることもなく、
楽しく気楽に遊べると思います!

MMOにありがちな、
私生活に影響が出る問題や、
不満が出やすいジョブ格差の問題なんかは
非常によく考えられていて
プレイしていて不満に思うことは
ほとんどありません。

復帰のしやすさも手伝って、
一度レベルをカンストしてしまえば、
休止→復帰を繰り返して
非常に長い間遊べると思います。



ということで、
アストルティアでお待ちしております。

あ、私はまったりモードに突入しているため、
必要であればいくらでも時間が取れますので、
アドバイス・サポート要請などお気軽に♪


でもまぁあれですよ。

いくら気楽に出来るといっても、
そこは腐っても大作MMO。

少ないとはいえ、
まったく私生活に影響が出ない訳でもなく、
そう簡単には始められないと思ってますし、
お金もかかることなのでね、
気が向いたら〜でどぞ ⋆⸜(* '꒳' * )⸝ピョンピョン

やれば楽しさは保証しますけどね…ククク
# by otawamure | 2019-01-30 12:21 | FF | Comments(0)

高校合格!

上の子が推薦入試を無事通過し、
高校入学を決めました!

いやぁ、推薦なのでほぼ落ちないだろうとは思ってましたが、
やっぱり発表の日は緊張しますよね!

夜はベタですが焼肉とケーキを食べてお祝いしました。

年末からほぼゲーム断ちをして頑張っていた息子も
これで晴れて自由の身…だったんですが、
下の子が絶妙なタイミングで体調を崩しまして…

焼肉食べてたときは全然平気だったのに、
家に帰ってきた途端にです。

熱も38°超えてるし時期も時期なので
インフルなのか…!?と思われましたが、
病院に行ったら幸いただの風邪ということで、
良かった〜というわけではないけど、
最悪のケースは免れた模様。

お兄ちゃんが受験終わるまで
耐えてくれてたんだろうなぁ〜という
兄弟愛は微笑ましいんだけど、
体調が悪いと夜に何度も起きちゃうし、
吐いちゃうので、
早く良くなればいいなと思います。


とりあえず、息子が頑張ってくれて
私たち夫婦も一安心デス。

3月まで戦々恐々としてるのも辛いですからね、
早々に決めてくれた息子は孝行息子です。


そんな息子ですが、
結果発表の日に気を利かせて
購入予定のSwitchを買いに連れていってあげると申し出たら、
「今RPGツクールやってるからいいや」と言われました。

ムリにというわけにもいかず、
結局私だけ先行してスマブラ購入してきましたが、
このまま買わないまでありそうな予感…


そんな我が道を行っている息子ですが、
なにはともあれ合格おめでとうということで!

# by otawamure | 2019-01-29 08:22 | 生活のコト | Comments(2)

2019年1発目 趣味の話

外に出るとホワイトアウトで死んでしまうので、
安全を期して家で過ごしています。(ということにしておきます)

ということで、引きこもり中のネタといえば、いつもの趣味の話。

年末の記事より長くなっちゃった…



■ゲームの話

17日に買う予定だったエースコンバットだけど、ネットの評価を見たら不評が多くて、スルーすることにしました。

というのもVRはものすごいらしいんだけど、普通にプレイするとあんまり面白くないらしいんですよね。

それもそのはず、このシリーズは初期作からずーっと「マンネリ」との戦いです。

空中戦は敵機の後ろをとってミサイル発射→当たるまで繰り返すだけ。

対地戦は目標に向かって高速で突っ込んでターゲット破壊→いったん通り過ぎてからUターンして再度突っ込むの繰り返し。

完全にマンネリと化してますが、それでも毎シリーズ買うのは、このマンネリを打破するような面白い新要素が搭載されてないかな、という願いを込めてなんですけど、前作で「ドッグファイトモード」なる新要素がめでたく大失敗し、詰んだ。

それでも一抹の願いを込めて予約だけはしたものの、初日のレビューの荒れっぷりで、購入意欲が完全に失せました。

南無…


ということで、エースコンバットに割く予定の時間が空いてしまった訳ですが、年末からプレイしている「ゼノブレイド2」の追加要素の回収まだ終わりません。

本編の追加要素は2周目をやらなくちゃダメで、時間がかかりましたがなんとか全て回収したんだけど、追加シナリオである「黄金の国イーラ」がすごかった。

「たかがダウンロードコンテンツだし、たいしたことないんだろ?」と思ったら大間違いでした。このレベルのダウンロードコンテンツは、たぶん他に類を見ません。

「ダウンロードコンテンツの追加シナリオ」というよりは、全く別のスピンオフゲームと思っていいと思います。セーブデータも本編とは別です。

どう他に例を見ないかというと、作り込みがとにかくすごい。
クリアをするだけなら20時間程度で終わるんだけど、サブクエストの数は100近いし、クリア後要素(裏ボス)と、さらに2周目要素まであるという、完璧すぎる内容。

ボリュームだけではなく、本編では語られなかった話が満載で、これをプレイすることで本編のシナリオや、セリフ一つにもぐーーーーっと厚みが出るような内容になっています。

大量にあるサブクエストも、本編より面白いものが多かったように思います。
メインキャラクターとかかわりのあるクエストもあって、素顔や本音が垣間見えたりして、キャラクターを掘り下げるのに一役買っています。
もちろん「おつかい」みたいなものもありますけどね。

バトルも本編とは微妙に変えていて飽きさせない配慮も素晴らしのですが、それよりファンが嬉しかったのは、「ブレイドを自キャラとして操作出来る」という点でしょうね。本編ではブレイドそれぞれきちんと個性があったにも関わらず、ブレイド自体を操作することは出来ませんでしたから。かなり粋な計らいではないでしょうか。

というように、ダウンロードコンテンツという枠に収まらない超豪華仕様だった「黄金の国イーラ」。製作したモノリスソフトには脱帽です。

ただ…ただ1つだけ…
ダブル主人公の一人であるラウラさん、顔も性格もすごくかわいいんだけど、27歳という…なんかすごく絶妙に気持ち悪い年齢だけどうにかならなかったのか…
本編主人公のレックスといい、モノリスソフトって会社はキャラクター設定だけは下手な気がする…


それはさておき、1年遅れでのプレイとはなりましたが、このままスルーしていたら後悔することになってたので、ほんとにやってよかったです。

鮮度がないネタで申し訳ないのですが、素晴らしく面白かったのでを長々と書かせて貰っちゃいました。

ゼノブレイド2、まだ未プレイの方は、今紹介した「黄金の国イーラ」と共に是非ともオススメさせていただきます!
(ちなみに順番は本編→イーラの順のほうがいいです)


さて、ゼノが無事終わったらFF復帰しつつ、スプラと、息子と遊ぶためにスマブラ購入予定です。FF14・スプラ・スマブラの3本で、もしかしたら今年の年末までひっぱるかもしれません。

ただゼノブレイド2のせいで1ヶ月以上休止しちゃったFF14に少し戻りづらい…
次の大型バージョンアップまで休止もアリかな…




■漫画の話

何冊か読んだのでレビューします。


■バイオレンスアクション ★★★★☆

表向きはゆるふわ系デリヘル嬢ですが実はかわいい顔した殺し屋。
デリヘルHP上で依頼を受けて人を殺していくという話。

内容はバイオレンスですが、描写もグロすぎず読みやすいと思います。

可愛い女の子が人を殺すというギャップ萌え漫画ですね!

デリヘル嬢+バイオレンスという設定なのにエロ描写が全くないのがざんね…

ちなみに4巻まで出てて現在休載中です。
復帰が待ち遠しい!




■北北西に曇と往け ★★★☆☆

今、巷で地味〜に話題になっている漫画。

主な舞台はアイスランド。アイスランドの名所を紹介したり、食べ物や文化を紹介しながら
ストーリーが展開していきます。

車と会話したりと(説明がないので特殊能力なのか妄想なのか不明)かなり独特の雰囲気を纏った漫画で、ハードボイルドっぽい内容ですが、どことなくファンタジー臭も漂います。

まだ謎に包まれている部分も多いので、今は「面白いっ!!」って感じではないですが、これからどんどん上がっていく予感はあります。

気になる人は早めにチェックを!




■映像研には手を出すな ★★★☆☆

高校でアニメを制作する女子三人組の話。

漫画というより、自分の頭の中の妄想を自由気ままに書き起こしたような、そんな内容です。

ストーリーがとりたてて面白い訳ではありませんが、とにかくアニメを作ることへの情熱みたいなのはビシビシ伝わってきて清々しいですね!

ちなみに私はアニヲタではありませんが、なかなか楽しめました。

内容がかなりコアなので完全に読む人を選びますが、アニメやゲームの設定資料集などが好きな人は楽しめるんじゃないですかね!


また何か読んだらレビューしまっす♪




■映画の話

今年最初に見た映画は、昨年夏、サメ映画界が震撼した米中合作、制作費50億超、ジェイソン・ステイサム主演という超大作サメ映画「MEG・ザ・モンスター」です。

さて、この超大作を見た感想ですがおおかた予想どおりでした。

結論を言いますと、そんなに面白くなかったです。

ストーリーは、現代ザメの祖先である古代ザメ「メガロドン」が深海より襲来。
ジェイソンステイサムが迎え撃つ、というありがちなストーリー。

まず制作費50億円超えというサメ映画では超破格の制作費は、ヘリやクルーザーの無駄な爆破墜落炎上で文字通り海のもくずと消えました。

そしてジェイソンステイサム主演ということで予感はしてたんだけど、強すぎなんですよねステイサム様。

サメ映画界という暗黒B級ジャンルにまさかの超大物俳優ということで、万歳三唱が聞こえてくるくらいの持ち上げられよう。

強い・モテモテ・いいところ全部持って行く、と、もうステイサム様プロモーションムービー状態。

素潜り銛一本でサメを殺した映画は私の知る限りこの映画だけです。

お金のかけ方と主演の立ち振る舞いは置いといて、この映画の一番の問題点は別にあります。

サメ映画という暗黒B級ジャンルが今も廃れずにほそぼそと生き残っているのは、
「サメの恐怖を味わいたい」という人が一定数いるからです。

クマやライオンのような陸上動物だと通常サイズではそこまで驚異ではないし、巨大化するとただの怪獣映画になってしまうけど、サメは基本スペックと海という特殊フィールドで、人間一人では対抗し辛く、巨大化しても陸上生物より違和感が少ない。
そして文句無しの暴力性と、無機質で冷たい目。

生物による人間蹂躙という内容で、サメ以上のタレントはいないのです。

そのサメの恐怖を味わいたいからこそ細々とサメ映画は作られ続けているのですが、サメの恐怖を表現する方法として噛み千切られる腕、足、お腹からガブっと。
苦悶の表情を浮かべ血を吐き断末魔をあげる人間。赤く染まる海面。

これがサメ映画の恐怖であり見所であり醍醐味でもあるわけです。

しかしながら、このメガロドン、でかすぎるのです。
(30m超だったと思います。)

事実メガロドンは大きかったので特に盛っている訳ではないのですが、でかすぎるために、
人が襲われても基本丸呑みです。当然血もほとんどでません。

これではサメの恐怖感が全く出ません。
丸呑みなら極端な話、クジラ映画でもいいわけです。

サメ映画のなんたるかを判ってなかったとしかいいようがない設定ミスです。
「サメの恐怖を感じなかった」という致命的な欠点があり、個人的には高評価とはなりませんでした。

ただし、「興業」という意味で言えば、ジョーズを抜いてサメ映画史上最高収益を叩き出したので、映画自体は成功、ということで…。



ということで沢山書いちゃった〜。

またネタが溜まったら更新しまぁす。
# by otawamure | 2019-01-22 12:11 | いろんな事 | Comments(0)

2019年一発目

遅くなってしまいましたが、
皆様明けましておめでとうございます。

昨年から更新ペースを月1程度に落とし
のらりくらりと続けてきましたこのブログも
早いもので12年にもなりました。

あいかわらず画像も載せないで
文字だけのつまらないブログですが
今年もマイペースに続けていきたいと思います。


さて、お正月ですが、
全く何もしないでダラダラと過ごしました。

年末にも書いたとおり、
長男が受験生なので、
勉強に集中しなきゃいけないのと、
(推薦貰ったけど面接落ちたら筆記試験がある)
引っ越しの話が予定通り纏まりそうで、
そうなるとかなりお金がかかるので、
極力出費を抑えなきゃダメだったんですよね。

アパートからアパートだと
買い換えるものとかも少なそうだけど、
アパートから一軒家だと、
新たに買わなきゃいけないもの、
買い直さなきゃならないものなどが
大量にあります。

何より車をもう1台買わなきゃいけないので
(当然中古の軽ですが)
トータルするとかなりの出費になります。

お金はかかりますが楽しみも大きいので
我慢するとこはしなきゃね!



さて、年始ということで今年の抱負を。

昨年はFF14を始めた影響で
例年にも増して外出しませんでした。

弓道も終了してしまったし、
ゴルフもさぼりまくって
かなりの運動不足です。

走るのがとことん嫌いで
ジョギングとかは絶対嫌なので、
走らないスポーツを
何かしらやりたいと思ってます。
(プレイ中走るのはいいけど、ただ走るのが嫌い)

ゴルフ再開でもいいですがお金がかかるので
テニスなんかいいかな、と思ったりしてます。
まぁ暖かくなってからになりますけど。

なんかほら、リア充感が出るじゃないですか
ゴルフとかテニスってw

まぁあくまで目標というか希望で。
昨年同様引きこもって
ゲーム三昧で終わる可能性が多大にあるけど…


そしてゲームですが、
とりあえず今月18日に出る
「エースコンバット7」を買うくらいで、
他は未定です。

息子が2台目のスイッチを買うらしいので
スプラとかスマブラとか一緒に出来るかな!

一緒に遊んでくれれば…だけど。

とりあえずこれといったゲームは
今のところはありませんが、
FF14をまったり続けながら、
(大型バージョンアップもあるし)
平行していろんなゲームに手を付けていく
感じになると思います。

ソフトはさておき、
無事引っ越ししてゲーム部屋が出来たら、
ボイチャしやすくなるのが楽しみですね〜♪



さて、いろいろ話題はありますが
今年はとにかく家の話題が中心になります。

昨年は昔からの夢の1つだった
「東京ゲームショウ」に参加出来たのですが、
もう1つの夢で、ゲームショウより
かなりハードルが高いと思っていた
「ゲーム部屋」も、
まさかまさかの、実現出来そうな予感。

ゲームのみならず、大量にある漫画も
大容量本棚を設置して収める予定で、
私の趣味を凝縮した、
私にとってまさに夢の部屋になりそうなので
是非実現させたいところです。

ちなみに「ゲーム部屋」という名称だと、
大の大人が頭おかしいと思われるので ←一応気にしてる
「書斎」という名目の部屋にします。

いいですか?
「ゲーム部屋」じゃなくて「書斎」ですからね。
間違えないでくださいね?



今年は何年かぶりに
おみくじで大吉をひいたので
いい年になると期待したいところです。

ちなみに、
先日やっていたダウンタウンDXの
2019年運勢ランキングでは
48位中18位でした。

https://nowkore.net/archives/41993

しし座×O型
恋愛や遊びでドラマティックで
ワクワクする出来事がありそう。
新しいスポーツや趣味を始める時。


なんか、いい感じかも〜♪

スポーツもやっぱり始める方向で
考えたほうがいいかもしれませんね!

ん…まてよ。

新しいスポーツ…スマブラ?
(スマブラはスポーツです)


とアホなこと言ってますが
長くなったのでこのへんで。

今年も宜しくお願いします〜 ⋆⸜(* '꒳' * )⸝ピョンピョン
# by otawamure | 2019-01-11 12:46 | いろんな事 | Comments(0)

2018年総括

今年も残すところ僅かとなりました。

更新ペースが月1程度になってから
ダラダラやっておりますが、
「最後くらいちゃんと締めないと!」
ということで、
頑張って書いていこうと思います。

長いよ?


さて、まずリアル生活から書きます。

今年も家族全員大病も事故もなく、
平穏な1年でした。

下の子は保育園が変わって少し心配でしたが、
馴染んでくれたようで良かったです。

年明け早々4歳になりますが、
ますます可愛いくてやばいですね!
誰に似たんだか、
夜寝ないのが困ったところですが…

家族そろってメロメロでございます。


上の子は今年は受験の年でしたが、
先日無事に推薦を貰えまして一安心です。

受験というは当然メインは本人ですが、
「受験は家族で挑むものだ」
っていう言葉があるくらい
個人の話ではないので、
親の私達も本当にほっとしています。

面接試験があるのでまだ気を抜けませんが、
面接パスすれば
滑り止めの私立とかも受けなくて済むし、
一般入試より遥かに楽ちんですよね。

3年生になっても成績を落とさず頑張った息子を
本当に褒めてあげたい。

孝行息子め!

進学予定の高校は留年率が高い学校なので
普段から勉強していないとマズイんだけど、
うちの息子は目を離すと
気を抜いちゃうところがあるので
「強制的にやらなきゃいけない環境」なのは
かえって好都合です。

仲が良かった友達と大分離れてしまうし
勉強も今よりずっとしっかりやらなくちゃダメだし、
大変だと思うけど頑張ってほしいです。

学校の勉強もですが、
英検の2級もそろそろ話が来る気がします。

2級取れれば大きいですよね!
英語を使うような職場も視野に入れれるので
こっちも是非頑張って貰いたいところです。


嫁さんとは相変わらずでございます。
あいかわらず日々感謝でございます。



あと今年の大きなニュースとしては
「北海道胆振東部地震」ですね。

地震自体の被害はほとんど無かったんだけど
まる2日にもわたる停電を経験しまして、
私にとっては『地獄』でした。

け、決して!決してゲームが出来なかったとか
そんなことじゃないですよ!?

人って不思議なもんで、
いくらゲーム中毒の私でも、
こういう普通じゃない状況に陥ると、
身体の防衛反応?なのか
遊びたいとか、楽しみたいとか、
そういう欲求って湧かないものです。

とりあえず水は出たので
トイレや食事は良かったですが、
灯りがない。暗い。音がない。
風呂もまともに入れない。

1〜2日くらいなんとでもなりそうじゃん?
と思うかもしれないんですけど、
いつ復旧するんだろ…という不安と
なんで復旧しないんだ!というイライラとで、
精神的に結構なダメージなんですよね…

私は2日もたなくて実家に逃げました。

停電がこんなに辛いなんて
考えもしませんでしたね。

正直、災害に対する備えなんて
全くしてなかったんだけど、
見直すきっかけになりました。

それにしても不幸中の幸いだったのが
冬じゃなかったことですね。

北海道は真冬になると
室温すらマイナスになるほど寒いので
ストーブが使えないとなると
100単位で死者が増えたはず。

ストーブがいらない時期で
本当に良かったです。

災害ってほんと怖いというのを
身をもって体験した2日間でした。



あ、あと今年は久し振りに
家族旅行で東京に行きましたね。

下の子が小さかったのもあるし、
日程も短かったので
お腹いっぱい観光出来た訳じゃないけど
夢だった「東京ゲームショウ」に行けたのは
すごーく大きな出来事です。

「死ぬまでに1回くらい登っておこう」
と思ってたスカイツリーにも登れたし。

ゲームショウもスカイツリーも
関東圏に住んでる人からすれば
「大げさだな〜!」と思うかもしれませんが、
北海道ってもう外国なんですもん。
行くとなると結構な決断なんですよね!

お陰様でいい思い出になりました。
行ってよかった東京観光♪

またどこか行きたいけどお金ない!!


プライベートはこんなものかな。
あっという間に過ぎ去った1年だけど、
思い返せば色々あった1年でした。



次は私といえばコレ。
ゲームの話。

昨年はたくさんのゲームを遊んだけど、
今年は一転、
正月終わってからすぐ始めた「FF14」で、
ほぼ1年が終わりました。

8月に「オクトパストラベラー」に
ちょっとだけ浮気したけど、
それ以外はほぼFF14オンリー。

前にも書きましたが、
毎日インする必要がないので
別ゲーと平行して遊べますし、
長期休止しても復帰しやすい設計なので、
来年以降も、
かなり長い期間遊ぶゲームになりそうです。

プレイ前はけっこう悩んだんですけど、
やってよかったFF14。
友達もたくさんできたしね♪

ということで
今年のゲーム総括はFF14しか書くことなし!

来年はFF14を継続しつつ、
他のゲームでも遊べる余裕もあると思うので、
何か良作が出ればいいな〜と思っています。


ちなみに正月は
FFのせいで全く手つかずだった
「ゼノブレイド2」の追加コンテンツを
総なめしてやる予定です。

そして本編とは別のスピンオフタイトル
「黄金の国イーラ」もあって
正月休みにやるには手頃なボリュームなんですよね。

久々に起動して遊んでますが
面白いですわんゼノブレ。




次に漫画。

ゲームに続き、
私の代名詞になりつつある漫画。

蔵書も700冊近くなり
家が漫画で溢れております。

前回のブログであらかた書いてしまったので
特に書くこともありませんが、
今年一番の収穫は
「SHIORI EXPERIENCE」に出会えたことかな。

他にも何冊か目を付けてるけど、
とりあえず「あさひなぐ」を大人買いしよう。
話はそれからだ。

来年も良作に巡り会えるといいなぁ。

面白い漫画があったら
是非教えてほしいと思いますね!!




最後に映画の話。

今年は息子の英語の勉強を兼ねて
週1回家族で映画を見る日を作って
たくさんの映画を見ました。

家族でこういう時間を持つというのは
いいことですよね。
普段ゲームばっかりしてるので尚更。

来年は息子が高校生になるので
一緒に見てくれなくなるかもしれませんが、
出来れば継続していきたいと思います。

それにしても、
濡れ場のシーンを子供と見るのは
なかなかに気まずい…




ということで今年一年の総括でした。

概ねいい年だったように思います。

息子の受験が最後まで心配だったけど
かなり肩の荷がおりまして、
安心して正月グータラ出来ますわ!



さて来年ですが、前に書いた
引っ越し&リフォームの予定があります。

来年の話題はそこに集中すると思います。

今の時点ではまだ工事に入ってませんが、
早ければ正月明けからスタートします。

どこまで自分の理想に近づけるか判りませんが、
あとから「こうしておけば…」と
なるべく思わないようにしたいですね。

やはり一番楽しみなのは
私の夢空間ゲーム部屋。

ボイチャすらほとんどできない
今の生活から解放されて
伸び伸びとゲームが出来る環境に。

いやぁ、ホント夢が広がりますね!
楽しみ過ぎます!

そして家が無事に完成したら
新しい家族として猫を飼う予定です。

超快適なゲーム部屋と
猫がいる生活。

ヤバイ…
考えただけでよだれが…

この夢のようなマイハウスを夢で終わらないように、
頑張らなきゃ〜!
(といっても出来ることはないけど)

何か進展があれば報告させてもらいます。



ということで今年の総括はおしまい。

今年お世話になった方々

特に震災の時は
たくさん心配のメールをくれて
ほんとに感謝感謝でございます。

ありがとうございました!



来年も是非よろしくお願いしま〜す!
# by otawamure | 2018-12-29 12:43 | いろんな事 | Comments(2)

今年の漫画総括

M-1が終わりました。
優勝は「霜降り明星」でしたね。

霜降り明星のネタはさておき
和牛のネタは
内容が少しダークというかブラックだったので
楽しい漫才を見る感じではなかったし、
ジャルジャルは
元々ある有名なネタをやったので
面白かったけどアウト。

ということで消去法で
霜降り明星の優勝には納得かな。

あ、でもほんとに悪くはなかったとは思う!

ただ一つ思うのは、
ボケのセイヤはあれでいいとして、
ツッコミの粗品くん?
オール巨人が「想像を超えてくる」と褒めてたけど、
どうでしょう?

私からすると全然想像を超えてこないし、
声も低いしキャラも弱いし
かなり力不足だと感じました。

ボケに対してツッコミ続けるという意味では
ハライチと似てると思うけど、
澤部のほうが遥かに面白いと思います。

このコンビがこれから売れていくには
ツッコミのパワーアップが必要不可欠では、と
思いますね。

セイヤはピンでもやってるし、
ほっといても大丈夫な気がしますけどw

ちなみに個人的には
かまいたちが一番良かったかな。
「一番ちゃんとした面白い漫才」
という印象です。

んでビリは圧倒的にトムブラウン。
彼らは無理デス。1㍉も受け付けない。

あ、あとダメだな、と思うのは
和牛の1本目や、ミキのネタ。

和牛は「ゾンビネタ」、
ミキは「ブサイクがジャニーズに応募」
というネタでしたが、
色んな芸人が散々やってきて
手垢つきまくってますやん?

設定がベタなネタをやっちゃうと
熱意というかやる気の部分で
少しマイナスに見えてしまいます。

やはり新しいものが見たいので
誰もやってないような見たこともないような、
難しいかもしれないけど、
そんなネタを作ってきてほしいです。

まぁジャルジャルのように
新しすぎると周りがポカーンですけどねw


とりあえず今年のM-1。
前半はどうなることかと思ったけど
後半盛り返してまずまずの大会だったのでは
ないでしょうかね。

来年も期待しましょう!



さて、がらっと話は変わりますが、
今年も残すところ僅かということで、
年間通してさんざんネタにした
漫画の話の総括を。

今年もたくさんの漫画と出会い
面白い漫画をたくさん読んだり買ったりしましたが、
それらを全て書いてると超長くなってしまうので、
私が今集めている漫画で
連載中のものだけを抜粋してランキングにして、
上位のものだけレビューしてみたいと思います。

では今年の漫画総括っ!!


■(10位)あさひなぐ

( )としたのは、
私がまだこのコミックを
買うに至ってないからです。

いきなりルール違反ですが、
書かずにはいられないほどの面白さなので。

正直もっと上の順位に食い込めるのですが
「買ってない」ということで
ひとまず10位としました。

「なぎなた」という
超マイナースポーツにスポットをあてて、
これだけ面白いのはすごいと思う。

主人公の旭ちゃんが
けなげで応援したくなります。

旭以外にも同じなぎなた部の仲間や、
敵もすごく個性があってかなりいい感じ。

今の青春スポーツ漫画の
筆頭となる漫画だと思いますね。

全巻購入ロックオンしております。



■9位 テラフォーマーズ

急激に話題が集まり、実写化もされて、
そして、しぼんだ感があるこの漫画ですが…

いやいやいやいや。

しぼんだ感は多少否めませんが
今でも十分に面白いです。

いろんな生物の能力を有した人間と
ゴキブリ(と一部悪い人間)との戦いを描く
SFバトル漫画。

最初は「どの生物が一番強いんだ!!」みたいに
子供のような純粋な気持ちで読んでたけど、
結局「再生出来る生物」が最強ということみたい。

まぁね、そりゃそうでしょうよって感じだけど
もうちょっと他の生物にも可能性が欲しいところ。

これは少し残念だったかな。

でもね、
結構いろんなアイディア出して頑張ってるので、
まだまだ楽しませてもらいます!



■8位 ヲタクに恋は難しい

今やアニメ化までしている
ピクシブ発の大人気漫画ですね。

1話完結で短いので
サクサク読んでいける点は
当初から変わらず◎

主要4人のかけあいがとにかく面白いし、
ゲームのネタも多いので共感度も高い。
(コスプレ・同人・BLは範囲外だけど)

絵も上手だし文句なしの順位ですね!

pixivの漫画では今のところ1番好きですが、
「次にくる漫画ランキング」で1位になった
「先輩がうざい後輩の話」がかなり面白いので
pixiv ヲタ恋vs先輩がうざい戦争勃発です。
(私の中で勝手に)



■7位 ワンパンマン

当初から一貫して
主人公サイタマの一強。

どうせ1撃で死ぬだろう敵を
掘り下げるだけ掘り下げ、
サイタマ以外のヒーローが苦戦したりする中、
結局最後はサイタマのワンパン。

もうこの繰り返しと言えなくもないんだけど、
見せ方が上手くて全然飽きません。

ほんと
「どうせワンパンなんだろ」
という前提がありながら、
よくまぁこれだけ続刊できたものです。

天才かよ!!

絵は私の持っている漫画の中でも
最高クラスに上手いですね。
絵を見るだけでも価値あり。



■6位 銀の匙

農業高校が舞台という
いままでなかった(と思う)珍しい内容で、
映画化もされて人気もかなりありましたが、
作者の荒川さんが家族の介護のため
長い休載に入ってます。

その休載の長さは、
かの「HUNTER×HUNTER」を凌ぐほどで
@1巻で完結しそうなだけに
非常にやきもきとさせられます。

ただ介護ということで
「HUNTER×HUNTER」より同情の余地があるので
6位にしました。

荒川さん、
介護中にほんとに申し訳ないのですが、
他の作品を止めてでも、
(アルスラーン戦記・百姓貴族)
まずこちらを完結してほしい…

超面白い作品なだけに
この休載はほんと勿体ないですね。
仕方がないとはいえ…ね…


■5位 3月のライオン

若くして将棋の才能あふれる主人公の零と、
隣町に住む3姉妹が織り成す人間ドラマ。

すごく温かくて優しい空気を纏った漫画で
ほっこりさせられますが、
こちらも銀の匙同様に休載を繰り返し
コミックが1年1回出るかどうかという
ペースの遅さが大ネック。

内容がすこぶる面白いだけにほんとに勿体ない…

作者の羽海野チカさんが
SNSによる誹謗中傷に心を痛めて
執筆が遅れているようなのですが、
そんなもの無視して我が道を行って欲しい。

今月ようやく最新刊が出るということで
すごく楽しみです!



■4位 SHIORI EXPERIENCE

今年から買い始めた漫画の中で
一番の当たりだったのがコレ。

ギターの神様、ジミヘンの霊に取り憑かれた
地味で変(じみへん)な教師のシオリ。

27歳までに伝説を作らないと死んでしまう、
という呪いにかけられ
学生自体にかじっていたギターを手に取り
いざ伝説を作る!

という話。

こうやって見ると
おちゃらけたつまんなそうな内容に見えますが
いやいやいや、非常にストイックで
真摯に音楽にぶつかっていく
超マジメな音楽漫画です。

圧巻なのはとにかく表現力。

ミスター味っ子のような
超誇張表現でがんがんド迫力のシーンを
演出してきます。

正直面白いのはメンバーが揃ってからなので
1〜3巻はあまり面白いと言えませんが、
4巻以降の面白さは保証します!

まだ未読の方は是非、
EXPERIENCE(体験)してください。




■3位 ゴールデンカムイ

アイヌの隠し財宝を巡って繰り広げられる
冒険活劇&グルメの大人気漫画ですね。

相変わらず面白いんですけど、
少し前まで下ネタの度がすぎるということで
私の中で少し評価を下げてましたが、
最近落ち着きを取り戻してきました。

この漫画にはギャグも下ネタも必要ですが
あまり下品になりすぎないように、と
そこだけが心配ですねw

展開が早くてテンポもいいし、
間違いなくハイレベルな漫画なので
適度に遊びつつ(遊びすぎないように)
頑張っていただきたい!

ちなみに前も描いた気がしますが
アニメ版の声優がめちゃめちゃ合ってるので
アニメのほうもオススメ。



■2位 アオアシ

主人公がDF(サイドバック)という
めずらしいサッカー漫画。

常人では考えられないほどの広い視野を持つ
主人公葦人(アシト)が
葛藤し苦悩し学びながら成長していく。

この漫画の見所はなんといっても
葦人が覚醒する回。

チームメイトや監督すらも言葉を失う
常軌を逸した覚醒を遂げる回は
ほんとに鳥肌が止まりません!

サッカーのことをよくわかってなくても
全然楽しめる解説の上手さも◎

私が読んできた色んなサッカー漫画の中で
ダントツで最高傑作だと思います。



■1位 キングダム

ご存知、戦争漫画の金字塔。

52巻まできた今も、
未だに熱量が全く落ちない、
驚異の漫画です。

どの話を読んでも面白い。
どの巻を取っても面白い。
戦争以外のシーンすらも面白い。

最近は画力も以前に比べたら格段に上がり、
もはやほぼ隙が見あたらないこの漫画。

怖いのは最近よくよく見かける
「休載」くらいですが、
史実に沿って描いてるというところが
大きいのではないでしょうか。

元ネタがあるので、
ネームが決まらなくて悩んだりということも
他の作品より少ないでしょうし、
読者からブーブー言われても
「面白くないって言われても史実の通りだし」
と言っちゃえますしね。

編集部が口を挟みにくいというのも
好材料だと思います。
史実をねじ曲げるようなことは出来ないし、
ましてや中国の話ですからね。
改変なんてしたら何言われるか判らないので
なるべく忠実に再現してると思う。

これらはあくまで私の想像ですが
環境的にも非常に良さそうですし、
終了予定の100巻まで休載なく
突っ走ってくれると信じてます。

まだ半分なので時期尚早ですが、
私の中で歴代1位の大作になるのは
ほぼ間違いないと思いますね。

まだ読んでない方がもし居たら
一刻も早く読むことをオススメします。
(最初の数巻は絵がドヘタなので我慢してね!)


ということで、
10作厳選して総括レビューしてみました。

今年はこの10作を厳選しましたが、
不動はキングダムくらいで、
来年は順位がガラッと変わってる可能性があります。
それくらいレベルが高い漫画がたくさん!

来年もいろんな漫画を読んで
面白い漫画を発掘したいと思うので
皆さんも面白い漫画があれば教えてください!

でわでわぁ〜!



# by otawamure | 2018-12-04 08:27 | 漫画 | Comments(0)

退路を断つために

ええと、まだ時期尚早なのですが、
こういうのはどんどん発信して、
退路を断った方がいい気がしてるので、
思い切って書いてみたいと思います。

人生の1つの分岐になるかもしれない
出来事です。

といっても深刻な話ではないんですけどw


実はですね、
「一軒家」をいただくことになりそうなんです。

いただく、というとちょっと違うかもしれないんですが、
ちょっと説明させてもらいます。


嫁さんの叔父さんにあたる人からいただいた話なんですけど、
叔父さんの実家が函館にあるのですが、
その家に住んでいた叔父さんのお母さんが
数年前に亡くなってしまって
現在空家になってしまっているのです。

当然その家は叔父さんからすれば実家なので、
幼少期に過ごした家なのですが
すごく思い入れがあるらしく、
人に貸したり、売ったりするのは嫌だし、
だからといって取り壊すのも嫌。

だけど叔父さんは別に自分たちの家があるし、
叔父さんの子どもさんも一人立ちしていているので
その家には住めない。

で、どうしようか、となったときに
叔父さんはもちろん、
叔父さんのお母さんとも生前親しくさせて貰っていた
私たちに是非住んでもらえないかと。

その場所に形として残っていて、
見知った人が住んでくれればそれで満足らしく
リフォームは自由にしていい、
若い夫婦の好みに合わせて
好きなようにいじっていいと。

そしてリフォームにかかるお金は
叔父さんのほうで持ってくれる。

話だけ聞くと
「そんな都合のいい話…」
となるところなんですが、
叔父さんからすれば、
仕事も引退して、子ども達も手が離れて、
悠々自適の今、
その家のことが唯一の気がかりらしくて、
家のことが解決出来るならお金に糸目は付けない、
というレベルらしいんですよね。

数百万はかかるだろうリフォーム代も
家賃もいらないというんだから、
私達からすれば
まさに夢のような話なんですけど、
即答出来るほど簡単な問題ではないわけです。

単純に、条件が良すぎて申し訳なさすぎるし、
リフォーム代は払って貰えるにしても、
今住んでるアパートから
一軒家に引っ越すとなると、
一軒家に見合った家具や家電を揃えなきゃならず、
車ももう1台必要になるし、
駐車場(会社の近くに)も借りなきゃならない。
そうなるとそれなり大きい出費もします。

私が一軒家よりマンション派というのも
(掃除や雪かきなどが面倒なので…)
悩ましいところです。


ただし、
メリットのほうがはるかにデカイのは
間違いない。

最初は大きな出費になるかもしれませんが
後々に必ずプラスになります。

それに、
私の今住んでいる家が20年借り上げという条件なので、
@何年かしたら引っ越しを余儀なくされます。

今の私の家は市営住宅なので
家賃が激安なのですが、
引っ越すとなると家賃が倍近くなるので、
悩みの種だったんですが、
それも解消されます。

引っ越しを考えなくても、
家の心配がなくなるというのは
ものすごいメリットです。

会社が遠くなってしまいますが、
今住んでいる地域より商業施設が多いので
今より遥かに便利です。

そして来年高校に入る息子も
自転車通学圏内。

息子にしても一軒家は願ったり叶ったりで、
広い家だと友達も呼びやすいし、
仮に彼女が出来ても
今の家だと居間と部屋が扉一枚しか隔ててないので
イチャイチャなんて出来ないですからね。

高校で交友関係がガラッと変わるタイミングで
広い部屋を持てるのは喜ばしいでしょう。


ということで色々協議した結果、
この話をお受けする方向で
話を進めることになりました。

リフォームは大工である
私の父に頼むので、
話し合いもスムーズだし、
希望も伝えやすいし、
お金も相当安く上がります。
(普通のリフォーム会社の半値近い)

こんな夢のような話が
あっていいのでしょうかね。

死ぬんじゃないかな私。


ということで、
今、家具選びとか内装どうするかとか
我が家では話題が尽きません。

リフォームのイベントなどにも参加して、
今、勉強中です。


そして何より楽しみなのが、
3〜4畳ある土間を潰して
私のプライベートスペースを作れそうなんです。

狭い空間に大量の漫画と、
ゲームに没入出来る空間。

漫画喫茶の個室のような。
秘密基地のような。

ゲーミングチェアと、
小さな冷蔵庫を置いて、
手の届く範囲でゲームをやるのも
漫画を読むのも飲み物を取るのも
全て用が足りるという、
私の中で究極の空間。

ダメ人間製造部屋。

これが実現出来るかもしれない。

や、ややや、やべぇ…
想像しただけで震える…







c0141712_12052292.jpeg















(イメージ)


今の家なんて狭すぎて
ボイチャも満足に出来ないような環境ですからね。

想像しただけで
テンション上がりすぎて吐きそうです。


まだ100%確定ではないのですが、
95%くらいは話がまとまっています。

親父がほとんど一人で作業するので
相当時間がかかると思いますが、
順調にいけば、来年の夏頃には
私はダメ人間になっているかもしれません。

さて…この嘘のような話。

順調にこの話が進むのか。
私は運を使いすぎて死なないのか。


だ、だいじょうぶかな…?


PS
ちなみに、家の場所が
スタさん家のかなり近所なんです。

もし実現したら、
夜食ラーメンのお誘い、
お待ちしております!!
# by otawamure | 2018-11-19 12:26 | 生活のコト | Comments(2)

ゲーム模索中

さて、気づけば11月が目の前ですね。
今年1年がほぼFFオンリーで過ぎ去りそうな勢いです。

そんなFFですが、
また少し余裕が出てきたので
別なゲームがないか模索中です。


「ん?FF14飽きたの?」
ということでは全然ありません。

というのもFF14というゲーム。
プレイスタイルによっては
毎日インする必要がないゲームなんです。

なぜなら「日課」がほとんど無いから。

まず日課といえば金策だと思うのですが、
FF14というゲームは
お金がほとんど必要ないゲームなので、
ここに時間を割く必要はありません。

普通に生活していて
「お金足りない」という事態には
まずなりません。


そして、FF14が
FF11やDQ10と違うのは、
ジョブのシステム。

DQは「パッシブスキル」のために、
いろんな職業のLVを上げる必要がありました。

FF11もサポートジョブのシステムがありましたし、
「スキル」の問題もありましたよね。
(各種武器スキルや、回避・受け流しスキルなど)


しかし、FF14はこれらが全くないので、
1職だけ上げていれば全然オッケーなんです。

それでも「それじゃつまらない」ということで
色んなジョブを上げるプレイヤーがほとんどですが、
必死こいて上げる必要性がないということ。
1職だけしか上げてないプレイヤーも大勢います。

私はもう少しでアタッカー職が全てカンストするので
そうなったらLV上げも卒業予定です。
(保険でヒーラー1職カンストしてますし)

そうなると、
このゲームで唯一と言っていい日課要素である、
1日1回大量の経験値ボーナスが入る
DQでいう「魔法の迷宮」に当たるダンジョンにも
行かなくて済みます。

こうなると、毎日インして遊ぶ理由もない。


じゃあどうやって遊んでるの?
ということですが、
FF14が忙しいのは「火曜日」なんです。

FF14において火曜日というのは「リセット日」。

最強クラスの装備が貰える難関コンテンツは
週1回限定でしか装備を貰えないのですが、
(もちろん勝てれば〜だけど)
これがリセットされるのが火曜日。

その他、
ダンジョンなどに行くと貰える
強い装備と交換出来る
「トークン」というものがあるんだけど、
このトークンも1週間で溜められる上限が
決まっています。

この上限リセット日も同じく火曜日。


「難関コンテンツへの挑戦」と
「トークン集め」。

この2つがインする主な目的なんだけど、
「難関コンテンツ」は
火曜日に勝てればその日で終わり。
「トークン集め」は3〜4日で終わります。

これらが終わってしまえば極端な話、
インする必要がないんですよね。

それこそ全然必要ない金策をしたり、
自己満足で色んなジョブのLV上げをしない限りは。

日課がない=やらされてる感がないので、
すごく上手いこと設計されてるな、と思います。


ということで、
説明が長くなってしまいましたが、
毎日どっぷりとインしなくても
「質」を落とさず遊べるのがFF14。

なので、
他の(軽めな)ゲームも平行してやろうかな、
と思っています。

無理してインしても
飽きるのを早めるだけですしね。
気分転換は必要かな、と♪


みなさんの多くが遊んでいる
「スプラトゥーン」は
内容的にも気軽に出来るし最高なのですが、
前作からぶっ通しで1年近く遊んだので、
今さら気合いを入れ直しては遊べません。
少額ですが課金制になりましたしね。
(まぁオンゲーはほぼ課金必要でしょうけど)

12月に出る「スマッシュブラザーズ」は
内容的にはちょうど良さそうですが、
全くやったことがないですし、
内容から察するに
「子ども向け」なイメージもあるので
あまり食指が動きません。

世間的には「フォートナイト」とか
流行ってるんでしたっけ?

でもさっきの話と矛盾しますが、
FPS系はスプラトゥーンで良いかな、
とも思っちゃうんですよね。

というか洋ゲーがあまり好きではないので、
洋ゲーにはいかないかな。

「こういう時こそソシャゲ!」
なのかもですが、それも抵抗あります。
(めっちゃめんどくさい人間)


ということで、
何か丁度いいゲームないかなぁと
模索中です。

年末も近いですし、
何かいいゲームが出ることを
祈っておりまする。

あくまでメインがFFなので
片手間になってしまいますが、
フレンドのみなさんとご一緒出来れば
ベストなんですけどね〜!

そんな都合のいいゲーム、出ないかな…w

# by otawamure | 2018-10-24 12:47 | 他のゲーム | Comments(0)

東京旅行

もうだいぶ経ってしまいましたが、
9月の22〜24日の連休を利用して、
関東方面へ旅行に行って来ました♪

先の震災の影響で振替の出勤日だったんですけど、
もう飛行機も宿も押さえてしまっていたので
有給扱いにしてもらって、
会社のことなど忘れてエンジョイしてきました。

3歳の下の子がすっごい甘えん坊で、
抱っこ抱っこの嵐できっつかったんだけど、
楽しかったですよ〜!


さて、まず初日です。

飛行機は初めて利用するLCC。
到着空港が羽田ではなく成田なのがネックですが、
片道6000円と非常に安いので
ためしに利用してみることにしました。

噂には聞いてましたが、
機内がせまくて窮屈ではあるものの、
私の住む函館から出発すると
羽田行きより10〜15分ほどフライト時間が短いし
全然我慢出来るレベルでした。

着いて都心までバスか電車で向かいますが、
成田から都心まで1時間以上かかります。

ここがLCCの最大の欠点でしょうかね。
これを我慢出来るなら
LCCという選択肢は
悪くはないんじゃないでしょうかね!


で、まず成田から
「東京スカイツリー」へ行きました。

近くで見たことはあったんだけど、
直下で見ると迫力がすっごいですね〜!

実際にのぼってみたんですが、
まずチケットを買うのに並ぶ並ぶ。

さすが3連休。すっごい人の数。

これはスカイツリーに限らず他の所もそうですが、
こういう入場券とかは、
事前にゲットしておきましょうね。

当日券は、どこもかなり並ぶので…


で、のぼってみた感想ですが、
やっぱりすごいですね!大パノラマ!

そしてさらに上のなんちゃら回廊?
にものぼったんですけど、
スカイツリーに登るなら、
是非こちらも行ったほうがいいかなと
思いました。(追加で1000円かかるけど)

やっぱり100m上がると景色も違うし、
エレベーターがスケルトンで面白いですよ〜!

下手したらもう一生登らないので
いい記念になりました〜♪

ということでスカイツリーレポ終わり。


次に行ったのは宿をはさんで、
日本橋にある「金魚展」です。

少し話題になったのでご存知の方も
いらっしゃるかと思うんですけど、
大量の金魚を色んな見せ方で
楽しませてくれるという催しで、
私、これすっごく見たかったんですよね。

実際に見てみたらめっちゃよかったです!
ものすごく幻想的で感動〜!

これはほんとに行って良かったですね!
大満足でしたよ♪


んで宿に帰って1日目終了なんですけど、
実は元気があったら私一人宿を抜け出して
三茶にある「ペルソナ5の聖地巡礼」してくる
予定だったんですけど、
ヘットヘトになりすぎて行けませんでした。

体力がない自分を恨む…


翌日、この日がメインイベントでして、
朝から向かったのは幕張メッセ。

そう、TGS(東京ゲームショウ2018)です。

私、死ぬまで1回見たいと思ってたんですけど
(大げさだけどw)
数十年の時を経て、やっと念願叶って行けました。

というか、実を言いますと、
当初の計画に全くなかったんですよねこれ。

旅行に行く前日にニュースで特集してて、
ほんとにたまたま旅行に行く日程に
バッチリ当たったんです。超偶然に。

運命を感じた (✽´ཫ`✽)

本当はこの日は
終日ディズニーリゾート予定だったんだけど、
嫁さんに頼んで半日貰って
急遽予定を変更して行かせてもらうことに。

ということでいざ会場である幕張メッセへ。

まず東京駅まで向かって、
そこから京葉線に乗ったんですけど、
京葉線ってめっちゃ混むじゃないですか。

なんたってディズニーリゾートがある
舞浜駅を通るんですからね。

でも私はTGSを甘く見てましたね。
舞浜駅に着いたら
ほとんどの人が降りるだろうと思ったら、
降りたのは半分ほど。

残りはほぼ幕張駅でした。

あとで見たニュースによると
入場者数が29万人で歴代最高だったとか。

これ、もしかしてディズニー超えてる…?

もうね、駅から幕張メッセまでの道のりは
人で埋め尽くされてます。

まさかこれほどとはね!
さすが世界規模のイベントですね!


で、スカイツリーの時にも書いたけど、
当日券を買うのにめっちゃ並ぶ。

そしてたぶんなんだけど、
入場者を分散させるために、
いいチケット(?)の人と、一般入場者で
入り口が違うんですよ。

いいチケットの人は正面(南側)から
すぐ入場出来るっぽいんだけど、
一般入場者はぐる〜っと回って
北側から入場になるんですよね。

ぐる〜っとって簡単に言いますけど、
幕張メッセってめっちゃでかいので
かなり歩かされます。

時間的なロスもだし、
単純にめちゃ面倒くさいし疲れるので、
もしまた行く機会があるなら
もっといいチケット用意しとこうと思いました。


さて、入場しましたが、
前日急遽決まったので予習もほぼしてなくて
しかも時間が半日もないということで、
とにかく質より量!!

体験型のブースやソシャゲのブースは
完全にスルーして、
とりあえずめぼしいところを見て回りました。

スクエニ、アトラス、カプコンあたりを
メインで見たかな。

各ブース、プロデューサーや声優などが
壇上でしゃべってましたが、
私、こういうのにも全然疎いのでパス。

あとは、eスポの会場をちらっと拝見。
ストVやってたんだけど、
めっちゃ盛り上がってましたね。

出来れば鉄拳見たかったけど残念!


1時間ほどでひととおり見てから、
次は物販を見に行きました。

※混雑を分散させるため、
各社の展示ブースと物販のブースは離れてる。

記念になにかしら買って来ようと思ったんだけど
どこもかしこも行列がひっどい。

商品まで辿り着くまで
1時間以上待ちとかザラで断念。

これ、丸1日いないと
とてもじゃないけど無理ですね。

結局ただ居ただけみたいになっちゃったけど、
ゲーマーの聖地といっていい場所なので、
行けただけで大満足ですわん♪

興味がないのについてきてくれた
嫁さんには感謝デス。


とりあえず、もし次行くことがあれば
・チケットは前もっていいのゲットしておく。
・物販は並ぶし人気商品は売り切れるので
 展示ブースを回るより先に見る。

こんなところかな。
あ、あと会場は熱気がすごいので
タオルとうちわあったほうがいいヨ。
(うちわは会場で配るかも)


たいしたレポートにならずさーせん!


で、TGSは予定通り昼前で切り上げて、
当初終日の予定だったディズニーリゾートへ。

こっちが家族的には本命ですね!

で、舞浜についたんだけど、
ここで非常事態が発生。

なんと入場者が多すぎて入場規制してるって。
しかも午後6時まで。ランドもシーもどっちも。

これ、要は「今日はもう諦めてください」
ってことね?


がーーーーーーーーーん。

TGS見てるからやーん!!
とは言われなかったけど
ちょっと後ろめたい私…

とりあえず文句を言ってもどうにもならんので、
入場口前にあるお土産屋さんでお土産を買って
(入園してないので結構せつない…)
移動することになりましたが、
半日まるまるのスケジュールがあいても
土地勘もないのでどうしていいかわかりません。

困った時のスマホ頼みということで
いろいろ調べたら、
隣の駅の「葛西臨海公園」に
水族館とか日本最大級(らしい)観覧車とか
子供が遊べるようなところが色々あるみたいなので
そこに行くことにしました。

ディズニーリゾートほどでは決してないけど、
結構楽しかったですよ?

私、水族館大好きだしね!

ただ観覧車待ち過ぎぃ…


そうこうしてるうちに夕方になったので
宿に向かいました。

次の日の帰りの飛行機が朝イチの便だったので、
(函館成田間のLCCは朝イチの便しかない)
成田空港近くの宿へ。

もうヘットヘトで足もかなり痛かったので
早く寝ました。
空港近くなので周りになんにもないしね。

疲れすぎたためか、
夜中に金縛り?になったんだけど
(霊的なアレじゃないと信じたい…)
それはさておき、
予定通り次の日の朝の便で帰省して
無事家に帰ってこれました。


ということで、
久々の家族旅行となる
東京ツアーでした。

ディズニーリゾートがかなり痛かったけど
充分楽しめましたよ!

私個人的にはTGSに行けただけで
十二分に満足ですわ!


あ、あとあれですね、
普段全然活用してないけど、
スマホがあれば土地勘ないところの旅行も
全く怖くないですね!

スマホってすげぇ←超いまさら



PS
最後に写真をちらっと。

c0141712_12254624.jpg

c0141712_12262270.jpg

c0141712_12265440.jpg

c0141712_12272046.jpg

c0141712_12273768.jpg

# by otawamure | 2018-10-04 12:24 | Comments(2)

地震がありました

6日の夜中、北海道で地震がありました。

私の住んでいる函館は震度5弱。

正直揺れ自体は全然たいしたことがなく、
飾ってあるワンピースのフィギュアが
1体落ちただけでした。

この日、3時近くまでFFで遊んでいたので
ほとんど寝てなくて、
地震もすぐおさまったので寝ようとしましたが、
次の瞬間停電に。

停電なんていつぶりだろう。

久々の停電で不安にもなりましたが、
眠気に負けてそのまま寝ました。

どうせ朝には復旧しているだろうと。


朝、起きてみたらまだ停電。
ご飯が食べられません。

平日だったので当然仕事があるわけですが、
職場は私が住んでいる所からほど近いので
当然会社も停電だろうと。

どうせ今日は休みだろうと思いつつ、
念のため出社してみることにしました。

普段は自転車で通勤なのですが、
すぐ解散になるのが目に見えていたので
車で向かってみたんですが、
停電なので当然信号も消えていたので
運転が怖かったです。

会社についたら当然ながら停電で
仕事にならないのですぐ解散。

このあたりからようやく事の重大さに気付き←遅い
長期停電に備えて色々確保しておかなきゃならないものを
考え出しました。


まず食糧ですが、
家がオール電化で料理が出来ないので、
カップラーメンが必要。
幸い断水してないので
お湯はカセットコンロでなんとかなります。
あとはケータイの充電と車のガソリンです。

これらを求めてコンビニに行ったら、
当然停電でまっくら。
それでも商魂たくましいというか
営業はしていました。

カップラーメンのコーナーをみたら
少ないながらもまだ売っていたので複数購入し、
日保ちするおかしも購入。

そして車でケータイを充電出来る
充電器も売っていたので購入しました。
(午後くらいにはほぼ売り切れでした)

ちなみに停電でレジが止まっているので
会計は電卓でした。

次にガソリンですが、
停電の状態では給油が出来ないので、
ほとんどの店が閉まっていました。

一部のスタンドでは手動で給油出来る設備があって、
開店していたようでしたが
3時間以上待ったようです。

ただ数量に限りがあって、
2時間待ったあげく売り切れ、とかもあったらしいので、
たまたまガソリン残量に余裕があったのは幸いでした。

そしてカセットコンロのガスと、ローソク。
ローソクは手にすぐ入れられましたが、
ガスは時すでに遅しで、
朝早くにすぐ売り切れたようです。
(電池もすぐ売り切れたみたい)

ガスは予備タンクが1つしかなかったので
火は慎重に使いました。


電気がない状態で1日目の夜。

この日は天気が良かったので
6時くらいまでは明るかったのですが、
7時ともなると真っ暗。

ということでローソクで過ごしました。

ベランダに出ると当然ながら真っ暗で
星が綺麗に見えました。

下の子が慣れない状況と暗い室内で
怖がるかな、と思ったんですけど、
ローソクの火を見て
「ハッピバースデーハッピバースデー」
と騒いでいて、逆にテンションが高かったのが
幸いでした。

子どもの手前、平静を装ってはいますが、
本音は少し参ってしまっているので、
ここで子どもに泣かれてしまうと
結構メンタルに響くので本当に良かったです。

家電製品が軒並み動かない中、
上の子が学校の技術の授業で作ってきた
手動充電式のラジオが大活躍しました。

あれは本当に便利ですね。
ラジオは貴重な情報源ですし、
場の空気も軽くなるのでかなり助かりました。


とにかく停電しているとなーんにも出来ない、
というのを思い知らされる夜となりました。

料理はカセットコンロでなんとかなりましたが、
真っ暗で風呂にも入れず、
ローソクの灯りでは本も読めません。

充電が残っていたニンテンドーSwitchを
少しやりましたが、
この状況でゲームをやる気力はさすがにないので
すぐ辞めました。

ケータイの充電は車で出来るものの、
エンジンを掛けるとガソリン残量も気になりますし、
回線が非常に不安定で、
LINEもほとんど機能しませんでした。
電話も無理でした。

ということでやることもないので、
10時にはみんなで就寝。

朝には復帰してるだろうという淡い期待で寝ましたが、
翌朝も復旧ならずでした。

1つ上の道路とかは電気が来ているのに
なぜかうちのブロックは復旧しません。

後に聞いた話によると、
病院などの重要施設があるところから
優先的に電気を回すようで、
なんの重要施設もない私の地域は
後回しになったそうです。


さて、
この日も平日だったので会社へ行きましたが、
会社もまだ停電していたためお昼で解散でした。

明日の土日含め思いがけない4連休は嬉しかったけど、
電気がないと何もできません。

昼寝したり漫画読んだり
買い出しに街へ出たりして過ごし、
2日目の夜へ。

この時点で市内の半分以上は復旧していたのですが
うちの地域は未だ停電中でした。

2日目のローソク生活が目前に迫った頃、
ケータイがまともに機能してきていたので
車で1時間ほどのところに住んでいる実家に
状況確認をするべく電話してみると
電気が復旧しているということで、
避難することにしました。

信号が止まっているところもある中で、
1時間の運転は少しつらいですが、
2日連続ローソク生活よりはマシです。

帰る途中、
早々に復旧してギラギラに光を放つパチンコ屋に
殺意を覚えつつ、
無事に実家に到着しました。

いやぁ、電気のある生活って素晴らしい!!

久々の冷たい飲み物と
温かい風呂は生き返るようでした。

10時頃まで2日ぶりのTVを堪能していたら
同じアパートに住む友人から
「午後9時半に復旧した」という報告を受けました。

他の地区より大分遅れての復旧に憤りを覚えましたが、
(早く復旧したところと比べると1日半以上も遅い)
とりあえずほっと一安心。

この日は安心からかぐっすり寝て、
翌朝にアパートに戻りました。


こんな感じで今に至る訳ですが、
電気がある生活というのは
ほんとうに素晴らしいと思いました。

電気がないと地獄ですね。
不便なのももちろんそうですが、暇で。

暇で暇で暇で暇で死にそうでした。

こんな悠長なことを言ってられるのも
地震の被害がほとんどなくて、
津波の心配などもなかったからなんですが、
とにかくつらい2日間でした。


地震から5日目の今日。

コンビニやスーパーは開いていますが、
肉や牛乳などが品薄で手に入りづらいものの、
飲食店もぼちぼち営業再開してますし、
あと数日もすれば元通りになるかと思います。

余震は
私、地震の耐性が強いのか、
少しの揺れ程度ではピクリともしないので
全然平気ですが、
大きいのだけこなきゃいいなと思います。


とりあえず今まで生きてきて初めての経験だったので
すごく戸惑いましたが、色々教訓ができました。

まず早く動くこと。
地震後、停電しても睡魔に負けて寝ちゃいましたが、
早く行動しないと物が手に入りません。

食糧やケータイの充電器は
遅めに(午前9時頃)買いに行った割に
運良く手に入りましたが、
手に入ってなかったら状況が違ったと思います。

ガソリンなども込むのを見越して
早く入れれていれば、
残量を気にして過ごす必要もなかったでしょう。

とにかく早く動くことは大事なことですね。


あとは日頃の備え。

今回は息子が作ったラジオが
偶然にも大活躍しましたが、
カセットコンロの予備や電池などは
日頃から備えておくべきですね。

懐中電灯すら無かったので
非常に困りました。

前までは甘くみて何一つ備えてなかったけど、
実際に被災してみると
備えって大事だなと気づかされました。

私の地域は全然田舎なので、
物を手に入れるにしても競争率が低いですが、
都会だとほんとに一瞬で何もかも無くなるでしょう。

みなさんも備えはしておいがほうが
良いと思いますよ!


とりあえずもう停電はこりごり。
ローソクの火がトラウマになりそうです…

地震って怖いですねっ!!



最後に、
心配してメールやラインをくれた皆様、
本当にありがとうございました!!
# by otawamure | 2018-09-10 13:54 | 生活のコト | Comments(2)

今年も無事お盆が終わりました

地獄のお盆週間も終わり日常が戻りつつあります。

今年のお盆週間も例年同様しんどくて、
毎日のように3時近くまで(1日徹夜した)
遊んでました。

仕事がなきゃまだ余裕なんだけどね…

もう40歳手前なので
さすがに体力的にしんどくなってきましたが、
学生の頃のように毎日遊べる友達というのは
ものすごく貴重だと思うので、
これからも大事にしていきたい時間です。

ちなみに今年はクソゲーのネタがなく、
Switchの『Nine Parchments』なるアクションRPGと、
『1・2 Switch』で主に遊んでました。

私としてはクソゲーやるよりは楽しめましたが
「お盆はクソゲー」というのが染みついてしまってるので
ちょっと物足りなさもあったようななかったような…

来年はどうなるかわからないけど、
とりあえず寝不足と疲労困憊で
倒れないようにしよう…本気で危ない…



さて、オクトパストラベラーと、お盆週間で、
約1ヵ月にわたり休止していたFF14をまた再開します。

休止中にバージョンアップも行われ、
色々ウラシマ状態になってますので
また頑張っていきます!

来月にはまたバージョンアップが入り、
私の大好きなバトルコンテンツも来ます。

ボイチャを使って連携を取りながら
戦う超強敵戦は超絶楽しいので
いまからめっちゃwktkです♪

とりあえずそれまでになまった腕を
なんとか戻さないと…

ということで、FF14 第2章。
いざ、開幕っ!!



一方、FF休止期間に少しだけ復帰していた
スプラトゥーンが、
来月(9月)から月額制になるということもあり
また休止に入ります。

FFが飽きれば復帰もあり得ますが、
飽きなければこのまま引退になるかと思います。

金額自体は非常に良心的な価格なので(月300円)
全く問題ないんだけど、
チャージするのが面倒なので、
少なくともFF14が飽きるまでは
プレイしないと思われます。

ブランクはあったけど、以外と早く感覚も戻り、
未プレイだったガチアサリもプレイできたので
楽しかったです。

さすがスプラは神ゲーですね♪

4人固定の中に飛び込んでしまったので
少し迷惑をかけたこともあるかもしれませんが、
続けるみなさんは頑張って
リグマ高ランクを目指してください!

影ながら応援してま〜す。
# by otawamure | 2018-08-20 12:41 | いろんな事 | Comments(2)

懐古厨ですので

先日〜といっても少し経ちましたが、
奥さんが誕生日プレゼントに何か買ってくれる
ということで、悩んだ末に、
ゲームソフトを買って貰いました。

タイトルは「オクトパストラベラー」。

このソフトは今のご時世めずらしく、
昔ながらのドット絵調で作られていて、
ターゲットが「FC・SFC世代」だと思われます。

当然私はストライクど真ん中なので
注目はしてたんですけど、
FF14プレイ中なのと、
スプラトゥーンも若干復帰気味だったので…

「やる暇がないっ!」

と、泣く泣くスルー予定だったんですが、
ちょうどFF14が
バージョンアップ前の谷間の時期だったので
やってみることにしました。


ということでプレイした感想ですが、
このゲームは、SFC版ロマサガをベースに、
過去のいろんなRPGのシステムを
踏襲したようなゲームになってます。

グラフィックは背景などは綺麗ですが、
基本的にドット絵だし、
システムやBGMも昔のRPGっぽく作られています。

これは私としては非常に好感が持てます。

ちなみにレビューを見ると
「ブレイブリーデフォルトに似てる」
って声がけっこうありますが、
未プレイなのでわかりませぬ…。



さて、このゲームはフリーシナリオとなっていて、
自由度が非常に高いです。

8人のキャラクターから一人を選んでゲームを開始し、
途中で最初に選ばなかった7人を仲間に出来ます。

パーティの入れ替えは町で自由に行えます。

どのキャラクターもクセがなく、
メインジョブの他に好きなサブジョブを付けれるので
どういうパーティにするかはプレイヤーの自由です。

マップも最初からある程度どこにでもいけます。
当然先に進みすぎると敵が強すぎて死にますが。

とにかく自由度が高いゲームです。

ちなみに、RPGのお馴染み要素である、
「裏ボス」「裏ダンジョン」「隠し装備」
「隠しクエスト」「隠し(?)ジョブ」などは
きちんと用意されてます。

この辺はさすがスクエニ、ぬかりがありません。



あとシステム関連は
ドット絵ということで容量も軽いのか
ロード時間はやや短めですね。
正直もっと早く出来そうな気もしますが、
これはマップ移動時に
オートセーブが入るからだと思われます。

移動は徒歩移動の他にファストトラベルがあるので
ストレスフリーですね。
フィールドからだろうがダンジョンの中からだろうが
どこからでも飛べます。

他、特に変わったシステムはありませんが、
逆に「めずらしい!」と思ったのは
セーブがどこでも出来る仕様ではなく、
「セーブポイント」でのセーブなんですよね。
(オートセーブと通常セーブファイルは別扱い)

これは私は全然気になりませんが
ゆとり世代には反感が多そうです。

昔はこれが普通だったんだけどね…(;^_^A


次に戦闘。
戦闘は電球ピコンこそ流石にないですが、
見た目、雰囲気、BGM、
どれをとってもほぼロマサガです。

だけど、弱点をついて敵をダウンさせることで
有利を作っていくという流れなので
ロマサガというよりメガテン&ペルソナの
プレスターンバトルシステムに近いです。

難易度はやや難しめかな。

雑魚は適正レベルの場所で戦ってる分には
ほぼワンパンで終わりますが、
ボス戦はかなりスリリングな戦闘を味わえます。
体力もかなり多めで簡単には死んでくれません。

後半はちゃんと準備しないと勝てないボスも多く
かなり歯ごたえがあるボス戦を味わえます。

やっぱりボスが手強わくないと締まりませんしね。
私としてはこのバランスは◎をあげたいです。


どれをとっても真新しさはないですが、
すごく懐かしい気持ちでプレイ出来ました。



ただし不満もあります。

まずシナリオやキャラクターが、
SFC版ロマサガ1レベルに
薄っぺらい点が気になりました。

各キャラクター4章までシナリオが用意されてますが、
1章クリアするのに1時間かかりませんし、
8人もキャラがいるのに
ストーリー展開がほとんど全く同じ。

①街につくと仲間が困っている
②手助けの為にパーティイン→ダンジョンに突入
③ボス倒して終了

全員もれなくこの流れで進行するので芸がない。

芸がないのはいいとしても、
どのキャラもボスを倒した後に
旅に出る決意をするのですが、
一緒に旅をする理由も語られず、
「私も一緒に連れてってください!」
という台詞すらないまま
勝手にパーティの一員になります。

これはものすごく違和感ですね。

気持ち的にはむしろ
「なんで付いてくんだよ…」
というほうが近いです。

ちなみに「実は共通点が!」
ということもないですからね?
終始「赤の他人パーティ」です。

この流れはかなりお粗末だったと思います。



次はマップ。

フィールドやダンジョンがとにかく狭いです。
フィールドは狭いところだと
エンカウント2〜3回で横切れちゃうくらい狭い。
ダンジョンも迷うことのないほぼ1本道で、
分岐しているところは「正規ルートか宝箱か」
というぐらいかなりシンプルな作りです。
入り口から最奥までエンカウント込みでも
15〜20分くらいで終わります。

隠し通路なんかは昔さながらで面白いんですが、
とにかく狭さが問題。
ぶっちゃけ2〜3倍は広くてもいいですね。



最後に気になったのはスキル。

ジョブが基本8職+上級(隠し)ジョブ4職の計12職あるので
ジョブ数は十分ですが、
スキルの数が各ジョブ8スキルしかありません。

最初に2つ確定で覚えているので
6つ覚えたらおしまいです。

新しいスキルを覚えるというのは
育成を楽しむという意味で大きな要素ですが、
6つ覚えたら終わりというのはかなり物足りません。

踏襲元だと思われるロマサガには
ジョブこそありませんが、
武器ごとに大量のスキルがありますし、
ジョブシステムが有名なFF5には
このゲームの倍近いジョブ数があります。

別にナンバリングでも続編でもないので
比べられても…

と言われればそれまでですけど、
そこは同会社ですしね、
完全に過去RPGを意識して作られてるので
色々な面で過去作より劣らないでほしいですね。


スキルに関しては数の問題だけではなく、
スキルの内容が初めから公表されてしまってるので、
「次にどんなスキルを覚えるの!?」
「これ、どんなスキルなんだろ!?」
みたいなドキドキ感が皆無なのも問題。

それと、
スキルは戦闘で貰えるJP(ジョブポイント)を使って
好きなスキルから覚えて行くんだけど、
この「好きなスキルから」というのも問題。

この手の仕様だと普通、
スキルごとに覚えるのに必要なJPが決まってて
強スキルほど必要JPが多く、弱いスキルは必要JPが少ない。

それで、
「他のスキルを我慢して必要JPが多い強スキルへ一直線」or
「いろんなスキルをまんべんなく覚えて対応力アップ」
というのをプレイヤーにゆだねる感じだと思うんですけど、
このゲームは、
1つめに覚えるスキルは30p、2つめは100p…と
スキルを覚えるごとに必要JPが増えてくる仕様です。

当然ですが、有用スキルから取っていくので
不要スキルが売れ残っちゃう訳ですが、
有用スキル=低JPで覚え、
不要スキル=高JPで覚えるという
なんだかチグハグな話になってしまいます。

これはどう考えてもおかしいので
素直にスキルごとに必要JPを定めるべきですね。


スキル周りはいろいろ改善の余地がありそうです。



さて、
なんだか不満のほうがたくさん書いてしまいましたが、
本音を言えば、
過去ロマサガ雰囲気のドット絵RPGなんて
存在自体が尊いので、
内容なんて正直二の次なんです。

一部で「懐古厨用のオナニーゲーム」と
評価されているようですが、
私はまさに懐古厨なので
喜んでオナニーさせてもらいます。


まぁ欲をいえば、
改善の余地はまだまだあると思うので、
続編に期待したいと思います。

出たばっかりなので気が早すぎますけどもw



ちなみになんですけども、
「なんかやけに詳しく語るな」と
思ったかもしれませんが、
もうクリアしたからなんですよね。

(((壊Φ∀Φ)))ァ-ヒャヒャヒャヒャ

おかげで、クソねむいんですけど…


FFバージョンアップまでに裏要素も終わらせなきゃ…
# by otawamure | 2018-08-03 11:55 | 他のゲーム | Comments(0)

素人の私がこれからの日本サッカーについて語る

ワールドカップの興奮さめやらぬ今日この頃。

ベスト16で終わった日本ですが、
今後の日本について
いろんな意見が飛び交ってて面白いですよね。

そこで、
ド素人ですが、サッカー観戦好きの私が
個人的な見解をぶちまけてみようと思いマス。



■フォーメーションの話

私は2トップを推します。

セネガル戦で試しましたが、
もうちょっと腰を据えて試してほしい。

世界的に見ても1トップを採用している国は少ないし、
その少ないながらも採用している国は
得点能力が非常に高い絶対的な選手がいる国です。

前に1人しかいなくても、
カウンター1本で得点してくれるという、
絶対に信頼を置けるプレイヤーがいないなら
1トップにするべきではないと考えます。

日本は体格的にも能力的にも
他国と渡り合えるほどの選手は
そうそう出てこないと思うので、
前に人数をかけて得点のチャンスを増やすべきです。

というか、真ん中の香川があまり機能してなくて、
結局サイドからしか組み立てられません。

ならいっそ中央を切っても良いかな、と思います。


あと長友がいなくなった時に、
果たして4バックでいいのか、というのも
議論したほうがいいかもしれませんね。

酒井程度の力では機能しない可能性があります。

3バックも全然ありかと思います。



■日本の弱点

日本の攻撃は世界に通用することが
今大会で示されたと思います。

ベルギー戦1点目のカウンターなんて
素晴らしいもので、自信を持って欲しいです。

体格や能力的なマイナスがあっても
なんとか得点は取れることが証明されました。

身長、体格で劣る日本人は色々な場面で不利ですが、
身長、体格で劣る選手が
多くの得点を決めて活躍している(していた)例は
世界でも山ほどあります。

メッシを筆頭に、
アグエロ、ルーニーなどなど。
マラドーナとかもね。
数えればきりがないほどいます。

フィジカルの差が日本人とは桁違いだけど、
身長や体格で劣っても点は取れるのです。

ハリル時代から言っていた「縦の意識」も、
WC直前まで全く出来て無くて
とにかく攻撃のスイッチが遅くて
見ていてイライラいしましたが、
本戦に入って柴崎を中心に頑張ってましたよね。


それより問題なのは守備。

身長、体格で劣る選手がDFで活躍した例は
MF・FWと比べるとかなり少ないと思います。

もう何年も前になりますが、
バルサのプジョルが小さいながらも
素晴らしい活躍をしていましたが、
他はほとんど知りません。

DFでこういった部分で劣るというのは
MF・FW以上にかなり辛い。

でも世界で勝つには「無理です」じゃ済まない。
なんとかしなければならない。

強化すべきは攻撃より守備です。

もちろん攻撃にも課題はありますが、
攻撃より守備のほうがよほど弱点だと思います。

ただでさえ、
これまで安定の左SBだった長友が
年齢的にも厳しくなってくるのです。

守備の強化は必要不可欠です。

前より後ろ!!これは断言したい!!
プジョルに学べ!!




■サポーター、マスコミの質

私が一番声を大にして言いたいところです。

日本は今大会ベスト16で終わりましたが、
予選を通過出来なかった強豪国、
予選にすら出れなかった国もたくさんある中、
ランキング60位そこそこの国が
よくまぁ頑張ったと思います。

マグレかも〜とはいえ、結果は結果。
選手だけではなく周りも
「16強の国」らしくならなければダメです。

要するに、
サポーターも、報道する側も、
コメンテーターも、
目が肥えなきゃダメです。


例えば、日本の10番を背負う香川。

10番というのは、
決定的な仕事が出来る選手が背負うエースの番号。

素晴らしいシュートを撃ち、
するどいドリブルで切り込み、
決定的なパスを出すファンタジスタ。

攻守に渡り大活躍を求められる
まさにチームの大黒柱とも言える選手です。


しかし、今大会の香川はどうだったでしょう?

全試合通して、得点はPKの1点のみで
シュートも数えるほどしか撃ってないし、
アシストもほぼしてません。

なのになぜか驚くほど評価が高いです。

国内レベルではいいかもしれませんが、
世界と戦うことを想定するなら、
これで高評価をしては絶対ダメです。

トップ下の背番号10番など、
1ゴールor1アシスト以上、枠内シュートも数本。
このくらいを最低ラインとして見てほしい。
毎試合は無理ですが出来なきゃ叩かれればいい。

守備に貢献した?
セカンドボールを何本も拾った?
大事なことではあるけど、それで評価するなと。


香川だけではありません。

「半端ねぇ」が話題になった大迫も
終わってみれば得点は初戦の1発のみ。
それ以降、おしいシュートすら記憶にありません。

全っ然半端です。

ですが、世間の風潮的には
「FWは大迫で決まり」的な空気です。

ベスト8で沈んだブラジルのネイマールなど
ここまで何点も得点してるのに
負けたら即叩かれるのです。

でもこの厳しい世界だからこそ成長ができる。
失敗出来ない、なんとしても点を取る、という
意識が強い意志が育つ。

得点を決めれなくても、
ボールキープしてくれたから?溜めを作ったから?

そんなものは
FWとしての評価にはほとんどならんのです。



そして不動のCB吉田です。

彼が何度マークをはがされ、何度ヘッドで競り負け、
何度危ないシーンを作ったか、ちゃんと見てましたか?

失点シーンだけしか見てないから
キーパー川島ばかりに批判が集まるのでしょう?

川島と1vs1になる前に、
この状況を作ったディフェンス陣は
もっと叩かれるべきです。

吉田はベルギー戦で「ルカクを封じ込めた」と
高評価を得ていますが、結果3失点です。

ルカクを封じ込めていなかったら
6失点してたから3失点で済んでよかったと?

こういう所がダメなんです。

1-0とかで負けたならまだ判りますが、
3失点して負けたなら、十分「守備崩壊」です。
ルカクを封じ込めたからなんだと言うのでしょう。

褒めるなと。いいところを探すなと。

日本に吉田は必要だと?不動のCBだと?
そんなものは0封してから言えと思います。

ちなみに0封した試合は
2017年12月の北朝鮮戦まで遡らなきゃなりません。

この結果で、
守備不安の声があまり持ち上がらないのは、
私から見れば異常。

もちろん失点が全て吉田のせいではありませんが、
今大会はセットプレーからの失点も多かったので、
指示を出さなきゃいけない吉田の責任は必ずあります。

失点したシーンだけじゃなく、
「失点はしなかったけど危なかったシーン」も、
ちゃんとミスとして議論してほしい。

ここも危なかった、
もっとこうしなきゃダメだった、と
声を上げていかないとダメです。

甘やかすと吉田自身が奮起しませんからね。


と、こんな感じで、
とにかく腐っても16強のチームなので、
見てる側も意識を高くしてほしい。

いいところはいいと褒めてもいいと思うけど、
それは果たして役割として十分なのか、
ちゃんと冷静に分析する必要があると思います。



さて、完全素人の意見でしたが、
どうだったでしょうか?

サッカーは見る人によって
全然評価が変わるという
面白いスポーツなので、
いろんな意見があると思います。

7月中には新しい監督も決まり、
新生日本が始動すると思うんですが、
どのようなチームになるのか、
ひとまず様子見させてもらいましょうかね!!
# by otawamure | 2018-07-07 15:24 | 生活のコト | Comments(2)

EXPERIENCE

さて、日本のワールドカップも終わりました。

ポーランド戦で一悶着ありましたが、
ベルギー戦の内容を見て貰えれば、
あれが正しい判断だったと言っても
いいんじゃないでしょうかね!

色々言いたいことはありますが、
格上を蹴落として決勝トーナメントに進出したのは
称賛に値するので、
ごちゃごちゃいうのは無し!

とりあえず代表の皆様&サポーターの皆様、
応援、お疲れ様でした!

日本は負けてしまったもののワールドカップは続くので、
個人的にはまだまだ楽しみたいと思います♪



さて、話は変わりますが、
ここ半年ほど、例年にも増して引きこもりで、
さぞお財布に優しい生活なんだろうな、
と思われがちですが、
めちゃめちゃ金穴でございます。

実は私ね、病気でして。

といっても『漫画病』なんですけども。

面白い漫画は手当たり次第いっちゃって
連載中の漫画だけで
実に20作近い漫画を買っています。

完全に買いすぎヤバイ。

これはさすがに収納スペースがありませんし、
私のお財布にも大ダメージなので
流石にストップをかけることにしたんですが、
そう思ったのもある1冊の漫画と出会ったから。

噛み砕いて言うと
「これ以上の漫画にはたぶん当分出会えないな」
と思わされたから。

その漫画は

『SHIORI EXPERIENCE』

というタイトルです。


たぶんあまり有名ではありませんし、
漫画賞的なものともこれまで無縁ですが、
なぜノミネートされないのかが
不思議でならないほどの強烈な面白さです。

10巻(〜続刊)まで出てますが当然の即全巻買い。
この漫画のためなら金など惜しくないです。

さぁ、自分で上げに上げたハードルのせいで
「言うほど面白くはなかったわ」
というフラグがチラチラ見えてますが、
気にせず率直な気持ちで紹介してみましょう。


まず内容ですが、
突然、ギターの神様「ジミヘン」こと、
ジミ・ヘンドリックスの霊に取り憑かれた
平凡で地味な高校教師シオリ(26歳)。
27歳までに伝説を作らないと
呪い(?)で死んでしまうので
バンドを組んで伝説を作るというストーリー。

ちょっとふざけた設定ですが、
真摯に音楽と向き合うすごく真面目な漫画です。

音楽を題材にした漫画といえば
評価が高い「ブルージャイアント」がありますが、
あれをポップにした雰囲気です。

重厚感があってシリアスな
ブルージャイアントとは対象的で好みが別れそうですが、
「音で魂を揺さぶる」という意味では
共通してるかなと思います。


この漫画の凄さはなんといっても表現力。
とにかく大コマの迫力が半端じゃない。

演出は(特に中盤以降は)
若干「ミスター味っ子」のような
誇張表現感が強いですが、
その迫力こそがこの漫画の特徴なので
楽しんでいただいきたいところです。

画力も1巻からすでに上手ですが、
巻を追うごとに凄みを増してきてます。
勿論好みはあるでしょうが、
絵でここまで「魅せる」漫画は
なかなかないと思いますね!


登場人物は誰もがすごく情熱的です。
台詞もすごく熱いし刺さります。

かと思えばジミヘン(の霊)が超絶クール。
すげぇぜジミヘン。痺れるぜジミヘン。
さすがギターの神様です。

主人公のシオリも最初は地味ですが、
次第にギアを上げてきます。
すごく魅力的なキャラに成長していきます。


登場人物といえば、
少しネタバレにはなってしまうんですが、
この漫画は「27 Club」というのが
一つのテーマになっています。

ご存知の方もいるかもしれませんが、
「27 Club」というのは、
27歳で亡くなった往年の超有名ミュージシャンのこと。

「偉大なミュージシャンは27歳で死ぬ」という
その筋ではかなり有名な話らしいです。

主人公が
「27歳までに伝説を作らないと死んでしまう」
というのも、ここからきてます。

「27 Club」にはジミヘンを筆頭に
複数の超有名ミュージシャンが存在し、
その人達がストーリーにすごく関わってきます。

なので、
ビートルズやニルヴァーナなど、
20〜50年くらい前の
洋楽ロック&ポップスに造形が深い人は
さらにがっつり引き込まれると思われます。
(知らなくても全然大丈夫ですが!)



さて、ここまでつらつらと書いてみましたが、
もう私、とにかくドストライクなんですよね。

100人が100人とも面白いと思う作品など
存在しないと思うので、
あくまで個人的な感想ですが、
敢えて言いましょう。

「なんだよこれ、最高かよ」と。

キングダム以降、
アオアシに続く鳥肌モノの漫画ですが、
とにかくやべぇ。やべぇとしか言えない。

出来ればもっと早く知りたかったですが、
まだ10巻までだったのが幸いでした。

20巻とか出てると(財布に)大ダメージなので。

熱量的な問題で、万人受けはしないと思いますが、
青春大好き熱いの大好きな方には
文句なしでイチオシさせてもらいます!!!



ちなみに、うちの奥さんは
「うん、まぁ面白いかな」程度だったんだよね。

え…マジですか…?
# by otawamure | 2018-07-03 12:44 | 漫画 | Comments(2)


最新のコメント
俺も1年半くらい前にip..
by ジャジ at 15:56
>ジャジさん いや..
by otawamure at 08:28
色々ありますなあ(笑) ..
by ジャジ at 17:01
>花ちゃん あいや..
by だみー at 12:06
遅ればせながら…、合格お..
by 花 at 21:54
>花ちゃん あけお..
by otawamure at 12:49
ダミさん、1年お疲れ様テ..
by 花 at 21:34
>ジャジさん ゲーム部..
by だみー at 12:46
オレが函館行った時にくつ..
by ジャジ at 14:58
>ジャジさん ほえ..
by だみー at 08:30
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のトラックバック
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧