Damian's Life


日々の出来事を…
by otawamure
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ペルソナ5〜第4回〜ラスト

今回でたぶん最後になるであろう、
ペルソナ5ネタです。

もはやスタさんしか見ないでしょうが、
責任もってきちんと〆ましょう。


まず現状報告ですが、実は3周目に突入してます。
プレイ時間は170時間突破してます。
うわぁ…ヒくぐらいやったなぁ…

2周目でほとんどやることはやってしまったんだけど、
いくつかのトロフィーを逃しているのでその回収をしてます。

大きな目標だった、
「フルコープ」と、「最強のペルソナを作ろう」も
2周目で終わっているのであとはダラダラやります。


ちなみに、
私が作った最強のペルソナを3体紹介します。

物理アタッカー『ヨシツネ』。
・八艘飛び
・チャージ
・武道の心得
・アリダンス
・闇吸収
・不動心
・マハタルカオート
・マハスクカオート

【備考】
力は99にしてあります。
敵に物理耐性がなければ全てこいつで用足ります。
P4に引き続き、
他の追随を許さない最強火力のペルソナです。
(杏のWブーストコンセントレイト大炎上の2倍強)
別のペルソナにランダマイザを持たせて
ランダマイザ→チャージ→八艘飛びで勝手に敵が死にます。
ただし物理耐性がある敵には無力です。
アリダンス→仁王立ちはお好みで。



魔法アタッカー『ジャアクフロスト』
・ダイヤモンドダスト
・大氷河期
・コンセントレイト
・氷結ブースト   ┐
・氷結ハイブースト │─トリプルブースト
・魔導の才能    ┘
・魔術の素養
・大天使の加護

【備考】
魔を99にしてあります。
ヨシツネが通用しない敵用。
(斑目の顔の一部と変体前のシドウくらいですが)
「魔導の才能」がある分、杏より火力が出ます。
さすがにヨシツネには劣りますが十分すぎる火力ですね。
というか、
3段階もブーストしてるのに
ブーストなしの八艘飛びに負けるとか、
ヨシツネさんどんだけチートなんですかね…
ちなみになぜジャアクフロストにしたかというと、
耐性が優秀というのもありますが「かわいいから」です。
大天使→物理反射のほうが安定するかも。



ザコ専用のペルソナ『アリス』
・メギドラオン
・万能ブースト   ┐
・万能ハイブースト │─トリプルブースト
・魔導の才能    ┘
・勝利の雄叫び
・マハタルカオート
・物理反射
・祝福吸収

【備考】
ザコを蹴散らす用のペルソナ。魔は当然99にしてます。
実はアリスじゃなければ耐性スキルの枠に
さらになにかしらの強化が出来たんですけど、
やっぱりメガテンファンはアリス使わないと駄目でしょ?
ザコ用ということでダントツで出番が多いし。
ここは性能云々はさておき、問答無用でアリスです。
トリプルブーストからのメギドラオンで
耐性無視でザコを蹴散らせます。
まぁ、総攻撃出来ないのでお金が貯まりませんが…
2周目以降なら問題ないですよね。


この3体のほかに、

ボス開幕用&ランダマイザorマハラクンダ要員のペルソナ
・マハタルカオート
・マハスクカオート
・マハラクカオート
・ランダマイザ
・マハラクンダ を一体。

勝利の雄叫びでSPが枯渇しないので
「戦闘終了後のメディアラハン要員」を1体、

これで完璧でしょう。


魔法アタッカーに関しては、
DLCの『カグヤ』のほうが強いらしいけど、
ヨシツネがいる限りどのみちほとんど出番がないので
スルーしました。

ちなみに、一応シナリオ上では最強のペルソナである
『サタナエル』はゴミです。



あと苦戦しているプレイヤーが多いらしいですが、
上記の『アリス』についている、
「万能ブースト」「万能ハイブースト」「魔導の才能」の3つは
「公開処刑」専用スキルです。
公開処刑をするとランダムで付きます。
(1度付いてさえしまえば継承できます)
私は50回くらいのリセマラで済みましたが、
100回やっても出ない人もいっぱいいるみたいですね。
面倒ではありますが、それに見合った効果はあります。
ザコ戦が思考ゼロの初撃で終わるようになるので。
ま、戦闘が味気なくなっちゃうのは仕方なしですが。


ということで、ペルソナ作成はもう満足です。
結構時間かかりましたけどね。



次に仲間ですが、
これは前に書いたことと話が違ってしまってるので
先に謝っておきます。

とくに竜司に関しては
終盤は竜司がいないと話にならないので
嫌いだから使わない宣言は撤回します。

ボス戦は杏・竜司は固定で、
回復役にモルガナor真でした。

ザコ戦はアリスが初撃で一掃してしまうため
正直誰でもいいです。


杏はWブースト&コンセントレイトからの
大炎上orアギダインが強烈。
ボスではマハタルンダも活きます。

竜司はチャージ&アグネヤストラが強い。
1-3発なので安定はしませんが、
3発入ると杏をしのぐ火力になります。
というより、マハタルカジャがやはり大きいですね。
ヒートライザがある春にもワンチャンスありますが、
アタッカーが一人ではないので、
単体のヒートライザより、
全体のマハタルカジャのほうが使えます。

回復役はメシアライザー持ちのモルガナが最強、
だとは思うんだけど、MP消費がひどい。
ボス連戦とかになるとほぼ枯渇します。
スキル枠に余裕があればメディアラハンも
残しておいた方がいいかもしれません。
あとモルガナが痛いのは防御が低いことですね。

一方の真ですが、
真の最強装備の銃「ジャッジオブヘル」が
全ステータス+10という完全にチート性能。

主人公の最強銃が全+5ですし、祐介が速+10、
他のキャラクターはステータスアップ無しです。

これはもう課金装備レベルの性能といえるでしょう。

しかも近接武器最強装備が会心率大アップなので、
普通に殴るのも強い。

チャージやコンセントレイトを持ってないのが救い(?)ですが、
ステータス的には優遇すぎて
製作者サイドの「なんらかの力」を感じるレベルです。

ということで、ヒーラーは
真のほうが安定かもしれません。
状態異常はメシアライザーがなくても
アイテムで要が足りますしね。



女の子の話。

まぁ、これといってメリットもないんですが、
ペルソナは恋人が作れます。
といっても、恋人イベントなんてほんの少しだけなので
特にこだわる必要はないんですけどね。

1周目の彼女は杏ちゃんにしました。
杏ちゃんはイマドキっ娘なので
結構イチャコラします。

見た目の割に真面目でいい娘なので
面白みに欠けるかと思ったんですけど、
思ったよりイチャコラしたのでポイント上昇。
杏、イイネ。


2周目は真ちゃんにしました。
普通のデートとかは真面目であんまり面白くありませんし、
あまりイチャコラもしません。が、
クリスマスやバレンタインのイベントはぐうかわ。
ギャップやべぇです。
もう真ちゃんでいいよずっと。
3周目も真でいいです。ぐう。

キャラ的には双葉が一番好きですが、
彼女は妹属性なので恋人にしたくない。

春は悪くはないんだけど、髪型が受け入れがたい。
(怪盗コスは◎)

武見先生はいいんだけど、モブが恋人はちょっと。
一二三もかわいいけどモブ。千早もモブ。
川上先生はちょっと、ね。モブだし。
大宅は論外。モブ以前だし。

ということで、
イチャコラしたいなら杏、
ぐう、と言いたいなら真を推します。





音楽の話

このシリーズは音楽がすごくいいんです。
思えば、ペルソナ2のエンディングテーマ
hitomiの「君のとなり」からその片鱗は見えてましたね。

P4にいたってはスピンオフで音ゲーが出るほど良曲満載でした。

で、今作P5。
エンディングまで言って全ての曲を聞きましたが、
まず、「life will change」が神曲ですね。
プレイ開始してから数日、頭の中で永遠リピート状態でした。

んで、飛びますが、
エンディング曲「星と僕らと」
これ、やばいです。

P4のエンディング「Never more」も良かったんですが、
これは突き抜けちゃった感がありますね。
口開けて見入っちゃいましたよ。
震えるほどカッコよかったです。


この2曲くらいかな印象に残ったのは。

それでも、やっぱり全体的にレベルは高いと思います。
さすがペルソナ。期待は裏切りませんね。





さて次はネタバレ含むシナリオの話。
※未プレイの方は絶対に読まないでください。

ネットではいろんな考察が飛び交ってますね。
私もいろんな考察を読みましたが、
仲間がちょくちょく「デジャブに襲われていること」、
エンディングで「誰かの夢の中みたいだ」という発言をすることから、
まず間違いなく「日常ループ説」が当たりでしょう。

犯人の目星もついてますし、
いろんなつじつまがあうので
まず間違いないかと思います。

でも、どのみち確かめるすべがないので憶測に過ぎません。
運営の動きを待つしかありませんね。

問題はどのようにしてこの「真エンディング」を出すか。

DLCにするのか、
P4Gのように「完全版」として出すのか、
たぶん、このどちらかだと思います。

DLCなら近々なにか動きがあるかもしれませんが、
「完全版」なら年単位でまだ先でしょう。

DLCならいいんですが、
完全版だと正直がっかりですね…。
何年も待つのは辛いです。

ま、真エンディングのことはおいといても、
「完全版」はまず間違いなく出ると思います。

前作P4も同じだったんだけど、
今作も1〜3月がドスルーだったんですよね。
この1〜3月を使って、
真エンディングに迫るもう1エピソードを描くはずです。


それともうひとつ。
このゲームには大きな広がりを見せそうな話題が残ってます。
それは「モルガナが人間になる」ことです。

自分でも言ってましたね。
「正体が人間では無かったが、人間になることを諦めた訳ではない」

思いっきりフラグですよね。
人間にならずに終わったら安西先生に怒られます。

モルガナが人間に〜という話は、
単純に「イゴールにお願いする」という方法も考えられますが、
私にはもう1つ心当たりがあります。

前作でシャドウから人間(人型)になった
キャラクター、いますね。

そう、「クマ」です。

モルガナはクマと違ってシャドウではありませんが、
遠からずな存在なので、人間になる方法は共通しそう。

駅の柱に久慈川りせのポスターが貼ってあったり、
ルブランでTVを見ると、
里中千枝や天城雪子の話題が流れたり、
小ネタとしてちょこちょこP4の存在を出してきてるので
「クマ」も当然この世界に存在するはず。

このP4小ネタに関しては、
単純に製作者側の「遊び心」かもしれませんが、
「クマの存在を示すため」、というのは深読みでしょうかね?

ただこれは、本編のエンディングとは関係のない話ですし、
エンディング(3月末)の時点ではまだ猫なので、
もしクマとの絡みがあるとしても、後日談ということになります。
そうなると完全版などのサイドストーリー、というよりは
「ペルソナQ」のようなスピンオフ作として出すのかもしれませんね。

まぁ、ぶっちゃけモルガナは猫のままでいいんですが…。

ちなみにスピンオフといえば、
P4同様、格闘ゲームはほぼ確定で出すそうです。
たぶん買いませんが、
ストーリーの動きだけ気になりますね。
(P4の時は、後に続くペルソナQやP4Dに話が繋がる)



なんかいつものようにとりとめのない話になっちゃいましたが、
とにかくお腹いっぱいです。

3周目クリアする頃には200時間くらいになってると思いますが、
オフゲーで200時間って、自分でもびっくりですね。
素晴らしく楽しい時間でした。

なんか終わったらP5ロス起きそうで怖いw


総括ですが、まぁ色々思うところはあるけど、
トータルでみれば必ずや満足して終われるゲームだと思います。

ネタバレ記事で未プレイの方は読まないで〜なんて
書いちゃったので
プレイしたスタさんくらいしか読み進めてないでしょうけど、
未プレイの人はほんと、是非やってほしいゲームですよね。

これだけの良作、スルーするのは絶対勿体ないと思うので、
広げようペルソナの輪。

ということでペルソナ5の話題はいったんおしまい。



でわでわ〜サラダバー!!
[PR]
by otawamure | 2016-10-21 18:16 | 他のゲーム | Comments(2)

ペルソナ5〜第3回〜

宣言どおり1周目クリアいたしました〜。ワーイ。

寝不足すぎてやばいことになってますが、
倒れる前にクリア出来てよかったですw


クリア時のプレイ時間は90時間ちょっと。
いやー予想以上に時間かかりましたね。

たぶん、ささっとクリアした人は
もっとずっと少ない時間でクリアしてると思いますが、
私はじっくりいかせてもらいました。

これだけの作品ですので、
急いでやっちゃうのはすっごい勿体ないな〜と思いまして。

私もどちらかというと「早解き派」なんですが、
早く解いたらもったいない、と思わされた作品は
ほんとに、ここ何年も無かったように思います。

正直、90時間やっても物足りないと思うくらい濃密な時間でした。
堪能堪能〜♪


で、クリアしてみた感想です。
(ネタバレなし)

まぁこれはペルソナ5の記事を最初に書いた時から
一貫していってますが、
文句無しで本当にすばらしい作品だったと思います。

クリアまでやってみて、
評価が覆る可能性もありましたが、
結局終始面白かった。

アトラスの作品は、
正直「万人受けはしない」と思いますが、
P5は本当にみんなにお勧めしたい作品です。


当然ですが、不満がゼロな訳ではありません。
こうすればよかった、とかは少なからずあります。
(前も少し書きましたよね)
でも、面白さが完全にそれを上回ります。
実際、特筆するような欠点もほとんど見あたりませんしね。

移動なんかも、ショートカットが充実してスムーズですし、
ロード時間もほとんど気になりません。
システム的な面でもかなり高評価です。


世間的な評価もかなり高い様で絶賛の声が多数のようです。
売上もかなりいってるみたいで、
10月現在では、PS4ソフトで最高売上も見えているみたい。
(FF15が出るまででしょうけど)
やってみれば判りますが、正当な評価だと思います。


正直、P4が相当面白かっただけに、
P5にかかる期待は相当高かったですし、
ハードルもかなり高かったはず。
まずP4は超えないだろう、というおおかたの予想でしたが
完全に杞憂でしたね。

P4も素晴らしい作品でしたが、
P5はそれを上回ったと断言してもいいでしょう。
アトラス史上最高作品だと思います。
当然好みもあるんでしょうけど、個人的には
「ゲームが好きで未プレイの方は人生損してるほどもったいない」
とさえ思える程の出来でした。
さすがにちょっと言い過ぎかもしれませんが、
全RPG中、最高ランクの一つに数えてもいいと私は思います。

重厚感があるシナリオ、
とことん追求したクールな演出、
魅力あるキャラクター、
美麗なグラフィック、
いろんな要素が増えて楽しいバトル。

どれもがすばらしいクオリティで纏まっていると思います。

20周年という節目の意味もあったのか、
「かなり気合い入れました感」がひしひし伝わってきました。
アトラスの集大成といっても過言ではないでしょう。


前に言いましたが、
11月に出るFF15、
12月に出るロマサガの新作と、
年末に向けて2タイトルのRPGを購入予定ですが、
(ポケモンは未定)
この作品のあとにやるのは本当にツライと思います。
日本を代表するビッグタイトルをもってしても、
この作品を超えられる気が全然しませんね。
良質のMMOじゃなきゃ無理な気がする…たぶん。


保険というわけじゃないですが、
「100人いたら100人とも面白いと思える作品」
なんてゲームにしろ映画にしろ絶対に存在しないので、
保証、は出来ませんが、
「これが駄目なら私からは何もお勧め出来ない」
と胸を張って言えるレベルです。


ちなみにアトラス作品を未プレイでも全く問題ありません。
ストーリーは完全に別ものですし、
チュートリアルもかなり丁寧です。
複雑でめんどくさい要素もありません。

女神転生特有の「神」とか「悪魔」とか、
神話的な話もないですし、
(女神転生と違ってペルソナシリーズは元々あんまり無いケド)
特にP5は仲間のペルソナが
「ルパン」や「キャプテンキッド」や「ゴエモン」など、
神話というよりは大衆作品のものばかりなので
初めての人は尚更とっつきやすいと思います。

もし未プレイの方で興味があれば
是非とも遊んでみて欲しいですね。



ということで、かなーり大絶賛させてもらっちゃいました。

ここまで言っちゃった手前、
「やったけどそうでもなかったな」
なんて言われちゃうとちょっと立つ瀬がないですが(笑)

でも、ここまできたら信念を貫こうと思います。
私的には最高の1作だったと自信を持って評価します。


ひとこと、賞賛です!!




PS

ということで、
1周目クリアの余韻も消えぬまま、
間髪いれず2周目に突入してます。

1周目では出来なかった
コープフルMAX、
最強の敵との対決、
悪魔全書フル登録、
最強装備ゲットなどなど、
楽しめる要素は沢山残ってます。

DLCにも期待したいですね。

1周目クリアで少し落ち着くかな〜と思ったんだけど、
ペースが落ちません…。

面白すぎるのも…罪だね…



次はしばらく間をおいて、
多少ネタバレ含みつつ、
深く突っ込んでいきたいと思いま〜す。
[PR]
by otawamure | 2016-10-06 12:47 | Comments(2)


最新のコメント
>ジャジさん ほえ..
by だみー at 08:30
東京おつかれ! 京葉線..
by ジャジ at 17:03
>かっつん 返事が..
by otawamure at 11:12
岩手のかっつです(o^-..
by sunrise-katsuya at 11:44
>かっつぅ かっつ..
by otawamure at 13:56
おひさ~… 地震…..
by 岩手のかっつん at 21:58
長友がいなくなったチーム..
by otawamure at 11:57
今回の日本代表で良かった..
by STA at 10:11
>スタさん おつお..
by otawamure at 14:39
WC応援おつでした! ..
by STA at 18:26
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のトラックバック
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧