Damian's Life


日々の出来事を…
by otawamure
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ペルソナ5〜第2回〜

早い物で発売からほぼ2週間ですね。
もう脳内がペルソナでいっぱいです。
頭からつま先までどっぷりと。

とはいえまだクリアには至っておりません。
ほんとに何も考えず、
全部の要素をテキトーにこなしてれば
終わってたかもしれませんが、
2周目コンプを目指す私としてはそうもいかず。

ていうかこれ、よほど適当にやらない限り、
クリアまで100時間近くかかる気がするんだけど、
1週間とかでクリアしてる人、
どんなペースでやってるんだ…怖い…ブルブル

一応黒幕当てクイズの要素もあるため
(そのためにスクショも撮れない)
攻略サイトをじっくり眺めることも出来ないため、
余計に時間がかかっちゃってます。


とりあえず進捗状況としては6つ目のパレスですね。
全容が判りませんが、
日付から察するに中盤〜後半に差し掛かったぐらいでしょうか。
50時間以上やってますし、
社会人にしては頑張ってるほう…じゃない…かな…?



ということで、ここまでプレイしましたが、
もう加速度的に面白いですね。
面白さがとどまるところを知らない。

私の中ではRPG史に残る作品となるのは
もはや疑いようのないレベルです。

女神転生&ペルソナシリーズを全て含めても、
ソウルハッカーズ、
真・女神転生3、
真・女神転生4FINAL、
ペルソナ4を押さえ、
最有力候補だと思います。
(エンディングの善し悪しとかもあるし、断言はしません。)


最近「あたり」の作品に触れると
かなり絶賛してしまう傾向にある私ですが、
それを踏まえても「超大絶賛」させてもらいます。

不安なのは終盤のバトルバランスですが、
P3みたいに「どんな攻撃も受け付けなくなる」
みたいな、ぶっ壊れ性能にならずに
きちんとバランス良く纏まってくれれば
言うことないでしょうね。

しいていうならあげるとするなら、
まずは音楽ですかね。
決してP5が悪いわけではなく、かなりいい曲もあるんだけど、
P4の音楽はどれもスピンオフで音ゲーを出すほど
本当に素晴らしかったので
それと比べてしまうとどうしても少しだけ落ちます。
「歌あり」の曲が少なかったのもあるかな〜。
P4は半分くらい歌ありでしたし。
まぁ、P4と比べないのであれば、
十分すばらしい出来だとは思いますけどね。

あとはパレス内のギミック。
今までのペルソナにはなかったですし、
新鮮で面白いんだけど、
せいぜい梁の上をあるいたり、シャンデリアに乗ったり、
登ったり降りたりジャンプしたり〜程度。
私の中の「怪盗」といえばルパンです。
ルパンは、時計からワイヤーだしてぶら下がったり、
袖から煙幕だしたり、吸盤で窓に貼り付いたり、
いろんな道具を使ってピンチを切り抜けたりしますよね?
ペルソナ5も怪盗道具を作れたりしますが、
実用的なのはキーピックくらいです。
これは正直かなりもったいなかったですね〜。
もう少しルパンに寄せていろんな怪盗道具を用意して、
多彩なアクションが出来れば
もっと怪盗っぽくなって面白かったのにな〜と思います。


まぁこのへんは、あくまで「しいていえば」というレベル。
今のままで120%面白いんですけどね。



で、P5の記事も2回目ということで
今回はキャラクターをピックアップしてみたいと思います。

シナリオも進み、
とりあえずメインキャラクターは出揃ったと思うので
キャラクター紹介をしてみましょう。

って、プレイしてない人は全然興味ないですよね!
でもね、いいの。
もはや自己満足です。



■主人公
c0141712_17111117.png

ルックスは過去作の中でも一番かっこいいと思います。
ただお笑い要素は無しですね。とにかくクールです。
バトルにおいては、どのように育てるかが結構微妙。
というのも今作は仲間がかなり強いので
序盤はとくに純粋なアタッカーにすると仲間より見劣りします。
なので補助や回復特化もありですが、
個人的には「弱点をついてバトンタッチ係」推奨。
いろんな属性攻撃で弱点をつけるのは
主人公ならではの特権なので、うまく生かしていきたいところ。
ボスは弱点がほぼつけないので
弱いうちはサポートがいいかな。
ただ、コンセントレイトやチャージは
仲間よりかなり早く使えるので
これらを生かせば十分メインアタッカーになれます。
ちなみにレベル50くらいまであがれば
急激に火力が上がってくるので、
補助や回復ばっかりでつまらないという不安はありません。
ご安心ください。



■モルガナ
c0141712_17113343.png

もう愛しくてしょうがない猫。
今作のマスコット的存在ですね。
声も「チョッパー」で完璧。
バトルでは疾風魔法と回復役。
とくに回復役としては
(主人公を除けば)唯一無二の最強ヒーラーになります。
ザコ戦では疾風魔法が効かないと空気になるので
連れて行きづらいですが、
ボス戦では安定の回復役です。
にしても遠隔武器が「パチンコ」って…
キュン死してまう…



■坂本竜司
c0141712_17114532.png

今回の主人公の相棒キャラ的な存在ですが、
久々に、副島キャラなのに「嫌い」です。
熱血タイプなのはいいんですが、
発言や行動に知性が感じられない。
ヤンキー感も中途半端。
周りに気も使えないし、空気も読めない。
思いやりのない言葉で仲間を傷つける。
可愛げもないし、ほんとこいつなんなの?というレベル。
お笑いシーンはほぼこいつ発信なので
全くいらなない訳ではないけど…
バトルでは電撃&物理アタッカー。
魔力が低いので電撃ダメージはあまり期待出来ません。
物理アタッカーとしては結構強いんですが、
嫌いなので使いません(断言)



■高巻杏
c0141712_17121042.png

ヒロインポジションのハーフっ娘。
文句無しでかわいいですし、
性格も優しく、すごくいい娘です。
ただイメージで言うなら、
普段ツンツン、たまにデレるほうが良かったかも?
まぁヒロインポジションなのでこれでもいいんだけど。
バトルでは火炎属性の純魔法アタッカー。
魔力が高く魔法アタッカーとしては優秀だけど、
火炎に耐性がある敵だと正直何もできませんね…。
せめてもう1種類属性魔法か、
万能属性魔法でもあれば違ったのに…



■喜多川祐介
c0141712_17124127.png

ルパンでいう五右衛門ポジション。
普通の人と感覚がズレてるところがあって見てて面白い。
私はコイツ大好きです。
バトルでは氷結魔法&物理アタッカーとして大活躍します。
主人公で弱点をつき、
バトンタッチからコイツの全体物理で一掃するのが
もはや黄金パターンですね。
物理が効きにくい敵には氷結魔法で対応出来るので万能です。
ザコ・ボス共に外せない強さです。
ペルソナもかっこいい!



■新島真
c0141712_17133511.png

怪盗団の参謀役で学年が1つ上の生徒会長のお姉さん。
かわいい…かわいすぎるよ真さん。
美人で知的で清潔感があってやさしくて、
それでいてお高くとまってない、
完璧を絵に描いたような娘。
1周目は空気を読んで杏ちゃんを彼女にしましたが、
2周目はもうこの娘で確定です。
ただ怪盗コスチュームになると
トゲトゲ肩パット&トゲトゲメリケンサックに
鉄仮面と、世紀末マンガの敵キャラスタイルになるのは
神が与えた試練なのか…なぜだアトラス…orz
バトルにおいては核熱魔法&物理アタッカー。
ステータスが平均なので器用貧乏になりがちですが、
ザコ戦では結構使えます。
それにしても世紀末感がなければ「里中千枝越え」あったのに…



■佐倉双葉
c0141712_1717464.png

今回のナビ役。
キャラクターは癖がありますが好きな人はドハマリしそう。
個人的には「アリ派」。
ファッションは一番好みかな。
私服も怪盗コスもどっちも好き。
ルックスは杏や真には劣るけど、
キャラクターとしては仲間の中で一番好きです。
キャラクターのエピソードがダントツで可哀想なので、
同情票もかなり多いんじゃないかな。
ナビゲーターということで戦闘には直接参加しませんが、
敵の弱点を教えてくれたり、仲間を守ったり、
敵に囲まれた時にポジションをハックしたり、
HPやSPを回復してくれたり。
過去のナビゲーターもそうだったけど、
ナビゲーターえげつなくないですか?
強すぎるというか便利すぎるというか…。
(P4ほどではないです。P4ナビはほんとに強すぎた…)
ちなみに、P3から登場したナビゲーター枠ですが、
ナビゲーターの中ではダントツで一番好きです。
双葉ナビすげーいい!!



■奥村春
c0141712_17171710.png

真と同じ、一つ上のお姉さんにして大企業の社長令嬢。
怪盗コスは文句無しで一番かわいいんだけど、
普段が髪型のせいかすごく老けて見える。
とても高校生には見えませんね…。
ペルソナもあまりかっこよくない。
スタイル抜群だし声もかわいいんだけどなぁ…髪型がなぁ…。
バトルでは念動属性と銃属性が得意で、
念動属性は弱点の敵も多く使いやすいですし、
銃属性もボスではそこそこ強いです。
ただね…髪型がさ…


かなり個人的な好みが入りましたが書いてみました。
今回はどの仲間もかなり強いですし、
弱いキャラもほとんどいないので
自分の好みのキャラクターを入れればオッケー♪

個人的には
ボス、ザコ共に祐介は固定、
ボスはモルガナ固定で、
あとは状況に応じて臨機応変でいいと思いま〜す。

ちなみに、星のコープをMAXまで上げると
戦闘中にメインメンバーと控えのメンバーを交代出来るようになるので
早めに上げておくとかなり便利ですよ〜。


ということでキャラ紹介おしまい。

そのうちまた女性陣人気投票してみようと思うんだけど、
いい宣材写真がまだないんです。
真ちゃんなんて、載せた写真よりほんとはもっとずっと可愛いからね!


次の更新ではたぶんクリアしてると思うんだけど、
最後まで心ゆくまで楽しみたいと思いま〜す♪
[PR]
by otawamure | 2016-09-27 17:25 | Comments(2)

祝ペルソナ5発売〜♪

前作、ペルソナ4から8年、ザ・ゴールデンから4年。
待ちに待った人も多いのではないでしょうか。

先日ペルソナ5がついに発売されました。

いくら好きなタイトルでも、
4年も、ましてや8年も待たされたら
いくらなんでもほとんど風化してしまってると思いますが、
私はゴールデンをプレイしたのが数ヶ月前。

風化どころか、まだギンギンです。

これはなんか得した気分ですね!


一応1〜4まで全作プレイしてますので
思い入れの強い作品となっておりますペルソナシリーズ。
(じゃあ4も発売日に買えよというツッコミは無しで!)

当然購入は「20th anniversary edition」
ちょっと高かったけど、後悔したくなかったので。
P1〜5のサントラCDと、
副島さんのイラストbook付きです。
買うでしょうファンなら!
特にP4のサントラがものすごく欲しかったので
この機会にゲットできてよかったです。

ちなみにPS4本体も同時購入したので5万yen近く消し飛びました。
高いね!っていうか消費税が高い!
消費税8%って普段そこまで思わないけど、
大きい買い物すると結構キますね!


さてさて、P5。
まだ序盤ですが、
感想という感想も言える状態じゃないですけど、
あえて書かせてもらいます。

一言、Amazing!!です。

もう素晴らしいですね。
この一言につきます。

P4の評価が異常だったので
かなりハードルが高かったと思うんですけど、
全く問題なかったですね!

私もプレイ前は正直、
「P4ほどは面白くはないだろう」と思ってましたが、
良い意味で裏切られましたね。

これからどうなっていくか、
もしかしたら評価が下がるかもしれませんが、
現状では文句なしに素晴らしいです。

P3やP4は学園物でほんわかした(P3は多少ギスギスしてたけど)
雰囲気だったんですが、
今回は「学園物+怪盗団」という設定で
ほんわか雰囲気はあまりありません。

そのかわり、非常〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜にカッコイイ。
演出も、戦闘も、BGMも、メニュー画面を開く時なんかも、
ありとあらゆるところが、
いちいち全てオール例外なくかっこいい。

思わず口笛で「ぴゅ〜♪」と鳴らしたくなる様な、
素敵な演出が盛りだくさんです。

さすがペルソナ。
私のハートをがっちりと鷲掴みにしてきます。

ただP4のイメージとは大分変わるので
そちらを思いっきり期待しちゃった方は
戸惑うかもしれませんね。



さて、何から書いたらいいか迷いますが、
ひとまず思ったことを羅列してみたいと思います。


まずはシナリオ。
これは先ほども少し触れましたが、
テーマが「怪盗」ということで
P4のような和気藹々な感じはあまりありません。
必殺仕事人みたいな感じで
闇に潜み、悪を断つ。みたいな設定。

あれ?怪盗なんじゃないの?と思った方、
盗むのはお宝じゃなくて「心」です。
悪党の悪い心を盗んで改心させるのが目的です。

非常に面白い設定だと思います。

あ、もちろん「宝」も盗みますよ?



次にキャラクター。
これはもう言うことないですね。
登場人物がいちいちカッコイイです。

中でも、マスコット的キャラクターの
モルガナがかわいすぎてメロメロです。
(私はネコ派です)
声も「チョッパー」で素敵すぎる。

P4のクマもかわいかったけど超えましたね。
祝クマ超えおめでとうございます。

他のキャラも、そしてそのペルソナも、
文句なくかっこいいですね〜。ほれぼれします。
文句の付けようがない。

あとは「里中千枝」を超す娘が
現れるかどうかが見物ですね!
(これに関しては出なそう…)



次にバトル。
非常に楽しいです。
かなりテンポがよく、すごく親切な設計。
物理攻撃は○ボタン、魔法は△ボタン、みたいに
ボタン一つで指示ができ非常にスムーズ。
戦略性も高めです。

難易度的にはそこそこ高めですね。
最初のダンジョンから全滅必死のザコ敵が登場します。
まぁこのへんはアトラスの伝統だったりするので
もはや全く驚きません。
マメにセーブしましょうw

ボスも強めですね。脳筋だと厳しいです。

バトルで最高に嬉しかったのは、
敵が「シャドウ」ではないことです。

P5は、P1やP2と同じく、敵が女神転生の悪魔です。
デビルトークも(任意で話しかけれる訳じゃないが)
もちろんあります。

ペルソナ3・4は敵が悪魔ではなく「シャドウ」でした。
見た目も全て色違いの使い回しばかり。
女神転生の悪魔が大好きな私はこれが残念で仕方なかった。
ペルソナ3・4の唯一の欠点といっていいかもしれません。

これが今作で解消。
やっぱりメガテン悪魔勢のほうが俄然いいですね!

据え置き機の、しかもPS4の、
ゴリゴリの美麗グラフィックでメガテン悪魔が動く。
もう正直、これだけで内容がどうだろうと関係ないです。
満足です。



あとはシステム的なこと。

PS3版はしりませんが、
PS4版はロード時間も短めです。
(戦闘終了後だけちょっとだけ気になるけど)
あまりストレスを感じずにプレイできます。

マップ間移動もショートカットが非常に充実してて
ほとんどストレスを感じません。
かなり丁寧な作りになってると思いました。

前作にはなかった要素で、
面白いのはステージのギミック。
怪盗、ということでギミック盛りだくさんです。

屋根の上をジャンプで渡ったり、ダクトを通ったり、
いろんな演出がいっぱいです。

敵とエンカウントするときも正面からではなく
物陰に潜み、後ろを向いたところを襲います。

怪盗ライフを楽しもう〜とありますが、まさにですね。
怪盗になった気分で楽しめると思います。



ボリュームはかなり多そう。
最初のダンジョンもクリアするのにかなり時間がかかりました。

今作はダンジョンを「1日踏破」出来ないですし、
(現実と仮想現実を行ったり来たりするので物理的に無理)
イベントや拘束日もかなり多い気がします。

なのでその分、コミュやステータス上げがシビアです。

最終的には1周全コミュマスターを目指すので
初回の1周目はコミュをある程度捨てて、
ステータス上げ優先ですね。(ペルソナの基本)

前作までと同じ仕様なら
コミュランクは2周目に引き継げないですが、
ステータスは引き継げるハズなので
まずはステータス優先。
これペルソナの鉄則。

まぁあまり優先させすぎると
(コミュランクがあまりにも上がってないと)
後半手詰まりになる可能性もあるので、
バランス見てですね。




なんかものすごくまとまりのない文章になっちゃったけど、
とにかく興奮してます。
世間的な評価も、「P4超え」の声が続出してますね。

私個人的にはまだ序盤なのでなんともいえませんが、
正直気持ち悪いくらい面白いですね!

11月にFF15が控えてますが、
これの後にやるのはちょっと酷じゃないか?
と思うレベルで面白いです。

アトラス史上最高傑作との声もありますし、
メガテン・ペルソナシリーズを未プレイの方にも
自信を持ってお勧めさせてもらいます。

きっと損はしませんよ?


ということで、しばらくは極度の寝不足が続きそうです。
風邪ひいてるけど…
面白すぎて止め時がわからないんですよね…


無茶しない程度に楽しもうと思います。

いや、もうこれ多少の無茶は仕方ありませんね!
[PR]
by otawamure | 2016-09-20 12:44 | 他のゲーム | Comments(2)

ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3について

秋の匂いがしてきました。

北海道はお盆過ぎると一気に秋なんですよね〜。
気温は例年より高めな気もしますが、
一年通して一番いい時期です。

台風が頻発してますが、
気をつけていきましょう。



さて、ペルソナ5発売まであと2週間ほど。
結構まだ長いです。

現在プレイ中のDQMJ3ですが、
またしても旬を過ぎて申し訳ないですが、
こちらの総括を書いてみようと思います。


まずシナリオですが、まずまずでした。
最後までSFチックなのでDQっぽくないですが、
そこまで悪くない感じでした。
クリア後にやれることはいっぱいあるんだけど、
シナリオと全く関係のないサブコンテンツなので
もう少しメインシナリオと絡めてもよかったかな。


次は配合。
これは本当に面白かったです。
かなり手間がかかる上位モンスターを作成するのは
苦労した分、達成感がありますね。
癖になる面白さです。
ただ残念〜というと変かもしれませんが、
オンライン対戦をするようになると、
対戦相手からモンスターコインというものが貰えます。
このコインを使えば一度手に入れたモンスターは
いつでもゲット出来るようになります。

これが出来るようになるあたりから、
配合が作業化します。
楽になるのはありがたいんだけど、
面白みは半分になるのでここは好みですね。
まぁ、それでも面白いので
配合目当てでプレイするのもありかと思います。



対戦について。
(長くなるので興味がある人だけどうぞw)

私もすでに何回か対戦させてもらいました。
一応勝率は7〜8割くらいはあるかな。
まだ全体の中段位くらいですから
ただ相手が弱いだけかもしれません。

んで、遊んだ感想ですが、
はっきりいってバランスが悪いですね。
ポケモンと比べるのがポケモンに申し訳ないくらい悪い。

私としてはDQMに思い入れもプレイ歴もあまりない分、
気楽に対戦出来るのは良かったんですが、
内容があまりよろしくないですね。



まず理由のひとつ。

同じ特技、同じ魔法、同じ戦術、
そして同じモンスターばっかりの対戦。

もういいよコイツ!とウンザリするほど
同じような相手とばっかり戦わされます。

たまに「お!このモンスターと初めて戦うぞ!」と思っても、
使ってくる技とか戦術は同じだったりします。

理由は前にも書いたかもしれませんが、
「特技に強弱の差がありすぎる」ということと、
「技や特性、モンスターのサイズまでも
 全て自由に付け替えることができるから」です。

特技や特性を自由につけかえれるなら、
「モンスター自体は弱いけど、特技が強いから使う」
ということはありません。
強いモンスターに強い特技を付け替えればいい。
当然、弱い特技やモンスターはどんどん淘汰されて
強いものしか残りません。

縛りプレイが好きな人や、
あまのじゃくな人くらいしか
弱いほうの選択肢なんて選ばないんですよね。

「自由」というのは聞こえはいいですが、
この手のゲームでは「個性」のほうがはるかに重要です。

個性を大事にしなければ、この問題はきっと解決しませんね。



ふたつめ。

耐性が変動する点。

このゲームにもポケモンのように属性が存在します。
火だったり水だったり、光だったり闇だったり。
この手のゲームは弱点をいかに突くかが課題だったりします。

でも、モンスターズは耐性を変動させれます。
もともと弱点だったものを、耐性を上げたり出来る。
逆に耐性を弱点に下げることも出来る。

これはやっちゃ駄目だと思うんです。

上記のにも書いた「個性」にも関わりますよね。
火に強いブリザードマンとか意味が分かりません。

しかも、少しだけ軽減するとか、
数ある属性の中で、1つだけ、とかならまだいいですが、
状態異常耐性全てを数段階上げる、
みたいなとんでもない特性があったりするので
困ったものです。

極端に言えば、全部の耐性上げまくって、
「ほぼ全部の攻撃を受け付けない」
みたいなこともやろうと思えば出来ます。
(無敵というわけにはいきませんが)

こんな極端なことが出来てしまうから
バランスが悪くなっちゃうんですよね。

あと、これと関係する話で問題なのが
「会心」と「暴走」です。

耐性は変動すると言いましたが、
基本的に「無効」まで上げれば
どんな特技でも、どんな特性でも、下げられません。
でも、特例として、会心や暴走が出た場合、
無効以上の耐性でも耐性を2段階下げて計算されます。

この仕様で一番驚異なのは「マダンテ」です。

食らうと確定で即死するこの魔法。
そのダメージは尋常ではなく、
「まともに食らうと」ではなく、
「何割かでも食らうと」死にます。
なので、マダンテ対策で光耐性を無効まで上げることは
対戦において必須といえます。

しかし、マダンテが暴走してしまうと…。
せっかく耐性を上げていても…さようならです。

普通に考えて「マダンテは暴走しない」という
ルールは最低限作るべきだと思うんですが…



みっつめ。

モンスターのサイズ問題。

モンスターのサイズは4枠分配制です。

Sサイズ(1枠使用)
Mサイズ(2枠使用)
Gサイズ(3枠使用)
超Gサイズ(4枠使用)の4つ。

Sサイズなら4体まで場に出せますし、
超Gサイズなら1体しか場に出せません。

で、乱暴に言ってしまえば
最大サイズのモンスターが強すぎてクソです。

今作はモンスターのサイズを自由に変化出来るので
どんなモンスターでも最大サイズになれます。

超Gサイズのモンスターは
1匹で戦わなければならない分、
スキルの数も、特性の数も多く、
基本的に全てのステータスが他のサイズより高いです。

さらに、ダメージの最大値が
他のサイズのモンスターが999に対し、
(特技を使えば9999に引き上げれるが)
最大サイズのモンスターはデフォルトで9999です。

ステータスが高く、特性もたくさん積める分、
他のサイズではありえないレベルのダメージが実現でき、
さらにステータスが高い=すばやさが高い。

即死級の攻撃が先制で飛んでくるので、
マダンテと同じく無策で挑むと何も出来ずに開幕で全滅します。

逆にガッチガチに守りに入るとダメージがほぼ通りません。
ポイントリードされてから守られると詰みます。

あと忘れてはいけませんが、
状態異常の耐性がSサイズのモンスターに比べて
デフォルトで3段階も高いというのも問題。
最大サイズのモンスターには状態異常がほぼ効きません。
耐性変化も無効以上になれば会心・暴走しなければ安全なので、
ある程度は安心して戦えます。

こんな具合に優遇すぎる最大サイズですので、
まぁ〜対戦で多いこと多いこと。

強いのはもとより、
作成が楽というのも大きいんです。

Sサイズのモンスターなら4体育成しなきゃなりませんが、
最大サイズのモンスターなら1体でいいわけですから、
手間が1/4です。

強い(堅い)・早い・耐性優秀・育成が楽ときたら
使わない手はありませんよね?

せめてサイズが大きくなるにつれて素早さは下がるとか
(イメージ的に図体でかくなったら素早さは下がるでしょ…)
ダメージ最大値は999に統一にしてもらうとか、
なにかしらの配慮が絶対必要です。
(仮にこれで最大サイズの需要が無くなっても、
 手間が1/4なんだから仕方ないだろ、と思う)

S〜Mサイズの最大HPが
平均しても1000〜2000程度なのに、
(種で強化しても2000まではなかなかいかない)
一撃でパーティ全体に3000〜4000も、
時には5000以上も食らう状況に
なんの対応もしない運営のセンスを疑いますね…


「それじゃあ絶対勝てないじゃん?」ということはありません。
どんな攻撃でも1撃は必ず耐える
ポケモンでいう「がんじょう」のような特性や、
攻撃を1回だけ反射する「天地のかまえ」や「○○(物理・魔法など)予測」。
マダンテ・状態異常の魔法暴走に関しては
「耐性を無効以上にした上で、会心完全ガードをつける」
ことで対応できます。

ただ、貴重なスキルや特性の枠をかなり圧迫します。

もし食らっても全滅までいかないのであればまだいいのですが、
全滅してしまう以上対策はかならず組み込まなければなりません。

このバランスがありえません。

ポケモンはよほど相性が悪くない限り、
何も出来ずに終わるということはまずありません。

本気でがっちり準備していかないと
何にも出来ずに開幕で全滅する対戦ゲームなんて
対戦ゲームとして成立してないと思いますね。




最後4つめ。

この対戦ゲームはパーティを組んで戦います。
(最大サイズは別)
当然全員がアタッカーってことはないでしょう。
補助役や回復役を普通はいれます。

例えば、アタッカーが攻撃→相手を倒しきれない
となった時、回復役がベホマズンなどでほぼ全快にします。

お互いのチームが攻撃→回復を繰り返し、
最終の10ラウンドまで行くと、
対戦時間が20分以上になります。

だるい。異常にだるい。

仮に相手を倒せてもザオリクがあるし、
全体攻撃で一気に複数体倒せても
メガザルのような複数体蘇生魔法もあります。

最大サイズの話と矛盾してしまいますが、
高火力で一気にケリを付けないと、
1戦20分以上は覚悟しなきゃならない。

いくらなんでも長すぎるし、
攻撃→回復されるの繰り返しは
すごい無意味な時間に思えます。
はっきりいって面白くないし、萎えます。

駆け引きの上で時間がかかるならいいんですが、
そうではなくて、将棋で例えるなら、
王将を上げる、引っ込める、上げる、引っ込めるを
ずっと繰り返してるような、
そんな感じに近い無意味〜〜〜な感じ。

私はドロ試合になりそうになったら
ポイントで勝てそうでも途中でリタイアします。
もちろんランキングのポイントは減りますが、
ダラダラと無駄な時間を過ごすよりはいいです。

回復と蘇生は時間を大幅に長引かせるので
何か考えたほうがいい気がします。



かなりながながと書きましたが、
対戦に関しては、正直あまりお勧めはしません。
軽い気持ちなら楽しめるかもしれませんが
本気で楽しもうとするとかなりアラが目立ちます。

ダメージも耐性も、いろいろ極端すぎるし、
公平感もない。個性もない。

結論としては、
このゲームはソロで配合を楽しむゲーム、
だと思いました。

まだ3作目?なので
これからどうなっていくか判りませんが、
もっときちんとしたバランスをもって、
ポケモンのライバル対戦ゲームとして確立されるように
頑張ってほしいですね!
[PR]
by otawamure | 2016-09-14 12:37 | 他のゲーム | Comments(4)

タブレット破壊…

タブレットが壊れました。

最初は画面の右角が割れた状態で、
画面を押してもうんともすんとも言わなくなって。

右上の角一帯だけだったので、
インターネットとか見る分には、
画面をくるくる回せばなんとか大丈夫でした。

問題はライン。

ラインの画面って画面を回しても回らないじゃない?
で、右角が常に効かない状態。
ラインで右角というとプロフィールとかIDとか管理してる部分で、
そこにアカウント移動もあります。
そこがどうしても見れない。

操作してるうちにイライラしてきて
「強く押せばボタン効くんじゃね!!」
と思ってギュっと強めに押したら
画面全体にヒビが入ってお亡くなりに…。

私がトドメさした!!

ドコモに行って修理して貰おうとしたら、
2万yenかかると言われ絶望したんですが、
タブレットを修理したり、また買い直すより、
今持ってるガラケーをスマホに変えて、
1台にまとめた方が料金的にも安くまとまるんじゃないか
という案が浮上し、
結果的にそうなりました。

ということで、予定外にスマホデビューを果たしましたが、
上記の通り、今までラインしてたタブレットが操作不能なので
何人かのフレさんと連絡が取れない状況です。
電話番号を交換してた人はいいんですが、
ラインの繋がりしかなかったフレのみなさんとの繋がりが
まだ完全に復旧できていません。
復旧すべくあの手この手で全力をつくしております。

特にDQX繋がりだったフレさんとは
マルさんの力をお借りしてメッセージを飛ばして貰おうと思います。
(マルさん、本当にお手数おかけします…)
心当たりがある方はDQのポストを見てみてね!

早く復旧して今までどおりお話出来ることを願いつつ。


こーゆーときのために、アドレスを控えるなり、
一度きちんとデータベース化したほうがいいのかなぁ〜と
思いました。
[PR]
by otawamure | 2016-09-09 08:28 | 生活のコト | Comments(1)


最新のコメント
>ジャジさん ほえ..
by だみー at 08:30
東京おつかれ! 京葉線..
by ジャジ at 17:03
>かっつん 返事が..
by otawamure at 11:12
岩手のかっつです(o^-..
by sunrise-katsuya at 11:44
>かっつぅ かっつ..
by otawamure at 13:56
おひさ~… 地震…..
by 岩手のかっつん at 21:58
長友がいなくなったチーム..
by otawamure at 11:57
今回の日本代表で良かった..
by STA at 10:11
>スタさん おつお..
by otawamure at 14:39
WC応援おつでした! ..
by STA at 18:26
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のトラックバック
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧