Damian's Life


日々の出来事を…
by otawamure
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ゼルダコンプと鉄拳発売間近の件

とりあえず最初に報告ということで、
ゼルダの伝説、祝コンプリートです。

全祠120基クリア、
全写し絵ゲット(これは買えるので楽ですが)、
そして全コログ900匹ゲット。

目眩すら覚るほどの常軌を逸したチャレンジだと思ってたんだけど
やってやりました。かなり苦労しましたけど。

900匹探すのも辛かったけど、
これだけの数なので攻略サイトを見ながらやってても
どうしても見逃してしまうんですよね。

私の場合、あらかた探し終わった段階で890匹だったので
10匹見逃したことになるんだけど、
この10匹を探すのがまた辛かった。

デカイの絵に900個の点が打ってあって、
その中から特定の10個を探す作業。
10個ならまだしも、残り1〜2個とかになると
もう「ウォーリーを探せ」の比じゃないです。

攻略サイトのマップと自分のマップを
何度も何度もにらめっこしてなんとかやり遂げました。

よくもまぁやったもんです。
全くと言っていいぐらい意味もないのに…w

これで心置きなく鉄拳にいけるというものです。
お疲れ様でした自分。




さて、その鉄拳7の発売が迫っております。

不安も結構あるんだけど
楽しみのほうが大きいですかね!

本当は周りの友達をガンガン勧誘して
鉄拳の輪を広げたいところなんだけど、
このゲームって他の格闘ゲームと違って、
「実力に差があるとなんにも出来ないで終わる」んですよね。
強者とやると一度攻められたら最後、攻められっぱなしで反撃出来ず、
最悪起き上がれすらしません。

格闘ゲームというジャンルではあるんだけど、
昔のいわゆる「スト2」みたいな格闘ゲームと全然違って、
ただ闇雲に攻撃すればいいというものではなく、
専門的な知識が必要になってくるんですよね。
当然それを実行出来るプレイヤースキルと、
反射神経も必須になってきます。

技ひとつ取ってみても、
「技が出るまで何秒かかるのか」
「技が当たると何秒有利になるのか」
「ガードされたら何秒動けなくなるのか」
これを考えながら動かなきゃダメだし、
当然これには自分の操作キャラ以外に、
対戦相手のキャラクターのことも
熟知しておかなきゃならない。

ここを理解しないまま対戦してしまうと
なんで反撃されてしまうのか、
なんでガード出来ないのか、
なんでボタン押してるのに相手が先に動くのか、
などなど、頭にハテナが浮いたまま試合が終わる。

しかも知識として頭に入っていても、
すべて1秒以下で判断し行動に移さなければならないので
出来ない人はとことん出来ない。
よほど、もって産まれたすごい反射神経でもなければ
1秒以下の判断なんて練習しても簡単に身につくものではありません。


こんな感じで鉄拳は全く気軽さがないゲームなんですよね。
ケンカがいくら強くても、プロの格闘家には勝てないのと同じで、
システムを理解しないまま対戦すると一方的にボコられる。

格闘ゲームで一方的に攻められることほど
ストレスなことはありません。
しかも鉄拳のコンボは一度浮いてしまうと
結構長い時間攻撃をくらいっぱなしになるので
フルボッコ感がすごく強いし、
(やってるほうはめっちゃ楽しいんですけどw)
とにかくイライラが蓄積しやすい。

なので鉄拳というゲームは自分からは誘いづらいんですよね。
実際前作でリアフレ誘ってやった時は、
「無理!!なんもできん!!」ってすぐ辞めちゃいましたし。

実力が拮抗してるならいいんだけど、
差があると、すごく「友達を無くすゲーム」だと思います。

もしそれでも新規参入していただける方がいるなら
是非とも声を掛けてくださいまし♪
(もちろん経験者の方がもしいれば是非!)



とりあえず何年もさわってないので
かなり練習しなきゃ対戦なんて無理そうだし、
キャラクターカスタムしないと恥ずかしくて人前に出せないので
オンライン対戦はしばらく後になりそうです。

総合成績が永遠に残るゲームなので
中途半端な状態では参戦しないと思います。

せっかくランク上がっても勝率低いとカッコつかないし、
あんまり早く参入すると、
実力的に超上級者だけど、のんびりやってたり
サブキャラだったりする人とマッチングする可能性が高い。

発売してしばらく経てば上手い人はさっさと上のランクに行くので
下位ランクで当たる可能性も減るでしょうし、
あせらずにゆっくり準備したほうが得策かと思います。


使用キャラクターは実際やってみないと分からないけど、
操作性があまり変わらないのであれば
シャオユウとアスカはメイン確定で、
サブでリリあたりを使っていく感じになると思います。

他はランダムマッチとフレンド対戦用に浅く広くな感じかな。
内容にこだわらないならパンチキックと投げがあれば
勝負になりますしねw


ちなみにもはや言うまでもありませんが
男性キャラはあまり使いたくありません。

見るだけならまだしも、カスタムするっていうのがもうね。
男は男でも色物キャラをカッコよくするのは面白いんだけど、
イケメンや厨二病っぽいキャラほどきつい。

TVで例えるなら
ブサイクなタレントをイケメンにする企画は面白いけど、
イケメンをよりイケメンにする企画なんて
同性が見てもまったく面白くないでしょう?
それと同じです。

それよりやっぱり
女性キャラをより可愛く、よりエロく、よりセクシーに。
自分好みの見た目にカスタマイズすることこそ至高。

わかっていただけますか?

よくネカマと間違えられますが、
むしろよりオスですし、より変態です。
ぐふふふ。

そんな訳で
新キャラの「ラッキークロエ」は…ツバつけとこ。
にゃんにゃん。


とりあえず久々に胸が熱くなるようなタイトルなので
存分に楽しもうと思います。
[PR]
by otawamure | 2017-05-24 15:32 | 他のゲーム | Comments(4)

近況

最近のゲームあれこれ。


■モンハンXX

末期状態です。

自分のデータじゃないからクエ埋めとかはやる気ないし、
装備が大体揃ってしまって
お守り掘りぐらいしかやることがありません。

そのお守りも、
かなりのハイブリッドお守り(溜め短縮6+痛撃5スロット3とか)
じゃないと、追加でスキルが付きません。

しかし、頑シミュで表示される確率を信じるなら、
私がすごく欲しいと思うお守りの入手確率は
1000000〜30000000分の1とかなんですよね。

無理ですやん…無理ですやんか!!

サマージャンボ1等の確率が約10000000分の1らしいので
同等かそれ以上の確率となればもはや狙うのも馬鹿らしい。

装備関係は詰みました。


3DSのボタンぶっ壊れ問題もひどくて
視点操作も結構きびしいんだけど
それよりアイテムの誤爆がきつい。

中でも一番キツイのが罠誤爆。

野良ってる時に、敵がいないエリアに罠を設置した時は
クエスト終了後に、こぞって人が消えて行きます。

私がそちら側の立場なら同じく退出するからね!
仕方ないね!うん!

いよいよ修理ださないと厳しいレベルなんだけど、
息子が修理出すのを渋ってて
(1週間プレイ出来ないのが嫌な上に、基本ソロだから無問題)
もう誤爆覚悟でプレイするしかないです。

くそう…つらいぜ…


まぁ迷惑覚悟でみなさんの部屋には凸したいと思います。

うふふ…



■ゼルダ

細々とコログの妖精を探して遊んでおります。
現在の発見数は400を越え、コンプが現実味を帯びてきました。

なんかこれ達成したら一皮剥ける気がしますねw

装備品は、古代・蛮族をフル強化してて
このゲーム最強の武器である
「攻撃力100のライネル剣」もゲットしてるので
コログコンプしたら燃え尽きれそうです。

タイムリミットが鉄拳7発売までの残り3週間。
今のペースでいけば間に合いそうだけど果たして…



■スプラトゥーン

最近またちまちまやってます。
といっても10試合くらいで辞めちゃうので
気晴らし程度なんですけどね。

以前に比べて動けてない感じはありますが、
エイムがあまり関係ないノヴァや
ベタ足で勝負出来るプライムあたりだと
結構成績も良かったりします。
(戦犯試合もあるけどね!)

2にむけてバリア武器は握りたくないので
バリアがなくても最低限動けるくらいには
細々とやっていこうと思います。



■鉄拳7

発売前ですが少しだけ。

前作の鉄拳タッグ2からもう5年近く経過したんですねぇ。
早いものです。

ゲーセンでプレイしないので相当なブランクがありますが
久々に参戦しようと思っております。

5年の歳月は私から反射神経をどれほど奪ったのか。
一つ言えることは、「良くはなってない」ですよね間違いなくw

ま、歳も歳なので高望みはしません。
前作程度のランクまでいければ本望です。


一つ嬉しいニュースとして
けんちゃんが鉄拳参戦予定とのこと。
これはかなり嬉しいです!

けんちゃんとはかれこれ3〜4年は一緒に遊べてないので
鉄拳うんぬんはさておき思いっきり楽しみです。

遅れを取らないように精進します!


ハマリすぎてスプラ2とDQ11をスルーする恐れもありますが
気にせず心ゆく前楽しもうと思います。
[PR]
by otawamure | 2017-05-11 12:43 | いろんな事 | Comments(2)

祝ゼルダクリア

かなり牛歩ペースだったものの
なんとかクリア出来ました。

寄り道と準備をしすぎて、
ラスボスもゴリ押しで倒してしまい、
なんともあっけない幕切れでしたが、
とりあえず終了ということでお疲れ様でした!

クリア後のお楽しみ的なものはないみたいなんだけど、
やり残してることは山のようにあります。

祠はほぼコンプなのでいいですけど、
未クリアのミニミッションが多数と、
見つけてないコログの妖精が残り780体…
おびただしい数ですね。

ちなみにクリア直前まできて120体しか見つけてないので
(しかも、結構歩き回ってるほうだと思う)
780というのは異様な数です。

ミニミッションの報酬は
ここまできて必要のないものばかりだし、
コログの妖精は数が数なだけに、
「なにかしらすごい特典でもあるのでは?」という
期待もありましたが、まさかのほぼ何も無し。
強いて言うなら装備品の所持枠が拡張されますが、
それも400ほどでカンストするらしいので、
残り500はただの消化試合。

例えば、「最強の装備をゲット出来る」とかなら
どれだけ道が険しくてもやってしまう自信はあるんだけど、
そんな特典は全くないに等しいので
これはゼルダ愛がないと無理ですね。

基本的に、ボリュームは多いに越したことはないと思うんだけど、
意味がないことに何十時間もかけるほど暇じゃない。
(暇、なんだけどこれやるくらいなら他のゲームやりたいw)

鉄拳発売まで1ヶ月あるので
だらだらやってしまうかもしれませんけど
その辺は気の向くままに〜って感じですかね。



さて、とりあえずクリアおめでとう!
ということで総括してみます。

これまで何回かネタにしてますので
繰り返しになるところもあると思いますが。


まず純粋な評価としては、
このゲームはやっぱりすごいですね。

芸能界や2chでも満点を付ける人が多数いますが頷けます。

好みの問題で私は満点とは言いませんけど、
文句のつけようがない所も多々あります。


まずストーリー。

これは本当に秀逸で堪能させてもらいました。
誰も傷つかないよく出来た話と、それでいて熱いストーリー。
スケールも大きい。
ボスがいて世界中が種族の垣根を越えて力を合わせて戦うみたいな話。
王道だけど好きです。すごく好み。

そしてストーリーに花を添える素晴らしいキャラクター達。

前にも書いたとおり、主人公のリンクだけは
ちょっと「ん?」って感じなんだけど、
他のキャラクターは本当に魅力溢れるキャラクターばっかり。

なかでも主要キャラクターである4人の英傑は
死んで魂だけの存在になっちゃってるんだけど、
存在感抜群(死んでるので存在感って変ですけど)です。

そして、「上手いなぁ〜」と思うのが
関連ミッションクリアごとに英傑の能力を引き継ぐんだけど、
そのどれもこれも非常に有用なものばかりで、
使用頻度がものすごくに高い。
この引き継いだ能力には英傑の名前がついてて、
能力使用毎に仲間の存在を身近に感じられるんですよね。

仲間がいない一人旅なのに、英傑達と一緒に旅してる感覚になる。
すごく良く考えられてると思う。

ストーリーやキャラクターに関しては満点つけていいです。

ただちょっとだけチクッとさせてもらうと
エンディングが悪くはないんだけど少し物足りなかった気がします。
ここまでたどり着くまでの壮大なスケールと、
圧倒的なボリュームの割に、
結構あっさり目なんですよね。

せっかくいろんな登場人物や種族も出てくるので
もう少し大団円みたいな感じにしてほしかったな。

特に思い入れが深い4人の英傑達は
集まってリンクとゼルダ姫を見守るような絵が欲しかったかな。
まぁ死んでるんで賛否あるかもだけど。

あとこれは完全にクレームですが、
ゼルダ姫、もう少し可愛くして欲しかったですw



次にこれはやっぱり手放しで褒めたい
完成されたオープンワールド。

とにかく作り込みが半端じゃないです。

ただ広いってだけじゃなくて、
いろんな土地があって、いろんな景色があって。
そして、そこに「何もない」ってことがほとんどない。

大小様々だけど、
イベントがあったり、祠があったり、宝箱があったり、
コログの妖精がいたり、
なかなかお目にかかれない強敵がうろついていたり。

とにかく、何かしらがある。

ユーザーってのは結構シビアで、
どれだけすばらしい景色を作っても、
目的がない所にはなかなか足が向かないものです。

「いろんなマップ作ったから見てね」で留まってなくて、
「行かされてる」んじゃなくて、
「行く気にさせてる」のがすごい。
広大な大地を無駄にしてない。

おかげで
祠は120基、コログの妖精はトータル900体と
尋常ならざる数になったものの、
よくまぁこれだけのフィールドを作り上げたもんです。

ここは本当に手放しで褒めたい。
製作スタッフにはお疲れ様、といいたいです。



と、絶賛出来るところも多々あります。
いっぽう、好きになれないところもあります。

以前にも書いてますが、
まずやはり「武器が壊れる」のがこれがどうしようもなく嫌。

強い装備はもちろん、
英傑達から引き継いだ形見みたいな特別な武器すらも
普通にぶっ壊れます。

せっかく強力な武器を取っても
壊れてしまうのでおいそれと使えず、
すごく気持ち悪い。

武器壊れシステムは本当にいらない。


そしてこれも以前書いたけど、
このゲームは「謎解きアクションゲーム」です。
昔のCMでも言ってましたね。

せっかく気持ちよくブイブイ進んでるのに
謎解きパートになると勢いが止まってしまう。

自分で考えてクリアしようとすると
平気で10〜20分は足止めくらうし、
アクセル全開で進みたい私はどうしてもこれが嫌です。
正直めんどくさい。

多少頭を使うダンジョンとかはあってもいいんだけど、
多少なんてもんじゃないので結構ウンザリします。

ただゼルダシリーズは昔から一貫して
「謎解きアクション」なので、
これは仕方がないところですね。



大きく気に入らないのはこの2点くらいですが、
このゲームの根幹に係わるようなところなので、
トータルで考えると、いくら素晴らしいところがあるとはいえ
私としては満点とは言えません。

でもこの作品に最高評価を付けるのはすごく頷けます。

RPGでどれが好き?って聞いた時に
「やっぱりドラクエⅢかな」って言われるのと
同じくらい納得できる。

人によっては、このソフトのためだけにswitch買ってもいい、
くらいに思うかもしれません。
(wiiU版でもいいんですけどねw)

多少好みじゃないところもあったけど完成度は極めて高いです。
本当にやってよかったと思いました。

これほどの大作はそうそう転がってないと思うので
もし機会があれば是非ともプレイしてみてほしいですね。





おまけでモンハンXXをちょこっと

ある程度装備が完成してしまって
あとは技術的な部分を上げるべく
いろんな敵と戦おう!と思ってたんだけど、
ここにきて3DSのボタンの利きが非常に悪い。

Lボタンと、3Dスティックが特に悪く、
アイテムをまともに選択出来ないし、
思った方向を向いてくれなかったりするので
ものすごくストレス。

ただでさえヘタクソなのにこれはきつい。

迷惑かけるので野良にも参加出来ず、
これはもうソロで炭坑夫くらいが関の山かもしれません。

家に3DSが3台もあるのに紐付けシステムが痛い…。


3DSのボタンの利きが悪くなるのって
もう2〜3回目なんですけど、
みなさんはそんなことないです?
私(と息子)が力を入れすぎなのか…?

ん〜でもやっぱ据え置き機のコントローラーのような
強度はないと思うんですよね。
携帯ゲーム機の弱いところです。


さて…修理に出すかどうか…悩ましいですね…。
[PR]
by otawamure | 2017-05-02 12:42 | 他のゲーム | Comments(4)


最新のコメント
>ジャジさん ほえ..
by だみー at 08:30
東京おつかれ! 京葉線..
by ジャジ at 17:03
>かっつん 返事が..
by otawamure at 11:12
岩手のかっつです(o^-..
by sunrise-katsuya at 11:44
>かっつぅ かっつ..
by otawamure at 13:56
おひさ~… 地震…..
by 岩手のかっつん at 21:58
長友がいなくなったチーム..
by otawamure at 11:57
今回の日本代表で良かった..
by STA at 10:11
>スタさん おつお..
by otawamure at 14:39
WC応援おつでした! ..
by STA at 18:26
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のトラックバック
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧