Damian's Life


日々の出来事を…
by otawamure
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

純国産

封切りから1ヵ月ほど経過して、
少し今更な感じもしますが、
映画「シン・ゴジラ」を見てきました。

いやぁ、なんでしょう。
上手く言葉に出来ないんですが…

面白い、というかすごい。
楽しいというかすさまじい映画でした。

度を超えてすごいものを見たりした時って、
嬉しいとか、すごいってより、
怖いって感覚に近いと思うんですけど、
まさにそんな感じの印象です。

なんか上手く言葉で表現出来ないけどそんな映画。
(いや面白いし楽しいんですよもちろん)

ある映画批評家が
「100点満点で1000億点」と言ってましたが、
正直判る気がします。

監督の庵野さん、
劇場版エヴァの制作をストップしたのも頷けますね。
これは平行しては無理ですわぁ。


とにかくインパクトがすごいです。
過去何十年も遡って私が見たどのジャンルの映画と比べても
ベスト3には入ると思いますね。

ただ、「怪獣映画」として楽しみに見に行くなら
辞めた方がいいでしょう。
完全に従来のゴジラではありません。
「見た目が」とかではなく、「ほぼ全てが」です。

少し内容に触れちゃいますが、
従来のゴジラのように怪獣vs怪獣ではありません。

今回のゴジラは今までのように
人類のヒーローとしての立場ではありません。
完全なる人類の敵です。

降ってわいた天災であり、
絶望的な侵略者です。

以前のゴジラのような感覚で子どもと一緒に見に行くと
トラウマになるんじゃないかな。
「わ〜ゴジラすごいね〜かっこいいね〜」
みたいなものは微塵もありません。

無慈悲に人が死にますし、
人が死んだ描写をわざわざしないところがまた怖い。
「あ、今つぶされた車に居た人、死んだな」
という、個人の死なんて取るに足らないと言わんばかりなのが
生々しいしリアルです。

これまでのゴジラは人の死にはほぼ触れないので
(死人が出ても、ほとんど「あ、今死んだな感」をほぼ出さない)
そういう意味でも子ども向けではないです。

というか内容が子どもが見てもちんぷんかんぷんでしょうし。


リアルといえば、この映画は
本当に「リアル」を徹底的に追求してます。
というか、この映画のテーマそのもの。

この国では、未知の生物が都心で大暴れしてるのに
ミサイル一発即座に撃てないんですよ。
誰の許可が必要だとか、法律がどうとか、
どういう手順を踏まなきゃだめだとか。

3.11の時もそうだけど、
何するにも会議・話し合いで
事が起きてから実行に移るまでイライラするくらい遅い。
こういった日本のお国柄を徹底して描いてます。
実際、この映画の半分くらいは会議室のシーンです。

ここが一番賛否が分かれるところ。

怪獣映画が好きで、
ギャオーとかウギャーとか怪獣が暴れ回ってるのが好きな人は
この会議のシーンは実に退屈な時間でしょう。

でもこれがこの映画の最大の特徴で、面白いところ。

想像で「こんな感じだろ?」というレベルではなく、
防衛庁や自衛隊の協力を得て徹底的にリアルを追求したのが見えます。
※実際、民主の枝野さんや、小池百合子に話を聞きに行ったり、
 自衛隊の人と綿密なシミュレーションをしたそうです。

今回はターゲットがゴジラですが、
例えば「北朝鮮が攻めてきたら?」みたいに置き換えてもよい。
もちろん3.11のような天災でもよい。

現実にこのようなことが起きた場合、
この国の中枢は実際こんな感じで動くと思うけど、
本当にこんなんでいいのか?
会議室でもたもたしてる間に何十〜何百万人って人が死にますよ?
大丈夫ですか?っていうシミュレーション映像的な作りです。

ただ単に3.11を彷彿とさせるような映像を流したり、
放射能や核兵器の話を出したら非難は避けられなかったと思うけど、
国に対して「これで大丈夫か?」っていう強烈なメッセージを
投げかけるような仕様にしたからこそ
「許される(大々的に差し止めとかの話にはなってない)」
作品になったんじゃないかと思います。


一応怪獣映画という皮をかぶってますが、
こういった日本のおかれている状況をいろいろな問題に置き換えながら見ると
非常に濃ゆいというか骨太な話です。

怪獣映画なんだから
こんな深い意味持たせなくていい、もっとシンプルがいい、
という意見も判りますが、
これはこれとして見て欲しいですね。

あ、フォローじゃないけど
「怪獣映画」としても十分面白いですからね。

ちなみに、今回のゴジラはフルCGのゴジラなので、
着ぐるみゴジラでは表現出来なかったことが可能になってます。

さすがに羽根生えるとか
「いやもうそれゴジラじゃねぇだろ」
みたいなことにはならないですよ?

これはネタバレかもしれませんが、
ぶっちゃけますと、
ゴジラ=使徒という扱いでいいかと思います。
さすがにATフィールド持ってたり
精神汚染してきたりはしませんのでご安心ください。

従来ゴジラと違いすぎるだろ、という意見はナンセンスです。
あくまで初見という設定ですから。
表現方法の違いとかではなく従来のゴジラとは「別なもの」です。
同列に扱うのは違います。

まぁこの辺はね、タイトルでも判るでしょう。
「シン・ゴジラ」の「シン」は
「新」であり「神(=使徒)」です。たぶん。
私の勝手な解釈ですけど。
カタカナにしたのはどっちの意味も持たせる為だと思いますね。

従来ゴジラファンには難しいかもしれませんが、
いったん以前のゴジラ像は捨ててもらって
新しいゴジラとして見て欲しいですね。

私は従来ゴジラファンですが、
今回のゴジラ、超怖いけど超かっこいいです!


あと最後に出演陣。
ものすごい数の俳優が出てます。
スタッフロールがこんだけ楽しかったのは初めてかも。

エキストラ的なちょい役にも
隠れて有名人が出てたりするので
探しながら見るのも一つの楽しみ方かと。

メインの出演者の演技は素晴らしかったです。
中でも主役(?)の長谷川博己さんの演技は素晴らしかった。
英語も上手かった。
こんな人が政治の中心にいたら日本も少しは安心ですけどねー
いないだろうな…
小泉進次郎と少しダブるので頑張ってもらおう…

一方、ものすごい賛否がある(というか否が多いらしい)
石原さとみは演技は上手くないし、
英語も他の人に比べて下手だけど、
出演者の多くがキャリアで堅苦しく、
見てるこっちも肩がはるので、
(図らずも)箸休め的な存在になったかな、とw



劇場公開中でネタバレ出来ないので
上手く伝えれなかったかもしれませんが、
万人ではないにしろ(けんちゃんつまらなかったみたいねw)
見て損はしない映画だと思います。

怪獣映画に興味がない人も、
もし機会があれば是非見て欲しいと思いました。

あくまで個人的ですが
ここ何年かはこれを超える映画は出ないだろうなと思います。
それほどクオリティが高かったし、色々考えさせられました。


庵野監督には称賛を贈りたいです♪
[PR]
by otawamure | 2016-08-27 12:44 | 生活のコト | Comments(4)

オリンピックとかお盆とかドラクエとか

オリンピックももう終了が近いですね〜。

今回のオリンピックは
ほんとに日本の選手がめっちゃ頑張ってて
ものすごく感動を貰いました。

金メダルが有力視されてた選手が
ほぼコケずにメダルを取ってくれたのが
大きかったですね〜。

それでも体操内村くんや、
女子レスリングの伊調さんみたいに
常軌を逸した強さを持つ選手ですら
「余裕で危なげなく優勝」とはならないのは
オリンピックなんでしょうかね〜。

今回これだけメダルを取ると
次の東京五輪にかかる期待は
ものすごく高くなりそうですが、
選手には頑張ってもらいたいですし、
周りはプレッシャー与えすぎない程度に、
期待しすぎないように応援したいですね。

柔道とか顕著だったけど、
銀とか銅メダルとってもニコリともせず、
「内容が悪い」とか、「こんなんじゃダメだ」
「金じゃなきゃだめ」みたいな発言が多く見られたんですけど、
なんでこんな発言がでるかって、
「国が〜」とか「日本柔道界の未来が〜」
「応援してくれるみなさんが〜」とか、
自分以外のことを自分のこと以上に思ってしまうんだと思うんです。
「期待に添えなくて申し訳ない」っていうね。

自分のことだけだったら、
「金ではないけど頑張ったし、自分を褒めたい」って
素直に思えると思うんです。

日本人らしいし、素敵なことだとは思うけど、
これって最高のパフォーマンスには繋がらないんじゃないかな〜って
思うんですよね。
もっと気楽に出来たほうがいい結果が出そうな気がする。

アスリートじゃないからわかんないけどねw

でも現実的に、
「いやぁ〜金じゃなきゃだめでしょ!銅とか努力足りないわ!」
なんて思ってる人なんてごくわずかだと思うし、
もっと、自分自分でいい気がするんですよね。

ま、かなり憶測で話しちゃったけど、
次は自国開催なので
プレッシャーって意味では
今回の比じゃないくらいかかると思うんです。
でも選手にはあんまりプレッシャーに感じないで
伸び伸びと戦ってほしいな〜と思いました。

ゼロにはならないだろうから、なるべく〜ね。


とりあえず今回の五輪はもう終わりますが、
非常に素晴らしい結果だったと思います。

選手のみなさんお疲れ様でした〜♪

みんな素晴らしい!!
ベタだけど感動をありがとう!!
(何回か泣きそうになった…)




話は変わりまして、
14〜20日は例年どおりお盆週間でした。
友達が帰省して毎晩深夜まで遊びまくる恒例行事です。
若い頃は寝ないで次の日仕事いってもなんとかなったけど、
アラフォーの現在、つらいっすね。体がガタガタ。
欠伸もとまりません。

でもせっかくこの1週間に賭けてきてる友達もいるので
地元に残った私としては期待に添わないとね!
あと数日、死ぬ気で接待します!

ちなみに今年の豪華ディナーは
候補に挙げた店がことごとく休みだったので
無難に「すきやきの阿佐利」にしました。
この企画が始まってからもう4〜5回は来店したと思うけど、
今回も安定すぎる旨さでしたね。
来年も楽しみです。

今年のお盆週間も残りわずかですが、
倒れない程度に頑張って遊んでこようと思います。




あ、最後に完全に流行遅れですが、DQMJ3の話を。


DQMJ3おんもしろいっすねぇ〜。
こんなことなら発売日からプレイしとけばよかった…orz

シナリオは一応クリア直前くらいなんですけど、
進捗状況は正直かなーり遅いです。

というのも、
工夫次第で序盤から結構強いモンスターを作れるんですけど、
(無駄に手間はかかるけど)
この強いモンスター作りが楽しすぎて、
シナリオそっちのけで配合しまくって遊んじゃってるせい…

配合面白すぎますね!!

特にAランク以上のモンスターには、
さんざん遊びつくして現在休止中(引退?)の
DQXのボスがほぼ総出演状態で
これが結構テンション上がっちゃったりします。
(実用的なモンスターは少ないですけど)

DQX現役の頃は、金策のためのボスマラソンが日課で、
100〜200回じゃ全然済まないレベルで毎日顔を見合わせていた為、
良くも悪くも思い入れがあるモンスターが多い。

もちろん真・災厄の王や魔勇者アンルシアなども
ほぼ余すところなく盛り込まれてます。
(ver3.0くらいまでのモンスターまではほぼ登場してます)

ボス以外でも、DQXでボス以上に猛威を振るった
キラークリムゾンやダークネビュラスなんかもいるし、
当然ながら、DQXでは見たことも聞いたこともないモンスターも
かなり多くいます。
たぶんDQMSL勢だと思うんですけどね。


さて、これまでプレイした感想ですが、
まずなにより、配合がものすごく面白いですね〜。
女神転生の悪魔合体と同じように
どんどん配合して強いモンスターを作っていくのは
ポケモンにない面白さで中毒性があります。

シナリオはまずまずですかね。
そんなに長くないですけど。
DQMJ3は少しSFっぽいのであんまりDQらしくないですが、
ポケモンのシナリオは幼稚すぎて面白くないので
それにくらべたら全然いいです。

対戦ですが、
まだシナリオをクリアしてないので
対人戦を出来るレベルではないため未プレイ。
一応ぼちぼち見据えて育成始めてますが
道のりはかなり長そうです…

でも正直、対戦はそこまで盛り上がらないかもしれません。

というのも、戦闘のバランスやシステムが
ポケモンほど秀逸ではない気がするんです。

まず一番問題だと思うのは、
特技や特性、モンスターのサイズまでも
自由に変更出来るという点。

これは個人的には非常によろしくない。

これだと、「入れ物」がなんなのか、というだけの話で、
中身が同じようなものになってしまいますよね?

例えば4人でパーティ組んで、
スライムもマダンテ、
ドラキーもマダンテ、
モーモンもマダンテ、
くさったしたいもマダンテ、

みたいにもなっちゃうってことです。
極端に言えば、ね。

特性もそうです。
ポケモンは各ポケモンに特性が3種類あって、
その中から選ぶ形です。
ステータスはイマイチだけど特性が強い、みたいに
特性のおかげでパーティに採用する、なんてことも
非常に多いです。

でも特性を自由に付け替えれちゃうとどうでしょう?

例えば優秀な特性の「メタルボディ」を使いたいと思った時、
はぐれメタルみたいにわざわざHP少ないモンスターを採用しなくても、
HP高いモンスターにメタルボディつけちゃえばいい。

これはあくまで例えで、
つけたらつけたでレベルアップ時のHPの伸びが落ちるとか
対策っぽい措置もとってるんだけど、
それにしてもこれでは個性がほとんど消えてしまうし、
対戦で見るモンスターがほとんど限られてしまう。

上記のように
「ステータスはイマイチだけど、特性が素晴らしい」
みたいなモンスターなんて必要なくて、
極論、強いモンスターに強い特性をつけりゃいい。

せっかくモンスターいっぱいいるのに
対戦で見るモンスターなんて全体の1〜2割かもしれません。
これじゃダメですよね〜。



次に、育成ですが、
これは駄目ってことではないんですけど、
DQMは育成にかなり手間がかかります。

ポケモンは親を捜して、強い子供を産ませ、
それを育てて対戦に出せるレベルにするまで
最新verだと、たぶん5時間ほどで済みます。

昔はもっと面倒だったんだけど、
今は思いっきり簡略化されてます。

たまごの厳選も
乱数なんて使わなくても強い個体をゲットしやすいし、
(これはこれで面白くないけど)
努力値振りも10分もあれば終わる。
レベル上げはもともと楽でしたし。
(さらに輪をかけて楽になりましたが)
ステータスもレベルだけ上げてれば気にしなくていい。

一方DQMはものすごくめんどくさい。
レベルもそこまで一気には上がらないし、
ステータスもレベルを上げただけじゃカンストしないので
種でドーピングしまくらなきゃならない。

そもそもSやSSランクのモンスターを作ること自体が、
非常に手間がかかります。
(比較的簡単に作れるのもいますが)


ここは好みが別れそうですよね。
手間がかかっても育成を楽しめる人なら
DQMはかなり面白いと思いますし、
ひたすら面倒だと思うなら辛いと思います。


いろいろ書きましたけど、
個人的にはなんだかんだで楽しんでます。
思うところはあるけど、配合がお世辞なしで面白いですしね。


ペルソナ5までまだ少し時間あるし、
対人戦で少しでも勝てるようになればいいなぁ〜と思います。
気持ち的にはあんまりにもテンプレすぎるパーティは
組みたくないんだけど、
魔女グレイツェルは何が何でも入れようと思ってますね!
(エロい意味で)
もう私くらいの歳になると、
「強い」とか「かっこいい」とかより、
『エロい』のほうが重要なんです。

エロいパーティ作り、頑張ります!
[PR]
by otawamure | 2016-08-18 15:09 | いろんな事 | Comments(2)

五輪とかそんなの

オリンピックが始まって楽しく観戦して熱くなってます。
時間帯がまるっきり日本と真逆なので
ほとんど見れないのがツライですが…

初戦とか2回戦とかは見れるんだけど、
決勝戦とかになると午前4時とか5時とかでさすがに無理。
サッカーも午前10時スタートとかで仕事中だし、
もう絶望っすね・・・
諦めて次の日のダイジェストとかニュースで我慢します。


さて、これまでいくつか競技を見ましたが、
メダルこそ取れるけど銅ばっかり。

水泳金メダルの萩野くんとか、
ウェイトリフティング銅メダルの三宅ちゃんとかは
結構感動させてもらったけど、
本来金も狙えるはずの柔道勢がイマイチですねぇ。
今や「鉄板」ってほどお家芸でもないんでしょうけど、
無駄に期待が高いだけに少し残念です。
まぁ誰か一人でも金取ってくれると願ってます。

それより個人的に一番心配なのは体操。
予選見てたけどかなり精細さを欠いてます。
団体金は正直少し厳しいかと思うんですが、
個人総合の内村くんと床の白井くんは
是非とも金メダルを取ってほしいですね。

女子バレーや、
卓球の石川佳純ちゃん、
フェンシングの太田くんあたりは
ホントに残念でしたが、
これから鉄板中の鉄板、女子レスリングなんかもあるし、
まだまだ期待出来る競技もあるので
寝不足だけど出来る限り応援したいと思います。


頑張れ日本!!



さて、ゲームの話ですが、
無事ボーナスが出たのでいよいよPS4購入…
と思ってTSUTAYAに下見に行ってきたら
全くもってやりたいソフトが無かったため、
ペルソナ5と同時購入となりそうです。
(ソフトと同時購入で割り引き特典もあるし)


PS4購入が少し延期になって
またしても手持ちぶさたになったんですが、
先日の誕生日に嫁さんから
「DQM3ジョーカー」を買って貰ったので
ちまちまプレイ中。

もう完全に旬が過ぎてますが、
ポケモンのようにシナリオクリア後も
長く遊べるゲームなので
これでペルソナまでの間は確実に持つでしょう。
その気になれば対人戦も出来ますしね。

思えば6月くらいに「どうやってペルソナ5まで持たすか?」
と思いながら、何作がゲームを買いました。
#FEもカリギュラも総プレイ時間は100時間に迫り、
スプラトゥーンも平行してちまちまやってるし、
TVも前より俄然見るのに、
たった2〜3ヵ月が持たない持たない。

ほんと何本ゲームあっても足んない。
何時間ゲームやろうと、
体調崩したり私生活に影響でなきゃ問題ないんだけど、
クリア毎に次々ゲーム買ってるとお金がね…。続く訳もなく…。
お陰様でゴルフもそうだし、友達と飯食いに行くのだって超停滞。
もう正直、プレイスタイル的にはMMOじゃなきゃダメなんでしょうね私。
現状を考えたら月額1000円で済むなら全然安上がりですし。
とはいえ下の子が小さいうちはやれないし、やるつもりもないので
当分はこの問題に悩まされそうですね…困ったもんです。



話がズレましたがDQM3の話を少し。

まだやり始めたばっかりだけど、
最近アトラス系のソフトばっかりやってたからでしょうか、
スクエニソフトの安定感に感動を覚えますねw

序盤から面白い面白い。
これがDQM3自体の完成度が高いからなのか、
連発でやりすぎたアトラスゲームと比較してなのかは不明です。

面白いかどうかもそうだけど、
なんの不満もなく安心して遊べるってのが久々で感動。
前作をやってなくても説明がすごく丁寧だし、
シナリオも難解ではないのですんなり入り込めました。
バトルバランスも申し分ないし、ロード時間が長い訳でもない。
とにかく不満ってほどの不満が見あたらない。


アトラスゲームは爆発力があるので、
ずっと記憶に残るようなゲームもある反面、
不満がゼロという作品も少ないため、
多少ギャンブル感がありますが、
スクエニゲームは、不満がほぼ出ないかわりに、
極端に面白いのもあまりない。

どちらがいいというわけでは決してないですが、
「間違いない」「自信をもって勧めれる」のはスクエニですねやっぱり。
DQ10に登場したモンスターもかなり作れるようなので
昔を懐かしみながらじっくりゆっくり楽しもうと思います。
逆に懐かしみすぎてDQ10に戻りたくならないように気をつけますがw


ペルソナ5発売まで無事に持てば、
あとはPS4の新作ソフトの面々が楽しませてくれるはず。
ペルソナ5も楽しみだけど、
オンラインで長く楽しめそうな
みんなのGOLFの新作がかなり待ち遠しいです。
早く発売日も決めて貰って、さっさと発売してもらいたいですね〜!
(私の財布事情的に)


まぁ、とりあえずは目の前のDQM3に集中っすね!
[PR]
by otawamure | 2016-08-08 15:21 | いろんな事 | Comments(0)


最新のコメント
>ジャジさん ほえ..
by だみー at 08:30
東京おつかれ! 京葉線..
by ジャジ at 17:03
>かっつん 返事が..
by otawamure at 11:12
岩手のかっつです(o^-..
by sunrise-katsuya at 11:44
>かっつぅ かっつ..
by otawamure at 13:56
おひさ~… 地震…..
by 岩手のかっつん at 21:58
長友がいなくなったチーム..
by otawamure at 11:57
今回の日本代表で良かった..
by STA at 10:11
>スタさん おつお..
by otawamure at 14:39
WC応援おつでした! ..
by STA at 18:26
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のトラックバック
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧